Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

x1.jpg
パタゴニアの多くの湖は、“氷河湖”です。氷河から溶け出した細かい堆積物により、エメラルド色をたたえています。
氷河湖により、その深さや体積物の濃度などにより、一言で言えないほどの数のエメラルド色があります。陽が落ちても、やはりエメラルド色を保つほど強くたたえています。
上の写真は、雲の色が右と左で違うのが分かるでしょうか。左半分の雲は、下の湖の色が雲に反射して、緑がかっています。この雲は、雨雲でとても水分を多く含む雲でした。
パタゴニアでは雲を見上げることが多く、山と同じくらい、雲に驚嘆する毎日です。
x2.jpg

パイネ国立公園でグアナコを撮影するために

パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊

関連記事

  1. 温暖化によるペリトモレノ氷河の後退がいよいよ始まる

    2024.04.12
  2. パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

    2018.06.14
  3. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
  4. 中南米周遊に強い航空会社:ラタム航空(JAL系ワンワールド)

    2019.06.11
  5. パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き

    2017.06.15
  6. 雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

    2014.03.31
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP