Loading

PHOTO-BLOG

ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景

1.jpg
2.jpg
ケチュア族の生活を見学するために、ミスミナイ村へ。
クスコとウルバンバ谷の中間にあるので、アクセスがとても良い。
村に着くと、入口で村人が迎えてくれる。
笛と太鼓の音を通して、ケチュア族の別世界へ引き込まれる。
ケチュア語とスペイン語の混じる村人の案内は、日本語ガイドのセルヒオが細かく訳してくれる。
農作業を見るために、畑に入る。
まずは、神様への祈りの儀式だ。
とても古い祈りの道具を取り出すと、にわかに村人の顔つきが真剣になる。
神様への感謝と祈りの儀式では、私たちの旅の無事も一緒に祈ってくれた。
コカの葉に願をかけて、宙に放つ。
儀式を終えると、村人の顔に笑顔が戻り、一緒にチチャを飲んだ。
チチャとは、トウモロコシのお酒、どぶろくだ。
●ミスミナイ村プロジェクト:
 https://www.andina-travel.com/peru2.html#misminay
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存... アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。 立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。 そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。 ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナ...
インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)... クスコとマチュピチュの中間地点:ウルバンバ谷 インカ文明の中心を担った“聖なる谷”として知られるウルバンバ谷は、クスコとマチュピチュの中継地点としての役割だけではなく、丸一日を費やしても時間が足りないほどの魅力があります。 インカ帝国の都クスコ(3400m)とマチュピチュ遺跡(2400m...
アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽... アンデスの先住民の女性は、独特の帽子(山高帽)を被っている。 地域によってデザインは大きく異なってくるので、いろいろな帽子を眼にすることだろう。 南米アンデス高地を旅する時には、女性が被る帽子も写真に収めたいものだ。 アンデス系民族のケチュア族とアイマラ族は、南米に広くペルー・...
ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)... カラフルな先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアの先住民ケチュア族とアイマラ族の民族衣装は、とてもカラフルだ。 村ごとにデザインは異なるので、アンデスを旅していると色とりどりの衣装に身を包む人々を目にすることになる。 ペルー・ブランカ山群は、山の氷河がもたらす“水”という恵みのおかげで...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族... アンデス高原の主役:ケチュア族とアイマラ族 南米アンデス山脈は、南米大陸を貫く長大な山脈です。地域により住む人種も風景も全く異なるのですが、インカ系の人々が住む地域は、南米で最も広い範囲に及ぶでしょう。 ペルー・ボリビア・エクアドルを中心に、コロンビア、アルゼンチン北部、チリ北部、それぞれ標...

クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都

ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村

パタゴニア

関連記事

  1. ペルーを代表する国民飲料「インカ・コーラ」とは

    2017.08.05
  2. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  3. ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む

    2015.08.01
  4. 秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸

    2018.10.29
  5. 南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング

    2018.05.28
  6. ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場

    2015.07.16
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP