Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ


パタゴニアの歴史を一変させたイネ科の草・コイロンは、太陽の光線が斜光の時には、大草原に金色にシルエットが浮かび上がり、ちょっとした演出をしてくれます。
まるで草原全体が金色の絨毯のようになるのです。

フィッツロイ山麓に広がる草原を縦断する40号線を走っていると、コイロンを食む無数のグアナコや羊を見るでしょう。

コイロンは、パタゴニアの人にとっては特別な植物です。

それは開拓時代へのノスタルジーも含み、“coirón”という単語は、レストランやお店の名前にも使われるほどに愛されています。

紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓

ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」

関連記事

  1. 映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動

    2018.07.30
  2. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  3. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
  4. パタゴニアで、カヤックを漕ぐ

    2013.12.06
  5. 針峰セロトーレと暴風/パタゴニア・フィッツロイ山群の名峰

    2020.02.13
  6. パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ

    2016.04.04
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP