Loading

PHOTO-BLOG

砂漠を花が埋め尽くす「アタカマ砂漠の花園2017」


2年ぶりにアタカマ砂漠に巨大な花園が現れました。今年の花園は、近年まれに見る当たり年のようです。

わずか10日間の花園がいつ現れるか、日々の降水量などのデータを基に日付を設定するのは、なかなか緊張感があります。半年前から降水・気温ともに順調に推移したことで、先週は一斉に芽吹いたわけです。

花季の異なる花が同時に咲いたのも、今年ならではです。通常では砂漠を埋めつくす花が散って数週間後に、紅い雪洞のような花(ライオンの爪:ガラ・デ・レオン)が谷に咲くのですが、今年は同時に咲きました。

砂漠を赤紫に染めた花は、スベリヒユ科のパタ・デ・グアナコです。そして、薄紫の花はアオイ科のマルビージャです。

お客様1名と現地コーディネーターの2人で、花園を満喫していただけました。

アタカマ砂漠の花園:専用ページ

●専用ページ:アタカマ砂漠の花園

関連ページ

アタカマ砂漠の花①:パタデ・グ・アナコ(チリ)... 砂漠の花園で主役となる花は、砂漠をピンクに染め上げる「パタ・デ・グアナコ」だ。 これは俗名で、スペイン語で“グアナコの足”を意味する。 グアナコはラクダ科の一種で、アンデス高地に行けば、リャマやアルパカが親戚となる。 学名は「Cistanthe grandiflora」。スベリヒユ科の一種...
アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ... 南米大陸の秘境・アタカマ高地へ 南米大陸で最も人口の希薄なエリアといえば、パタゴニアとアタカマ高地、そしてアマゾンではないだろうか。 アタカマ高地とはあまり知られていない地名だが、アンデス高原というと少し分かりやすい。北端はボリビア・ウユニ塩湖で、南端は国境を越えてチリ北部のサンペドロ周...
写真素材の販売/アマナイメージ 写真素材フォトギャラリー/アマナイメージ 「アマナイメージ」で写真素材(作家:松井章)を販売中です。昨年は、カレンダーや雑誌の記事や広告などにご利用いただき、今年はさらに写真素材の販売登録を増やしています。 アマナイメージ:写真素材販売フォトギャラリー「松井章」 南米を中心とした絶...
アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ... アタカマ砂漠に現れる奇跡の花園 エルニーニョ現象が出現する数年に一度わずか10日間ほど、チリのアタカマ砂漠は地平線まで花に覆われる。この奇跡のような絶景を想像できるだろうか。上空から砂漠を見下ろせば、砂漠が紫色に輝くほどだ。 世界には人智を超えたとてつもないスケールの生命の風景があり、私...
エルニーニョ現象:「アタカマの花園」と「ビクーニャ」への影響... 今年は“スーパー・エルニーニョ”とも呼ばれる強力なエルニーニョ現象に、世界中が翻弄されている。 エルニーニョとは、スペイン語で「El Niño」と書き、「神の子(=キリスト)」を意味する。 海水温の異常な上昇によって、ある地域では奇跡のような景観を生み出し、ある地域には災禍をもたらす...
今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」... 今年の9月上旬に出現したアタカマ砂漠の花園は、ここ数年でも一番の当たり年であったようで、砂漠は花で満たされました。 ツアーに同行した現地ガイドから、撮影した写真が届きました。 今年の花園の特長は、開花の時期が異なる花々が一斉に咲いたことでしょう。 紫の花(パタ・デ・グアナコ)を始め...

アルゼンチン北部・サルタ地方の魅力:7色の谷と大塩湖

アラスカ・デナリ国立公園の最深部に滞在:キャンプ・デナリ

パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ高地からウユニ塩湖へ③ アタカマ塩湖とインカ道

    2012.06.06
  2. アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

    2012.06.03
  3. アタカマ高地からウユニ塩湖へ① 月の谷

    2012.05.31
  4. 【チリ・アタカマ砂漠】テレビ番組「チキュウノハテ」のご案内

    2014.01.21
  5. アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

    2019.01.11
  6. 太平洋から吹く風「カマンチャカ」と砂漠にもたらす恵み

    2014.01.23
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP