Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアから

blog.JPG
カラファテの丘から望む、アルゼンチン湖
東京から、アトランタとブエノスアイレスを経由して、パタゴニアにやって来ました。
乗継時間も入れると、36時間かかりました。さすがの私も疲れます。
いま南部パタゴニア・カラファテ(アルゼンチン)にいます。
本日宿泊のホテルは、弊社で早割(予約時に即入金・キャンセル不可)で予約すると、かなりお得なホテルです。
ホテル名は、La Cantera Bouteique hotel
少し中心部から離れていますが、十分歩ける範囲で展望はなかなか良いです。
カラファテは、ホテルの場所により、展望や利便性が全然違います。ニーズに合わせて、正しいホテル選びをすると、さらに充実した旅となります。
明日は、チャルテンへ向かいます。

関連ページ

ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...
パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落... 急激に後退するフィッツロイ山麓のビエドマ氷河 パタゴニアの氷河といえば、巨大な氷壁が崩れる壮大な景観が有名です。 フィッツロイ峰の山麓チャルテン村の近くにあるビエドマ氷河は、ペリトモレノ氷河のように末端部の氷壁が高さ50~60m、幅は5kmに及ぶ「ビエドマ氷河」は、ペリトモレノ氷河に次い...
アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソ...
アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭... アルゼンチンのシンボルともいえる大草原パンパは、日本では「母をたずねて三千里」で有名です。 大草原パンパと草原を駆けるガウチョは、アルゼンチンの根っこであり、国のアイデンティティです。 あまりにも広大なアルゼンチンの国土に広がる草原で、普段の牧童ガウチョは孤独に自然と対峙しています。...
映画「モーターサイクルダイアリー」:チェゲバラと母国アルゼンチン... ロードムービー「モーターサイクル・ダイアリーズ」 映画「モーターサイクルダイアリーズ」は、チェ・ゲバラが南米大陸の抱える矛盾を肌で感じて、行く行くはキューバ革命に身を投じることになる“放浪の旅”を題材にした「ロードムービー」です。 ゲバラが生まれ育った時代は、第一次世界大戦と第二次世界対戦で...
本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-... 日本でのチョリソーへの誤解 日本でチョリソーと聞くと、「辛い」というイメージが先行しますが、実は本物のチョリソーは全く辛くありません。 この誤解がどこから生まれたのかは謎ですが、実際のチョリソーはステーキの延長のような芳醇な粗挽きソーセージなのです。 そして、皮はプチプチというドイツのウィ...

奥多摩の山を歩く

【パタゴニア・トレッキング】パタゴニア大陸氷床を歩く

パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチン・スペイン合作映画『笑う故郷』上映

    2017.09.18
  2. アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

    2017.07.15
  3. アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

    2015.10.01
  4. 南米最高峰アコンカグアへ④:アンデス高原の花畑

    2018.03.07
  5. 南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング

    2017.07.23
  6. フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代

    2017.08.01
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP