Loading

PHOTO-BLOG

「南米最高峰アコンカグア」登山ツアーの手配

“南米最高峰アコンカグア”の3つのツアー手配

南米最高峰アコンカグア(6960m)は、アルゼンチン・チリ国境を隔てるアンデス山脈の一部です。登山・展望ハイキングの基点は、アルゼンチン側のアコンカグア国立公園です。そして基点となる都市は、ワインの大産地であるメンドーサです。
直線距離ではチリ・サンティアゴが近いのでチリから入国する方もいますが、実際には国内線も就航するメンドーサを基点にアプローチするのがベストです

弊社では、このアコンカグアを展望する「軽ハイキング」を始め、南壁展望「テント泊トレッキング」、そして「登頂ツアー」を手配しています。

アコンカグア登頂の秘訣:高所順応

アコンカグア登山では、特別なクライミング技術を必要としないこともあり、七大陸最高峰の一つにして、6000m峰でありながら、割と登頂しやすい山として人気です。

アコンカグア登山ツアーは、メンドーサ発着18日間が最短となります。日本発着で計算すれば、21日間は最低限必要となります。これは、特別な技術を必要としないとはえ、高所順応を確実にしなければ登頂できないことによります。
逆にいえば、高所順応をしっかりと行えば、後は天候という不確定因子がありますが、非常に登頂率が高くなるのです。弊社で手配する登頂ツアーは2つ、メンドーサ発着で「18日間、または20日間のツアーです。山中には、2つの大きなベースキャンプがあるので、そこでの滞在に時間をかけて、高所順応をスムーズに、快適に行えるようにしています。

日本出発前のトレーニングの段階から正確にアコンカグアを視野に計画できるように、弊社では高所順応のアドバイスも行っています。

参加人数で決めるガイド手配:公募登山か専属手配

登山ツアーに参加する人数が1~2名の場合には、日付が確定されている公募登山に参加するのがベストです。
11月下旬から2月下旬にかけて設定される公募登山の日付は、約1年前に確定します。世界中から集まる登山者とのコミュニケーションも必要ですので、英語での日常会話は必須となります。
もし人数が3名以上の場合には、ガイドを貸切る専属手配はお勧めです。参加人数により料金が異なりますので、細かい希望をお聞きして見積りするオーダーメイド登山手配となります。

登山ツアーのシステム

登山ツアーの大きなメリットは、2つのベースキャンプでは施設をフルに利用できることです。弊社パートナー企業が所有するベースキャンプ施設、荷物搬送システムを利用することで、登山だけに集中して過ごすことが可能です。
ベースキャンプで快適に過ごしながら、山頂への各キャンプへの荷物搬送も各キャンプのスタッフが手配して、荷物の一部はロバとポーターが運びます。それらの進行も各参加者の状態に合わせて柔軟に行いますので、全て現場にお任せいただける登山ツアーです。

関連ページ

薄明のパタゴニア・フィッツロイ峰:知覚できない領域へ

《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け

関連記事

  1. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  2. ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空

    2017.06.10
  3. お勧めのラテン映画「家へ帰ろう」/アルゼンチン・スペイン合作

    2019.02.27
  4. アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭

    2017.04.25
  5. 中南米周遊に強い航空会社:ラタム航空(JAL系ワンワールド)

    2019.06.11
  6. 【アルゼンチン・ブエノスアイレス】タンゴ・ディナー・ショー

    2014.03.23
パタゴニア
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP