Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアの大草原にある牧場「エスタンシア」とは

桁違いのスケールの牧場「エスタンシア」


パタゴニアの大草原では、空があまりにも大きくて、視界の大部分が空で占められます。
この大草原はほぼすべてが私有地だと聞くと、驚くのではないでしょうか。

牧場という単語を聞くと、のどかな牧草風景や牧舎をイメージするものですが、パタゴニアの牧場には過酷な環境の下で、桁違いのスケールの自然が広がります。

牧場の中には山脈や氷河も含まれていて、カウボーイ「ガウチョ」は遊牧民のように野営をしながら、牧場内で放牧をしています。
南米大陸のあちこちにある大牧場のことを「エスタンシア」と呼びます。

南極に近い寒冷な気候から、パタゴニアのエスタンシアでは、羊が放牧されています。
約150年ほど前に、パタゴニアに自生するイネ科のコイロン草が、羊の好物であることが発見されたからです。

もともとは荒野として打ち捨てられていて、アルゼンチン政府もチリ政府も見向きもしなかった土地が、世界的な羊毛の需要により、たちまちの内に牧場として分割されました。その面積は日本の3倍以上に及びます。
この時代のパタゴニアの好景気を「ウール・ラッシュ」と呼びます。

今では、化学繊維の台頭により羊の飼育数は減少していますが、人口よりもはるかに多くの羊が放牧されています。
パタゴニアでは山や氷河が主役ですが、大草原に滞在することも重要な醍醐味です。

パタゴニアの牧場「エスタンシア」:関連記事集

パタゴニアの牧場「エスタンシア」:関連記事集

ボリビア日系人の皆様と昼食会

ハワイ・カウアイ島の絶景:緑深い“ガーデン・アイランド”

関連記事

  1. パタゴニア再訪の象徴:カラファテの実に込める願い

    2020.03.12
  2. タンゴ:ブエノスアイレスで生まれた“哀愁と情熱”のリズム

    2021.05.21
  3. 額装写真の販売:南米の絶景風景を飾る

    2021.04.24
  4. 北極クルーズ③:ゾディアックボートで野生動物を探す

    2022.07.11
  5. フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

    2014.04.06
  6. おすすめのボリビア音楽&コンサートの紹介

    2022.07.06
パタゴニア
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP