Loading

PHOTO-BLOG

砂漠を花が埋め尽くす「アタカマ砂漠の花園2017」


2年ぶりにアタカマ砂漠に巨大な花園が現れました。今年の花園は、近年まれに見る当たり年のようです。

わずか10日間の花園がいつ現れるか、日々の降水量などのデータを基に日付を設定するのは、なかなか緊張感があります。半年前から降水・気温ともに順調に推移したことで、先週は一斉に芽吹いたわけです。

花季の異なる花が同時に咲いたのも、今年ならではです。通常では砂漠を埋めつくす花が散って数週間後に、紅い雪洞のような花(ライオンの爪:ガラ・デ・レオン)が谷に咲くのですが、今年は同時に咲きました。

砂漠を赤紫に染めた花は、スベリヒユ科のパタ・デ・グアナコです。そして、薄紫の花はアオイ科のマルビージャです。

お客様1名と現地コーディネーターの2人で、花園を満喫していただけました。

アタカマ砂漠の花園:専用ページ

●専用ページ:アタカマ砂漠の花園

アルゼンチン北部・サルタ地方の魅力:7色の谷と大塩湖

アラスカ・デナリ国立公園の最深部に滞在:キャンプ・デナリ

関連記事

  1. アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂

    2017.06.01
  2. 今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」

    2017.09.22
  3. アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

    2019.01.11
  4. モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島

    2018.02.23
  5. モアイの森から草原ハイキング – イースター島最高峰テレバカ山

    2018.05.12
  6. 南米の“幻のラクダ”ビクーニャを撮影するベストスポット

    2019.08.09
パタゴニア
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP
error: Content is protected !!