Loading

PHOTO-BLOG

サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く

1.jpg
2.1.jpg
ベルモンド・サンクチュアリ・ロッジは、マチュピチュ遺跡の入口にある唯一のホテルだ。
遺跡の入口に隣接している、というメリットは計り知れない価値がある。
早朝や夕方、人の少ない時間帯にマチュピチュ遺跡にいることができるのだ。
他の全てのホテルが、遺跡からシャトルバスで約30分の“マチュピチュ村”にある。遺跡と村の間をバスで二往復もする気にはならないもので、早朝と夕方のマチュピチュを両方とも見るのであれば、“遺跡直結のサンクチュアリ・ロッジ”が圧倒的に有利となる。
ホテルはベルモンド・グループの一つとして全てが一流だ。食事・ドリンクもオール・インクルーシブで、滞在中は何のストレスもなく、マチュピチュだけに没頭できるだろう。
そして、日中の一番混む時間帯は、ホテルでゆっくり休むことができるのだ。
部屋数が少なく、1年前から満室の日が出るほど混んでいるので、なるべく早めに予約する必要がある。
一日の時間を全て遺跡に集中することで、いろいろなマチュピチュ遺跡の表情を見れるのは、何よりも贅沢な体験だと思う。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近... マチュピチュへ、インカの古道を歩く 「インカトレイル」の入山許可証の確保は、年々厳しさを増しています。 世界中のトレッカーの注目を浴びていますが、入山制限の条件は同じなので、今では4ヶ月前には完売してしまうような状況です。 2015年のインカトレイル入山許可証は、一月中旬に開始する予定です...
マチュピチュ遺跡のシンボル:ワイナピチュ登頂ハイキング... マチュピチュの背後にそびえる“ワイナピチュ”峰。 山頂まで続くインカ時代の石組みを見ながら、階段状の急坂を登ります。 防塁のような石組みと段々畑を登るにつれて、マチュピチュが眼下に現れ、その周りをぐるりと囲むように流れるウルバンバ川の大屈曲部も望めます。 山そのものがご神体であった...
マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ... 早朝、まだマチュピチュ村からシャトルバスが大量に来ない時間帯、マチュピチュ遺跡はとても静かだ。 マチュピチュ遺跡では、石切場が好きだ。 今では遺跡のいたる所がロープで区切られて立ち入り禁止になり、監視員が目を光らせている。だから、マチュピチュをじっくりと時間をかけて見れる場所は意外に少な...
ペルー・インカトレイル:2018年のトレッキング入山許可証... ペルー・インカトレイル入山許可証2018:販売開始 マチュピチュ遺跡へ歩く3泊4日のテント泊トレッキング「インカトレイル」の入山許可証(2018年)が販売開始されました。 入山人数が1日200名に限定されているインカトレイルは、世界中のトレッカーの憧れのルートです。そのために販売開始されると...
ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ... インカトレイルとは ペルー・インカ古道「インカトレイル」は、マチュピチュ遺跡へと続く約30kmの道です。 南米中に張り巡らされたインカ時代の道のなかで、この区間だけがインカ時代から封印されるように、約100年前にハイラムビンガムに発見されるまで、マチュピチュ遺跡とともに密林の中で眠ってい...
アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明... アンデス先住民のカラフルな民族衣装 アンデスの民族衣装はなぜ心を打つのだろうか。 ケーナやチャランゴのリズムとともに、街を往来するカラフルな民族衣装の人々は、アンデスの文化そのもので、魔力のような魅力を秘めています それはとても普遍的で、何度訪れても目を奪われてしまう インカの都...

ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む

マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石

パタゴニア

関連記事

  1. BS朝日で放映「5つ星☆小型客船で巡る!秘境アマゾン冒険クルーズ」

    2013.11.09
  2. ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁

    2016.06.26
  3. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  4. ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

    2017.10.01
  5. 2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近

    2014.12.01
  6. 世界で注目される美食「ペルー料理」

    2019.03.24
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP