Loading

PHOTO-BLOG

写真素材の販売/アマナイメージ

写真素材フォトギャラリー/アマナイメージ

「アマナイメージ」で写真素材(作家:松井章)を販売中です。昨年は、カレンダーや雑誌の記事や広告などにご利用いただき、今年はさらに写真素材の販売登録を増やしています。

アマナイメージ:写真素材販売フォトギャラリー「松井章」

南米を中心とした絶景「幻想的な風景」とともに、南米大陸における記録的な価値のある写真を掲載できるように努力しています。ぜひメディア出版・広告などでご利用くださいませ

また、写真は全て高精細ですので、法人のエントランスなどに飾る大型の額装写真にも対応可能です。

関連ページ:アマナイメージ(松井章)

関連ページ

砂漠を花が埋め尽くす「アタカマ砂漠の花園2017」... 2年ぶりにアタカマ砂漠に巨大な花園が現れました。今年の花園は、近年まれに見る当たり年のようです。 わずか10日間の花園がいつ現れるか、日々の降水量などのデータを基に日付を設定するのは、なかなか緊張感があります。半年前から降水・気温ともに順調に推移したことで、先週は一斉に芽吹いたわけです。 ...
アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”... チリ・アタカマ砂漠の花園 "デシエルト・フロリド" 世界で最も乾燥した砂漠と言われる“チリ・アタカマ砂漠”では、世界でも稀な奇跡が、約4年に一回だけ起こります。 わずか10日間ほどだけ、巨大な花園「デシエルト・フロリド」が現れるのです。英語では、フラワーリング・デザート呼ばれます。 ...
アタカマ砂漠の花①:パタデ・グ・アナコ(チリ)... 砂漠の花園で主役となる花は、砂漠をピンクに染め上げる「パタ・デ・グアナコ」だ。 これは俗名で、スペイン語で“グアナコの足”を意味する。 グアナコはラクダ科の一種で、アンデス高地に行けば、リャマやアルパカが親戚となる。 学名は「Cistanthe grandiflora」。スベリヒユ科の一種...
アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)... 気候変動の象徴?アタカマ砂漠の花園 数年に一度わずか10日間だけ現れる「アタカマ砂漠の花園」は、その出現の回数は徐々に増えていると言われる。4・5年に一度の出現と言われた花園も、近年は2・3年に一度は出現する傾向にある。世界的な気象変動と連動するとも言われているが、そのメカニズムは今も謎に満ち...
アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)... 「荒野の小さなバラ」を意味する「ロシータ・デル・カンポ」は、アタカマ砂漠の固有種の一つで、アカネ科の一年草です。 アタカマ砂漠に一斉に咲く花々はどれも可憐で儚げに揺れているものですが、「ロシータ・デル・カンポ」は特に小さく、その凛とした佇まいが目立つ花です。 砂漠を染めるような群生はして...
アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)... ナス科ノラナ属「ススピロ」 アタカマ砂漠に広く自生するナス科ノラナ属のススピロは、高さ40~50cmに育ち、たくさんの花をつける多年草です。「ススピロ」はスペイン語で、「ため息」を意味します。ノラナ科の花言葉は「揺れる心」を意味することから、愛称としてこの花は「ススピロ」と呼ばれるようになった...

アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

関連記事

  1. パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

    2016.05.03
  2. 秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

    2015.06.16
  3. インバウンド・サービス「PIRIKA Japón」 始めます

    2017.08.25
  4. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  5. パタゴニア開拓史:氷河の思わぬ前進に翻弄される①

    2014.03.10
  6. ギアナ高地の新プラン:グランサバナ・ロライマ展望とエンジェルフォール

    2019.02.04
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP