Loading

PHOTO-BLOG

天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原

1.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

キャンプを出発して、いよいよパタゴニア大陸氷床へ最後の登りだ
フィッツロイを背にして、前方の視界はさらに開けて行く
雪の白か空の青だけの世界だ
遠く西の彼方に、屏風のようなマリアーノ・モレノ山群が見える。ここに来なければ見る事のできない山々だ。
大陸氷床の入口であるマルコーニ峠はあっさりと通り過ぎ、気づけばそこは大氷原であった。
2.jpg
4.jpg
3.jpg

関連ページ

フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力... チャルテン村から車と船を乗継ぎ、約一時間ほどの距離にあるのがビエドマ氷河です。アルゼンチン・パタゴニアでは最大の面積の氷河で、セロトーレの裏側の源流部から始まります。 幅が約3kmの末端部は、ペリトモレノ氷河同様に高さ40mほどの氷壁がズラリと並び、春から秋にかけて気温が高い時には氷壁が轟音を...
パタゴニアの氷河の源で起こる異変 偏西風がもたらすパタゴニアの降水量のほとんどは、まずパタゴニア南部氷原(大陸氷床)の氷河として蓄えられる 南極、グリーンランドに次ぐ地球で3番目に大きな“パタゴニア大陸氷床”は、数百の氷河の水源地として、パタゴニアの生態系の鍵を握っている 先日、フィッツロイ山麓のビエドマ氷河が、巨大な崩...
セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア... 未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。 湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。 フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。 日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間...
パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント... パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。 フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。 遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に...
フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング... パタゴニアのビエドマ氷河 チャルテン近郊のこの氷河は、規模はモレノ氷河に次ぐ大きさですが、訪問者が少なく、とても静かです。 ビエドマ氷河では、遠望するだけの観光はなく、「氷河ハイキング」が基本です。 アイゼンを使用しますが、歩く距離は短く、簡単な氷河上を歩くので、初心者でも問題なく歩けます...
パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け... フィッツロイBCで迎える朝日の時間は、一日で最も美しい時間です。 僕自身も、神々しいフィッツロイの色彩変化を毎回見るたびに、これでおしまい、という覚悟で見るようにしていますが、幸いにも何度も見ることができています。 朝日で紫色にフィッツロイが染まると、“フィッツロイ劇場”のスタートで...

マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石

地平線まで白い大氷原に辿り着く

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭

    2017.04.25
  2. 3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ

    2016.10.12
  3. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  4. パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

    2015.09.24
  5. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  6. 降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア

    2015.04.15
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP