Loading

PHOTO-BLOG

古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸

古代の海洋文化圏を軸に結ぶ太平洋のルート

ハワイ、ニュージーランド、イースター島の3つを結ぶ広大なエリアが、ポリネシアと呼ばれる地域です。マゼランやクック船長が来るはるか数百年、あるいは千年以上も前に、すでにポリネシア人はイースター島に到着していました。
海を渡ってきたことは確かですが、西洋主観の考えでは、ポリネシアの人々が高度な航海技術を持つことは信じられず、長らく謎の一つのように考えられていました。それは実際に行われていたのに、絵空事のように考えられていたのです。あるいは航海による到達ではなく、嵐などの突発的な理由で海流に流された人々の奇跡的な生き残りなのだと今でも言われる話です。

しかし、実際にポリネシアの人々は海流に流されただけではなく、太平洋の島々を往来をしていたことが立証されてきています。

この航海技術を再現した有名な船が、ハワイのホクレア号です。このホクレア号は航海型カヌーと呼ばれる双胴の帆船です。1970年代にハワイからタヒチへ正確に到着したことで、ホクレア号は一躍有名となり、それは民族の誇りを復活するシンボルともなったのです。ハワイに住む先住民の大半が、アメリカの植民以降は伝染病などで死に絶えました。その中でポリネシアの文化は欧米よりも劣るものと刷り込まれていました。ホクレア号の航海は、ポリネシアの人々を大いに勇気づけて、ハワイの文化復興に発端となり大きく影響しました。

当然のことですが、言語的にもこのポリネシアの島々には共通点は多く、かつてこの地域に巨大な海洋文化圏が存在していたことを裏付けています。イースター島はその広大な文化圏の東端なのです。
イースター島の文明は、西暦1200年頃から18世紀にかけて栄えていたと言われます。そのモアイの文化は思った以上に新しく、1774年にクック船長が到着した際には、まだモアイは直立していました。モアイが全て倒されたのは19世紀に入ってからのことでした。
かつて航海型のカヌーでポリネシアの人々は自由に往来していたたことはイメージできてきますが、その延長線上に南米大陸があることは信じがたいことでしょうか。しかし、1940年代には有名な「コンティキ号」の航海が行われ、ペルーからポリネシアに実際に到着しています。

南米大陸への人類の到達は、アリューシャン列島が地続きであったベーリンジアの時代に、北米から廻ってきたというのが一般的です。それは正しいですが、太平洋を経由した海のルートもあったことを認識する時代が近づいているのかもしれません。

ペルーやエクアドルなど、南米大陸の太平洋側の国々で博物館に行くと、古代の遺物の多くを目にします。それらはどことなくポリネシアやアジアを感じることでしょう。実際に博物館に行けば、特に日本の縄文土器にとても似た遺物があることに驚くことでしょう。

かつてポリネシアの海洋文化圏は、南米大陸に繋がっていただけではなく、西は日本とも繋がっていた、としたら。
人類拡散のルートの定説に、太平洋の「海の道」が加わることで、そしてそこに日本も繋がっていたかもしれないと想像すると、南米大陸への興味はさらに深く身近に感じられるのではないでしょうか。

特別企画「アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰登頂ハイキング 13日間」

★催行決定★ 2018年2月7日~2月19日
「アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰登頂ハイキング 13日間」
南米最高峰アコンカグア南壁を展望するテント泊トレッキングでは、高所順応日を十分に予備日に設けています。そして太平洋の孤島イースターでは最高峰テレバカに登頂します。旅の最後は、モアイの立つ海岸で朝日を望みます。
※アンディーナトラベル・クラブ会員限定の特別企画です。ご興味のある方は、お問い合わせください。

アンディーナトラベル・クラブ専用ページ

アンディーナトラベル・クラブ専用ページ
●詳細は、アンディーナトラベルにご入会のうえ、お問い合わせください。

関連ページ

イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代... イースター島に勃興したモアイ文明 モアイにはかつて“目”があった。 空を見つめるように寂しげに佇むモアイがイメージとしてあるが、かつては目が嵌め込まれることで、モアイは霊力を持った存在として、威厳とともに人々を守る存在であった。 ポリネシアの海洋民族が太平洋の絶海の孤島に辿り着き、小さ...
イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島... 太平洋の絶海の孤島・イースター島に、モアイという類い稀な遺跡を残した文明が存在していた。 広大な世界地図を前にすれば、イースター島をすぐに見つけられる人は少ないのではないだろうか。 イースター島は南米・チリに所属するが、首都サンティアゴからは空路で約5時間かかる。空港に降り立てば、空...
南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング... 約2500mの大岩壁を望む 「アコンカグア山頂の嵐(チボル・セケリ著)」は、学生時代の愛読書の一つであった。山頂部の嵐の描写とともに、人間の心理や葛藤を、最高峰アコンカグアという山を舞台に書き上げた名作だ。南米大陸への憧れや方向性を決定的にするようなインパクトのある本であった。 南米最高...
《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島... 南米最高峰アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰テレバカ登頂 13日間 ◆2018年2月7日発 アンディーナトラベル・クラブ会員限定ツアーの特別企画です。 ◆詳しい日程表と料金表は、お問い合わせください。 南米最高峰アコンカグアでは、南壁の展望にこだわった、テン...
モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島... 草原にたたずむモアイは、どこか寂し気に遠くを見ている。モアイの頭の上には、ハヤブサが止まっていた。獲物を見つけるのに、モアイの頭の上はちょうど良い物見台なのだ。ときおりハヤブサが鋭く鳴く声を聴きながら、草に埋もれて風に吹かれるモアイを見ていると、そこには寂しさとは異なる爽やかな無常感をさえ感じる...
アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂... アンディーナトラベル・クラブの会員限定ツアー「アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂」ツアーの企画を詰めています。 2月中旬の日本発着13日間で、南米最高峰アコンカグアをたっぷりと望む充実のテント泊トレッキング、イースター島では最高峰テレバカ登頂とともに日の出や星空も望む、特別な...

南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング

「イグアスの滝」の歩き方/ブラジル側&アルゼンチン側

パタゴニア

関連記事

  1. 今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」

    2017.09.22
  2. アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂

    2017.06.01
  3. アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)

    2018.12.24
  4. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
  5. モアイの森から草原ハイキング – イースター島最高峰テレバカ山

    2018.05.12
  6. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP