Loading

PHOTO-BLOG

ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック

1.jpg
2.jpg
世界的に注目される発展を遂げた“ペルー料理”を、アウトドアでも味わいたい
ワスカラン展望の後は、高山病の影響を低くするために、早々に標高の低いウルタ谷に下りた
ルピナスの花畑の中に、テーブルを広げて、専属コックによる昼食だ
人数が少なければ少ないほどに、コックも調理に手をかけることができる
山中でも美味しいペルー料理を食べたい、というアツイ希望を出していた甲斐もあり
今回は、ブランカ山群で一番(らしい)のアウトドア・コックが来てくれた
トレッキングといえども、食を求める上昇志向は必要だと思う
これで数日間のキャンプ生活でも、食事の時間が楽しみになるのだ
●「ブランカ山群」:https://www.andina-travel.com/peru5.html
3.jpg
4.jpg
6.jpg
5.jpg

関連ページ

山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力... ヒマラヤに匹敵する迫力の山岳展望 ペルー・アンデスで最も山岳展望が美しい地域が、ワラスを基点としたブランカ山群とワイワッシュ山群です。 林立する6000m峰の峰々の雪壁に付くアンデス襞の美しさなど、ヒマラヤに匹敵する山岳展望です。 車道が発達するブランカ山群では、専用車をフルに利用...
ペルー・アンデス山脈のセーター植物:高原サボテン... 高原サボテンの群落 ペルー・アンデス高原の山岳地帯のサボテン「学名:Tephrocactus floccosus(またはTephrocactus rauhii)」を見つけたのは、ペルー中央部のワイワッシュ山群の草原でした。5000m峰がずらりと並ぶ大展望の斜面で、山岳展望に見惚れていたら、危う...
ペルー・ブランカ山群のワイラス回廊とアンデス山脈... (写真)ブランカ山群の南端部・カウジャラフ(主峰:5,686m)を、コノコーチャ峠から望む ペルー・アンデスの中で最も山岳展望の良い山群の一つは、ブランカ山群です。リマから北に400㎞にある、ワラス(標高3,090m)が基点の町となります。ワラスの東側には、ペルー最高峰であるワスカラン(6,7...
ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物... ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。 電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。 外国人はまず来ないような生活道だ。 ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。 日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。 現地ガイドは近所のおばち...
ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る... 乾季の始めはアンデスの花の季節 6000m級の氷雪峰が屹立するペルー・ブランカ山群は、乾季の初めの数週間ほどが花の季節です。アンデス高原に咲くワイルドフラワーは一斉に咲き乱れ、青や黄色などの花があちこちに咲くので、乾燥したアンデス山脈で最も美しい季節でしょう。 青や紫のルピナスは、この季...
ヤンガヌコ谷で「天の川」の星空撮影/ブランカ山群... 早朝4時にテントから顔を出すと、昨夜の雨が止んでいた。 さっそく車に乗り込み、標高4,767mのヤンガヌコ峠を目指す。 まだ真っ暗の夜空には、天の川が西に見えた。 ワスカランとワンドイの間、ちょうどヤンガヌコ谷の真上に、天の川がかかっている。 朝の光で空が白み始めると、時を合わせるよ...

ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望

ワンドイを望むアンデスの小さな村とキヌア畑

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

    2015.07.30
  2. アンデス高原鉄道②:過ぎ行くアルティプラーノの景色

    2015.08.08
  3. 6月24日は、「太陽の祭(インティライミ)」の日です。

    2013.03.05
  4. 南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング

    2018.05.28
  5. ペルー・インカの都クスコを一望する城塞:サクサイワマン遺跡

    2018.03.25
  6. ペルー:コンドルが舞う谷、コルカ・キャニオンへ

    2016.07.30
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP