Loading

PHOTO-BLOG

パラダイスハーバー②:単独航海の冒険家とヨット


パラダイスハーバーを奥へと入り込むと、小さなヨットが停泊していた。

凪いだ水面は鏡のように反射していて、氷河を背にするヨットの光景はあまりにも非現実的で目を疑う。
この小さな船でドレーク海峡を越えてきたのだ。
船内から中年の男性がジャケットのポケットに手を突っ込んだまま、こちらを無関心に見ていた。

無音に静まりかえった湾内をゾディアックボートで移動していると、ヨットの他の持ち主たちが見えてきた。
3人の男女が巨大な氷河のすぐ目の前に上陸して、氷河の末端部を写真撮影していた。

わずか4人で小さなヨットを操船して、南極にやってきたのだ。

畏敬の念を冒険者たちに抱きつつ、我々のゾディアックボートは、青い青い氷河と鏡張りの水面が織りなす絶景に息の飲みながら見物を続けた。

関連ページ

サウス・シェットランド諸島のジェンツーペンギン -南極クルーズ... 南極の入口:サウス・シェットランド諸島に上陸-探検船で行く南極クルーズ- ウスアイアから2日間かけてドレーク海峡を越え、ようやく南極に到着する。 大洋のかなたにぼんやりと陸地が見えてきた時には、少し安堵する気持ちとともに、南極大陸への期待に船内が静かに湧き立つのを感じる。 南緯62度の...
壮大な氷河の円形劇場 -ネコハーバーにて-... ネコハーバーに上陸 -探検船で行く南極クルーズ- 氷河にぐるりと囲まれた「ネコハーバー」は、壮大な氷河のアンフィシアター(円形劇場)だ。 快晴のネコハーバーは日差しが強く、氷河や雪面が激しく乱反射している。 まるで世界がハレーションしているようだ。 気温は10度以上あるだろうか。 ...
丘の上から望む南極の絶景と、雪の華“氷雪藻”... ダンコ島の標高300mほどの山頂に登ると、南極大陸の氷河と海が織りなす絶景が広がっていた。 山頂部にもやはり多くのペンギンがいる。 小さななペンギンがこの山頂にたどり着くには、いったい何時間歩いて来たのだろうか。 大変な苦労をしてペンギンが山頂を目指す理由は不明そのものだ。 一つ...
ドレーク海峡を越えて、南極へ -探検船で行く南極クルーズ-... ドレーク海峡とアホウドリ -探検船で行く南極クルーズ- 南米の最南端・アルゼンチンのウスアイアから南極へ向かうクルーズはいくつもありますが、アンディーナトラベルでは「探検船」での旅をお勧めしています。 弊社がお勧めする探検船・ヘブリディーンスカイ号は、乗客は最大で約100人ほどの比較的に...
南極のアザラシの楽園・クーバービル島/南極クルーズ... クールビル島にて -探検船で行く南極クルーズ- 氷河から崩れ落ちた氷塊は、南極の海のあちこちに浮いている。 クールビル島の海岸は静かな内湾に面しているので、氷塊が大量に流れ込み、内湾にぎっしり漂っていた。 このような場所は、アザラシにとって格好の休憩場所となるのだろう。 陽が最も高い...
氷河に覆われた静寂の湾:パラダイスハーバー... アルミランテ・ブラウン基地から、パラダイス・ハーバーに入り込むと、雰囲気ががらりと硬質に変わった。 周囲をぐるりと氷河に囲まれて、水面は鏡のように凪いでいる。 ゾディアックボートは静かに湾の奥へと進むと、一段と空気が冷えてきたようだ。 厚い雲に覆われた外気は冷たく、海水の表面の温度...

残ったトルティーヤで作る、主婦のリメイク料理

20億年の歴史と地球最古の山:ギアナ高地・ロライマ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 南極トレッキング:ダンコ島の山頂から望む絶景とペンギン

    2017.04.05
  2. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  3. 氷河に覆われた静寂の湾:パラダイスハーバー

    2017.04.28
  4. 専用ページ「探検船で行く南極クルーズ」リニューアル

    2017.04.30
  5. ヒゲペンギン:南極サウス・シェットランド諸島にて

    2017.03.08
  6. ドレーク海峡を越えて、南極へ -探検船で行く南極クルーズ-

    2017.02.28
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP