Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアから

blog.JPG
カラファテの丘から望む、アルゼンチン湖
東京から、アトランタとブエノスアイレスを経由して、パタゴニアにやって来ました。
乗継時間も入れると、36時間かかりました。さすがの私も疲れます。
いま南部パタゴニア・カラファテ(アルゼンチン)にいます。
本日宿泊のホテルは、弊社で早割(予約時に即入金・キャンセル不可)で予約すると、かなりお得なホテルです。
ホテル名は、La Cantera Bouteique hotel
少し中心部から離れていますが、十分歩ける範囲で展望はなかなか良いです。
カラファテは、ホテルの場所により、展望や利便性が全然違います。ニーズに合わせて、正しいホテル選びをすると、さらに充実した旅となります。
明日は、チャルテンへ向かいます。

関連ページ

パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」... パタゴニアで最も食べるべき食事といえば、子羊の丸焼き・アサード(パリーシャ)だ。 何時間もかけてたっぷりと炙り焼きした羊肉は、無駄な油も落ちて絶品なのだ。 アルゼンチン人の肉への情熱の成果として、その洗練されてシンプルな焼肉の腕前は、世界一だ。 パタゴニアに自生するコイロンという草...
アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行... 憧れのアンデス大縦断道「ルート40」 アルゼンチンの人々にとって、「ルート40」という名詞は特別な意味を持つ。アメリカでいえば“ルート66”のような存在だろう。「ルート40」は冒険への憧れの対象として、アルゼンチン人であれば誰もがいつか辿ってみたい道なのだ。 「ルート40」は、アルゼンチ...
映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは... スペイン・アルゼンチン合作映画『笑う故郷』の舞台:アルゼンチン 映画『笑う故郷』の舞台、アルゼンチンは日本から最も遠く離れた国です。 マラドーナとタンゴというイメージしかありませんが、アルゼンチンの自然は多様で、国土の大半を覆う大草原パンパはとにかく広い。 タンゴで有名な首都ブエノスアイレ...
アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭... アルゼンチンのシンボルともいえる大草原パンパは、日本では「母をたずねて三千里」で有名です。 大草原パンパと草原を駆けるガウチョは、アルゼンチンの根っこであり、国のアイデンティティです。 あまりにも広大なアルゼンチンの国土に広がる草原で、普段の牧童ガウチョは孤独に自然と対峙しています。...
「イグアスの滝」の歩き方/ブラジル側&アルゼンチン側... イグアスの滝:アルゼンチン・ブラジル 異なる展望の特徴 世界最大の「イグアスの滝」は、その幅は4kmに渡り、アルゼンチン側とブラジル側をどのように巡るかで、内容も大きく異なります。 アルゼンチン側は迫力ある間近からの展望が魅力で、ブラジル側は全体を俯瞰するような展望が魅力です 両国側の...
南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング... 約2500mの大岩壁を望む 「アコンカグア山頂の嵐(チボル・セケリ著)」は、学生時代の愛読書の一つであった。山頂部の嵐の描写とともに、人間の心理や葛藤を、最高峰アコンカグアという山を舞台に書き上げた名作だ。南米大陸への憧れや方向性を決定的にするようなインパクトのある本であった。 南米最高...

奥多摩の山を歩く

【パタゴニア・トレッキング】パタゴニア大陸氷床を歩く

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. スペイン・アルゼンチン合作映画『笑う故郷』上映開始

    2017.08.30
  2. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  3. 「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

    2016.12.23
  4. パタゴニアの羊の丸焼き:カラファテのアサード

    2014.03.24
  5. 本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

    2018.06.09
  6. 【アルゼンチン・ブエノスアイレス】タンゴ・ディナー・ショー

    2014.03.23
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP