Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

1.jpg
2.jpg
早朝、まだマチュピチュ村からシャトルバスが大量に来ない時間帯、マチュピチュ遺跡はとても静かだ。
マチュピチュ遺跡では、石切場が好きだ。
今では遺跡のいたる所がロープで区切られて立ち入り禁止になり、監視員が目を光らせている。だから、マチュピチュをじっくりと時間をかけて見れる場所は意外に少ない。
石切場では、道を少し外れると人もいなくなり、放置された岩が散らばる原っぱの向こうに、マチュピチュを見ることができる。
かつて、マチュピチュ遺跡の建設に使用された石材は、この石切場で切り出され加工された。乱雑に岩が散らばる区画が石切場だ。まだマチュピチュは建設途上で完成する前に、スペイン人を端に発するインカ帝国の崩壊が起こってしまったのかもしれない。
朝のマチュピチュはあいにくの曇りであった。前方の高台のインティワタナ(日時計)も、ガスからときおり姿を現すが、ワイナピチュはなかなか姿を現さない。
石切場の岩の一つの上に陣取り、数時間マチュピチュを見て過ごした。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

マチュピチュ遺跡で朝日を待つ-撮影ツアー... マチュピチュの日の出は少し遅い。 周囲はもっと標高の高い山々に囲まれて、マチュピチュは深い谷の中腹に位置するからだ。 早朝の夜明けの後、太陽が東の山の端から顔を出すまでは、少し静かな時間がある。 ひとたび陽光がワイナピチュ峰の山頂を照らすと、遺跡に陽が届くのは早い。 斜光線に照らされ...
サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く... ベルモンド・サンクチュアリ・ロッジは、マチュピチュ遺跡の入口にある唯一のホテルだ。 遺跡の入口に隣接している、というメリットは計り知れない価値がある。 早朝や夕方、人の少ない時間帯にマチュピチュ遺跡にいることができるのだ。 他の全てのホテルが、遺跡からシャトルバスで約30分の“マチュピ...
インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く... トレッキング2日目:一番の難所・ワルミワニュスカ峠へ インカトレイル2日目は、ワルミワニュスカ峠(4200m)を越えるインカトレイル一番の難所です。 2日目をうまく乗り切れば、3日目以降は割と簡単に歩けるので、インカトレイルで最も気を付けて乗り越えるべき日となります。 難所とはいえ、危...
ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む... マチュピチュの背後に聳えるワイナピチュ峰をよく見ると、断崖の上部は遺跡で覆われているのが分かる。 巨大な宗教施設であるマチュピチュにとって、ワイナピチュはご神体のような存在なのだろう。 ワイナピチュ峰は標高差約300mを登ることになる。直登なので見た目ほどには山頂まで時間はかからない。 ...
マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開... マチュピチュ遺跡が、Googleのストリートビューで見れるようになりました。 かなり細かく遺跡内部を公開しているので、ちょっとした疑似体験をできるようになっています。 個人的に好きな場所は、“石切り場”周辺です。 割と人が少ない場所なので、ここでのんびりと遺跡を見ていることができま...
ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間... 南米で山歩きをするとなると構えてしまう方もいるでしょうが、体力や経験や日数に合わせて、ライトな日帰りハイキングから、ハードな縦走トレッキングまで、三者三様の旅を作ることができます。もちろん、遺跡内を中心に歩く観光もお勧めですが、ご希望があれば、マチュピチュを「歩く」プランも手配しています。 ...

マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石

マチュピチュ遺跡で朝日を待つ-撮影ツアー

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. インカトレイルの入山許可証について

    2013.05.28
  2. インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

    2018.04.12
  3. 聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

    2015.07.30
  4. ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間

    2016.09.20
  5. 《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン

    2018.09.06
  6. 代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」

    2016.03.08
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP