Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアのラクダ「グアナコ」と過ごすひととき

グアナコの群れを撮影


南米に生息する4種類のラクダの中で、3種類(リャマ・アルパカ・ビクーニャ)は標高の高い高原を好みます。

パタゴニアのグアナコは、高原ではなく低地の乾燥した草原に暮らすラクダです。
人とともに暮らすリャマやアルパカと異なり、グアナコ人に懐くことのないラクダなので野生です。

グアナコはとても繊細な動物なので、人はなかなか近づくことができません。
カメラを持って車を降りれば、すぐに走って逃げてしまいます。

私がグアナコの撮影をする場合には、少し離れた位置に車を止めて、身をかがめながら接近します。
こちらの動きはすべて把握されているので、だいたい20mくらいのところで、しばらく待機します。

草を食むのに忙しいグアナコは、徐々に私の存在を認めてくれるのがほとんどです。

彼らが持つ警戒の間合いがありますが、その距離は時間とともに徐々に縮めることができます。

時間さえかければ、気づけば目の前わずか4,5m先にグアナコを見るようなこともあります。

野生ですので、一定の距離感は守りながらも、彼らの息遣いを感じてみたいものです。

パタゴニアに暮らすカウボーイ「ガウチョ」

パイネ国立公園のアマルガ湖畔からトーレス峰を望む

関連記事

  1. 日本山岳写真協会展「2023 山・われらをめぐる世界」のご紹介

    2023.09.13
  2. フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

    2015.04.23
  3. BA Styleコラム12月号:ブエノスアイレスの春「ジャカランダ」

    2021.12.08
  4. BA Styleコラム6月号:アルゼンチン伝統料理「アサード」と牛肉

    2021.06.19
  5. 天敵がいない野生動物の楽園:ガラパゴス諸島レジェンド号クルーズ

    2018.07.09
  6. 【厳冬の山岳写真】中央アルプス・千畳敷カールを“日本最高所のホテル”で望む

    2020.01.01
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP