Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

1.jpg
2.jpg
早朝、まだマチュピチュ村からシャトルバスが大量に来ない時間帯、マチュピチュ遺跡はとても静かだ。
マチュピチュ遺跡では、石切場が好きだ。
今では遺跡のいたる所がロープで区切られて立ち入り禁止になり、監視員が目を光らせている。だから、マチュピチュをじっくりと時間をかけて見れる場所は意外に少ない。
石切場では、道を少し外れると人もいなくなり、放置された岩が散らばる原っぱの向こうに、マチュピチュを見ることができる。
かつて、マチュピチュ遺跡の建設に使用された石材は、この石切場で切り出され加工された。乱雑に岩が散らばる区画が石切場だ。まだマチュピチュは建設途上で完成する前に、スペイン人を端に発するインカ帝国の崩壊が起こってしまったのかもしれない。
朝のマチュピチュはあいにくの曇りであった。前方の高台のインティワタナ(日時計)も、ガスからときおり姿を現すが、ワイナピチュはなかなか姿を現さない。
石切場の岩の一つの上に陣取り、数時間マチュピチュを見て過ごした。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石

マチュピチュ遺跡で朝日を待つ-撮影ツアー

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  2. ペルー・ナスカの地上絵と砂漠の絶景

    2019.04.09
  3. ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望

    2017.04.29
  4. インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

    2018.01.09
  5. 《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン

    2018.09.06
  6. アンデスに生息する4種類のラクダ

    2013.02.24
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP