Loading

PHOTO-BLOG

ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック

1.jpg
2.jpg
世界的に注目される発展を遂げた“ペルー料理”を、アウトドアでも味わいたい
ワスカラン展望の後は、高山病の影響を低くするために、早々に標高の低いウルタ谷に下りた
ルピナスの花畑の中に、テーブルを広げて、専属コックによる昼食だ
人数が少なければ少ないほどに、コックも調理に手をかけることができる
山中でも美味しいペルー料理を食べたい、というアツイ希望を出していた甲斐もあり
今回は、ブランカ山群で一番(らしい)のアウトドア・コックが来てくれた
トレッキングといえども、食を求める上昇志向は必要だと思う
これで数日間のキャンプ生活でも、食事の時間が楽しみになるのだ
●「ブランカ山群」:https://www.andina-travel.com/peru5.html
3.jpg
4.jpg
6.jpg
5.jpg

関連ページ

雲間から現れるチョピカルキに舞うコンドル... 山の写真を撮るためには、待てる時間を作ることがとても重要だ。 高所順応を兼ねて、つづら折りの道を約4,900mの峠まで一気に上がる。 車道が年々良くなっていくので快適だ。 標高3,000mのワラスを基点に、大展望の峠まで車で行けるのは、ブランカ山群の強みだろう。 ワスカランとチョピカルキ...
ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物... ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。 電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。 外国人はまず来ないような生活道だ。 ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。 日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。 現地ガイドは近所のおばち...
【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏... 乾季アンデスの収穫祭 ペルーのアンデス山脈は5月から乾季を迎える。赤道から少し南に位置するために季節は日本と真逆で、秋に当たるこの季節は、アンデス各地でお祭りが催される。5月から6月の冬至にかけて、農作物の収穫を大地の神様・パチャママに感謝するための祝祭だ。年に一度の祭りを祝うために、ペルー先...
ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング... アンデス山脈の主脈:ブランカ山群とワイワッシュ山群 南米大陸を縦断する長大なアンデス山脈で核心部ともいえる山群が、ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)とワイワッシュ山群です。どちらも山岳リゾートであるワラスが基点となります。一日1便の国内線を利用すれば、首都リマからわずか1時間で到着しま...
ペルー&ボリビア:アンデス山脈の山岳展望を求めて... 圧倒的に広い南米大陸の大地 南米大陸で巡り合わせた風景は、空も山も大きくて、人の存在は圧倒的に小さいものだ 日本の風景や生活に“渇望”される何かが、南米の風景には秘められているのだろうか。その曖昧模糊な乾いた無意識が、異次元的なスケールと麗しい生命の営みが織りなす南米的な風景に惹きつけら...
トレッキング前の7つの高所順応プラン:ペルー・ブランカ山群... 縦走トレッキング前の「高所順応」の重要性 ペルー・ワラスを基点にブランカ山群(ワスカラン国立公園)やワイワッシュ山群でテント泊の縦走トレッキングを行う場合、正しい「高所順応」を十分にしているかどうかがトレッキングの体調に大きく影響します。 標高4000~4700mを歩くこの地域の縦走トレ...

ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望

ワンドイを望むアンデスの小さな村とキヌア畑

パタゴニア

関連記事

  1. ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場

    2015.07.16
  2. ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)

    2018.04.20
  3. コロニアル調の白壁と石畳の街を歩く-クスコ-

    2015.07.25
  4. ペルー料理の原点:アンデスの神聖な料理「パチャマンカ」③

    2016.06.14
  5. 世界で注目される美食「ペルー料理」

    2019.03.24
  6. アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

    2015.08.09
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP