Loading

PHOTO-BLOG

奥多摩の山を歩く

爽快に晴れた昨日、私は奥多摩でハイキングをしました。まさにハイキング日和の快晴でした。
東京近郊ながら里山の自然や雰囲気が残っていて、とても癒されます。
日曜日ですが、すれ違う人もほとんどなく、のんびりと歩きました。
古来から続く日本の文化や人々の痕跡は、森の中に静かに残っていました。
伐採用の杉林の中に、ときおり太い木を見つけます。
ご神木となっているのか、大切に守られているのがわかります。木の近くには社があったりするからです。
太い木には何らかの形で、人に守られている痕跡があるのがわかります。
ある太い木の根の小さな洞の中に、いろいろな物が祭られている木がありました。
小さな目覚まし時計や子供が持つようなキーホルダーなど、どんな意味で置かれているのかさっぱりわかりません。一つわかった事は山奥のある木が、今でも地元の、きっとごく一部の人に大切に祭られていて特別な意味があるということです。
日が落ちるのが早い初冬の夕方で、森は薄暗くなり、私以外には誰も人がいません。少し怖くもありますが、その神聖な空気にふと感じる何かがありました。
言語化すると全てが嘘になるようで表現できないのが、ちょっと残念です。
太い木や滝などに何か霊性を感じるのは、霊長類のかなり原初的な感覚であると思います。また、それは日本人が面々と伝えてきた万物に霊性が宿るという遺伝的な思想にも由来するのでしょう。
そんな木に特別な思いや尊敬の念を持つ自分を振り返るとき、自分は日本人なんだな、これが文化なのだなと感じます。
日本人が特有に持つ万物への世界観に、改めて興味を抱く小さな山行でした。
「樹は根によって立つ、されど根は人の目に触れず」(倉本聰)
木.JPG

関連ページ

《国内企画:信州①》水芭蕉フラワーハイキングと「わらび狩り」2日間... 信州の春を「小谷村」1泊2日で堪能する特別企画のご案内です。 長野県JR大糸線の「南小谷駅」集合・解散の添乗員(松井)同行ツアーです。 ハイキングと山菜狩りを楽しみ、地元・小谷村の深く面白い話をお聞きしながら、時間が許せば南米の山岳写真も映写します。 山や旅を感じて、次の旅への情報交換...
【北海道・ニセコ】「コンドミニアム」という新しい滞在... 北海道・ニセコのコンドミニアムの手配事業を開始いたしました。新しいスタイルの滞在として、「コンドミニアム」をお勧めします。千歳空港からの送迎やリフト券、バックカントリー・ツアーまでトータルで手配いたします。 北米在住のお客様からは、US$でのご送金も承ります。 半年前から宿が埋まり始めるので、なる...
“お茶の水カヌー”レポート 今日の午前中は、都心でカヌーをしてきました。 スカイツリーを見ながら出発して、神田川へ。 隅田川から、御茶ノ水を経て、水道橋へ。 お茶の水カヌーです。 レイクウォークのヒデさんとイネ君の偵察に同行させてもらいました。 専門用語でいうと、スカウンティングというものです。エッヘン ハシゴを下りる...
外国人を連れて富士山の頂へ:インバウンド... 先月中旬、チリから来日した友人を連れて、富士山へ。 日本を象徴する山ということもあり、国籍を問わず誰でも一回は登りたい山です。 そんなことで、2年に一度ほどのペースで、富士山には誰かを連れて来る機会に恵まれています。 この友人はエコツアーの専門的な研究をしているガイドなので、日本の...
富士山の初日の出「紅富士」を東京・大岳山から望む... 初日の出と「紅富士」 あけましておめでとうございます。 写真は東京・御岳山塊の大岳山の山頂から望む富士山の初日の出です。 紅く燃える富士山は「紅富士」とも呼ばれ、古来より日本人にとって縁起の良い風景とされてきました。 日本人の原風景、あるいはシンボルとも言える富士山は、その完璧な...
黎明の富士山を大岳山から望む:東京・御岳... 黎明に浮かぶ日本一の名峰・富士山 1日の中で一番神秘的な時間は、薄明の時間ではないだろうか。特に、夜明け前の黎明は、人に原初的な畏れと希望を同時に喚起させる。鳥たちも息をひそめるように静まり、じっと日の出を待っている時間帯だ。 星が瞬く夜闇は東の空から開け始め、空は紫から橙色へと刻一刻と...

「アタカマ高地&ウユニ塩湖、星空と旅」2013年の旅行手配を開始しました。

パタゴニアから

パタゴニア

関連記事

  1. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  2. 北海道ニセコ:コンドミニアム宿泊プランの手配

    2014.10.11
  3. 縄文の名残:奥多摩・古里のイヌグスと社

    2014.05.07
  4. 八ヶ岳・編笠山から望む富士を撮影する

    2016.02.12
  5. 【日本の神事】相馬・野馬追い祭と復興

    2013.07.30
  6. 屋久島

    2013.05.26
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP