Loading

PHOTO-BLOG

ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック

1.jpg
2.jpg
世界的に注目される発展を遂げた“ペルー料理”を、アウトドアでも味わいたい
ワスカラン展望の後は、高山病の影響を低くするために、早々に標高の低いウルタ谷に下りた
ルピナスの花畑の中に、テーブルを広げて、専属コックによる昼食だ
人数が少なければ少ないほどに、コックも調理に手をかけることができる
山中でも美味しいペルー料理を食べたい、というアツイ希望を出していた甲斐もあり
今回は、ブランカ山群で一番(らしい)のアウトドア・コックが来てくれた
トレッキングといえども、食を求める上昇志向は必要だと思う
これで数日間のキャンプ生活でも、食事の時間が楽しみになるのだ
●「ブランカ山群」:https://www.andina-travel.com/peru5.html
3.jpg
4.jpg
6.jpg
5.jpg

関連ページ

ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)... カラフルな先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアの先住民ケチュア族とアイマラ族の民族衣装は、とてもカラフルだ。 村ごとにデザインは異なるので、アンデスを旅していると色とりどりの衣装に身を包む人々を目にすることになる。 ペルー・ブランカ山群は、山の氷河がもたらす“水”という恵みのおかげで...
ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望... 展望台の背後に聳える、コントライェルバス、ウルタ、チェキアラフの峰々も素晴らしい。ワスカランとチョピカルキを撮影した後には、これらの山も撮ることになる 雨上がりの空気は澄んでいて、雲が山から退いた瞬間に、空や雪のコントラストが美しく映える。 8月頃の乾季終盤は晴天率は上がるが、大気には少し靄...
ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)... ペルー・アンデス:ブランカ山群とは 南米大陸の長大なアンデス山脈の中で、最も氷雪峰が集まる山群が、ペルー・アンカシュ県ワラス近郊の「ブランカ山群」です 6000m峰が林立し、名だたる名峰が集中することから、「南米の屋根」と呼ぶに相応しいエリアです。 基点となる町・ワラスは、標高30...
《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群... モノクローム写真で見る、ケチュア族の暮らし アンデス山脈で氷雪峰が集中するブランカ山群は、その豊富な水源から大地の豊穣さを保証された土地です。先住民ケチュア族は古来からこの地の豊穣を見抜き、多くの人々が山麓に集中して暮らしてきました。 畑を耕せば、古代の遺物が掘り起こされてきて、無造作に路肩...
ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物... ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。 電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。 外国人はまず来ないような生活道だ。 ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。 日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。 現地ガイドは近所のおばち...
ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイをヤンガヌコ峠から望む... ペルー・ブランカ山群の名峰・ワンドイ ブランカ山群の大きな魅力は、車で大展望のポイントへアクセスできることだ。 早朝3時頃に出発して、ヤンガヌコ峠の4500m付近の展望台を目指す。 この展望台から、ペルー最高峰ワスカランを始め、ワンドイ、チョピカルキなどの名峰を望めるからだ。 高...

ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望

ワンドイを望むアンデスの小さな村とキヌア畑

関連記事

  1. マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石

    2015.08.04
  2. サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く

    2015.08.03
  3. インカ族の芸術品:織物と染料の文化

    2010.08.09
  4. インカトレイルの魅力① スタート地点~ワルミワニュスカ峠

    2013.04.18
  5. マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

    2015.08.05
  6. コロニアル調の白壁と石畳の街を歩く-クスコ-

    2015.07.25
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP