Loading

PHOTO-BLOG

ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景

1.jpg
2.jpg
ケチュア族の生活を見学するために、ミスミナイ村へ。
クスコとウルバンバ谷の中間にあるので、アクセスがとても良い。
村に着くと、入口で村人が迎えてくれる。
笛と太鼓の音を通して、ケチュア族の別世界へ引き込まれる。
ケチュア語とスペイン語の混じる村人の案内は、日本語ガイドのセルヒオが細かく訳してくれる。
農作業を見るために、畑に入る。
まずは、神様への祈りの儀式だ。
とても古い祈りの道具を取り出すと、にわかに村人の顔つきが真剣になる。
神様への感謝と祈りの儀式では、私たちの旅の無事も一緒に祈ってくれた。
コカの葉に願をかけて、宙に放つ。
儀式を終えると、村人の顔に笑顔が戻り、一緒にチチャを飲んだ。
チチャとは、トウモロコシのお酒、どぶろくだ。
●ミスミナイ村プロジェクト:
 https://www.andina-travel.com/peru2.html#misminay
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都... クスコの旧市街で散策をしながら一日を過ごせるとしたら、それはとても贅沢なことだ。 マチュピチュへの経由地としてクスコを訪れるが、旧市街の魅力は半日や一日では味わい尽くせない。忙しく通り過ぎることが多いのだが、何日かの時間を取りたいとは毎回思うことなのだ。 中央広場であるアルマス広場沿いの...
アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族... アンデス高原の主役:ケチュア族とアイマラ族 南米アンデス山脈は、南米大陸を貫く長大な山脈です。地域により住む人種も風景も全く異なるのですが、インカ系の人々が住む地域は、南米で最も広い範囲に及ぶでしょう。 ペルー・ボリビア・エクアドルを中心に、コロンビア、アルゼンチン北部、チリ北部、それぞれ標...
ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する... ペルー・ブランカ山群の魅力は、ヒマラヤ並の山岳展望が望めることに加えて、人々の生活風景を撮影できることも魅力です。 アンデスの山麓の村々では、民族衣装を着た人々が今も街を行き交います。 写真を撮られることに慣れない人々ですので、笑顔を撮るチャンスを作るには、 少し長めの日程を取り...
ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村... アンデスの農作業は、ほとんどが手作業だ。 鍬で土を掘り返したり、トウモロコシの皮を剥く作業を少しだけ手伝ったが、大変な重労働であった。 わずかでも、その土地の土や植物に触れあうと、見える世界も少し変わる気がした。 ミスミナイ村では、ハイキング、織物体験、農業体験、ホームステイ、乗馬体験...
アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明... アンデス先住民のカラフルな民族衣装 アンデスの民族衣装はなぜ心を打つのだろうか。 ケーナやチャランゴのリズムとともに、街を往来するカラフルな民族衣装の人々は、アンデスの文化そのもので、魔力のような魅力を秘めています それはとても普遍的で、何度訪れても目を奪われてしまう インカの都...

クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都

ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村

関連記事

  1. アンデスの聖なる料理「パチャマンカ」の作り方②

    2016.06.13
  2. 世界のペルー料理:クスコの名店の美食メニュー(セビーチェなど)

    2016.06.24
  3. マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開

    2016.02.18
  4. ペルー&ボリビア:アンデス山脈の山岳展望を求めて

    2017.11.08
  5. 山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力

    2015.12.21
  6. ペルー・ブランカ山群のワイラス回廊とアンデス山脈

    2014.02.06
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP