Loading

PHOTO-BLOG

果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③

1.JPG
マルコーニ峠を越えると、パタゴニア大陸氷床の大雪原が広がります。
快晴の雪原では陽の光の反射は強く、空の青と雪面の白だけの世界では、まるで光に包まれているかのようです。
荒れた天候で有名なパタゴニアの中でも、特に天候の厳しい大陸氷床では、快晴に恵まれることは大変な幸運でしょう。
東にフィッツロイ山群の支脈を、西にマリアーノ・モレノ山群を望みながら、南北に果てしなく続く雪原を、延々と歩きます。
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG
※パタゴニアならではの風と天候の影響も大きく受ける、非常にハードなトレッキングです。参加できる方は、経験に応じて限られます。
●弊社URL:https://www.andina-travel.com/patagonia.html

関連ページ

天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) キャンプを出発して、いよいよパタゴニア大陸氷床へ最後の登りだ フィッツロイを背にして、前方の視界はさらに開けて行く 雪の白か空の青だけの世界だ 遠く西の彼方に、屏風のようなマリアーノ・モレノ山群が見える。ここに来なければ見る事のできない山々だ。 大陸氷床...
マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷河に磨き上げられた花崗岩は、登山靴でも滑ってしまうほどにツルツルになっている この硬い岩盤が削られたのは、いったい何万年前の出来事なのだろうか そして、これだけの高さまで氷河におおわれていたとしたら、かつての大陸氷床の規模はどれほどであったのか 花崗...
パタゴニアの名峰フィッツロイ展望:テント泊トレッキングの魅力... 神秘の岩峰:フィッツロイ峰&セロトーレ峰 魔力のように人を惹きつける山は、本当に世界に存在するのだろうか。 アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ峰とセロトーレ峰は、訪れる人を虜にするような魔力を秘めた、世界でも数少ない山の一つです。天を突くようなピラミダルな山容は、どのように形成された...
劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン... チャルテンの北へ約30キロ、デシエルト湖へ移動すると、気候は湿度を増し森の様相も変わります。チャルテン周辺では、サルオガセが着生していますが、この周辺の木には、分厚い絨毯のようなコケが着生しています。大西洋からの湿度が流れ込みやすい地形で、気候はチリ・パタゴニア的と言えるでしょう。 デシエルト...
探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」... エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。 当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめる...
冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング... 5月から、南部パタゴニアはいよいよ冬を迎えます。 既にフィッツロイ山麓は雪に覆われています。 フィッツロイ山麓のチャルテン村は、アルゼンチンの乾燥したステップ地帯と、チリ側の多雨地帯との間にあります。冬季も除雪車が入るので、チャルテンからチリ側へ10数キロ走らせると、雪の量もかなり増えます。...

パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②

大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④

関連記事

  1. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  2. フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

    2015.04.23
  3. 早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ

    2015.08.31
  4. ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」

    2018.03.12
  5. パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁

    2014.08.26
  6. パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

    2015.10.09
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP