Loading

風景写真家・松井章のブログ

ペルー・アンデス:名峰ヒリシャンカの西壁

ヒリシャンカ(6094m)のアンデスひだ


アンデス山脈で特に高峰が集まるペルーにおいて、ワイワッシュ山群には正に秘境という言葉がぴったりです。ほとんど人の暮らしの無い未舗装の山道を丸一日かけて、ようやく姿を見ることができます。最高峰イェルパハ(6634m)を主峰に、6000m峰が6座も連なります。

この中で特に美しい山が、地元ケチュア族の言葉で「ハチドリのくちばし」を意味するヒリシャンカ(6094m)です。見る角度により山容も異なりますが、私が好きなのは西壁です。およそ1500m近い絶壁には、美しい氷の襞(ひだ)を見ることができます。

ヒマラヤ山脈では“ヒマラヤひだ”と呼ぶように、アンデス山脈には立派な“アンデスひだ”を見ることができます。

西壁を望めるのはは、標高約4500mほどにある丘です。
森林限界を越えているので木はなく、斜面は草原で遮るものが無い大展望です。

陽が出ればビスカチャ(チンチラ科:大型のネズミの仲間)が走り回る平和な場所でした。

ワイワッシュ山群トレッキング


この山域を歩くには4500m~5000mほどもある峠をいくつも越えることになります。
一周するには1週間以上かかりますが、南東面から北西面まで4日間ほどで半周するトレッキング・ルートがハイライトとなります。

関連ページ

ブランカ山群&ワイワッシュ山群

タンゴショー「ラ・フアン・ダリエンソ」

インカ後の南米:歴史家インカ・ガルシラーソの時代

関連記事

  1. 紫のジャカランダが咲き乱れる、春のブエノスアイレス

    2017.09.05
  2. 初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

    2017.08.16
  3. アンデスの食べ物① 食も楽しむ

    2012.04.01
  4. 南米アンデス山脈に生息する“4種類のラクダ”記事集

    2020.05.06
  5. アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

    2019.01.07
  6. 屋久島・宮之浦岳①:水の恵みを辿る“洋上のアルプス”

    2020.08.27
パタゴニア
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP