Loading

スペイン・バスク地方

ビルバオ

バスク地方の州都ビルバオは、バスク地方の基点としてビルバオ空港はスペインやフランスから航空便が就航しています。
経済の中心として工業とともに発展した町ですが歴史は古く、起源は1300年に遡ると言われます。この時代にスペイン北岸の商業の中心として栄えました。かつての工業化の時代と異なり、今では静かにアートに力を入れた洗練した町として生まれ変わっています。
大西洋のビスケー湾までの19kmは運河として機能するネルビオン川で繋がっています。気候は西岸海洋性気候で春夏秋冬のはっきりとした変化が特徴です。スペイン内陸の乾燥した荒野と異なり、スペイン北岸は豊かな緑が特色なのです。

●グッゲンハイム美術館
ニューヨーク、ベニス、ベルリンと同じく、ソロモン・R・グッゲンハイムのコレクションで有名な博物館です。

サン・フアン・デ・ガステルガチェ

サン・フアン・デ・ガステルガチェは、スペインで最も美しいと評される絶景で有名です。海に囲まれた岸壁の教会と、教会へ続く石の回廊の237段の階段が織り成す景色は、モンサンミッシェルを彷彿とさせるでしょう。
頂上の教会で、鐘を3回鳴らすと願いが叶うと言われています。

ゲルニカ

ゲルニカはスペイン内戦による凄惨な悲劇を描いたピカソの絵画「ゲルニカ」で有名です。バスク自治州の自治・独立においても、ゲルニカは非常に重要な町でした。かつてこの町の議事堂の広場の樫の木の下でバスク議会が行われていました。バスク自治州のシンボルとも言える街です。

サンセバスチャン

「ビスケー湾の真珠」と呼ばれるサンセバスチャンは、フランス国境に近いバスク東部の町です。19世紀に神聖ローマ帝国のハプスブルク家の王妃マリア・クリスティーナが保養地として訪れたことで有名です。中世の時代よりサンティアゴ巡礼路の北の道の中継地としても重要で、海洋貿易が栄えた時代には要塞都市としても機能しました。重層的な歴史が凝縮された、バスク地方の古都がサンセバスチャンです。バスク語では、ドノスティアと呼ばれます。

モンテイゲルドの展望台

サンセバスチャンとコンチャ湾を一望する展望台は、サンセバスチャンの名所です。

「美食の町」サンセバスチャン
バスク料理でも有名なサンセバスチャンは「美食の町」とも呼ばれます。旧市街の趣のある街路でバル巡りをして、絶品のピンチョやバスクの微発泡ワインを楽しみましょう

リオハ

関連ページ

ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-... ビエドマ氷河の氷穴にて。 アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村から、車と船を乗り継ぎ、約1時間半ほどで、氷河末端部にアプローチできます。 氷河末端部は、高さ50m・幅2.5kmの巨大な氷壁です。 パタゴニアで最も後退の速度が早い氷河で、上陸地点もこの数十年で氷河の...
アウトドア道具のリユース:マウンガ・御岳&吉祥寺... トレッキングで、山道具を一式いざ集めるとなると、なかなか予算が必要です。 何年もかけて、失敗もしながら、自分にあった道具は充実して行くと思います。 そんな過程の中で、押入れで埃をかぶっている道具もあるはずです。 そういった道具は、「売る」というのも一つの方法です。売ることで、中古と...
インド旅行:ヒマラヤ展望トレッキング、ラダック・ザンスカール... ガルワール・ヒマラヤ山群:シブリン峰&ナンダデビ峰 6000~8,000m峰の高峰が林立するヒマラヤ山脈は、インド北部の国境線に沿い東西に長く広がります。ガンジス河の源流部や旧チベット文化圏、イギリス統治時代の名残があるダージリンなど、山々の展望とともにそれぞれ異なる文化や...
ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景... ケチュア族の生活を見学するために、ミスミナイ村へ。 クスコとウルバンバ谷の中間にあるので、アクセスがとても良い。 村に着くと、入口で村人が迎えてくれる。 笛と太鼓の音を通して、ケチュア族の別世界へ引き込まれる。 ケチュア語とスペイン語の混じる村人の案内は、日本語ガイドのセルヒオが細か...
【パタゴニア・トレッキング】いよいよ始まる、パタゴニアのベスト・シーズン... パタゴニアのシーズンが、いよいよ始まります。 観光地を巡る旅行も良いでうが、できればパタゴニアでは「歩く」事を体験していただきたいです。 パタゴニアの風や草木の匂いを感じながら名峰を望むことが、パタゴニアを旅する醍醐味とも言えるからです。 アルゼンチン側のフィッツロイ山群は、トレッキング・ルートが...
【ペルー】インカトレイルの季節がやって来る... インカトレイルのベストシーズンは、乾季を迎える4月下旬からです。 インカトレイルの入山許可証は、遅くても3ヶ月前に確保しなければいけません 世界中から殺到するトレッカーに対して、入山許可の割り当ては、1日わずか200人です。 インカトレイルでなければ、見れない大規模な遺跡があります。 そして、一方...
PAGE TOP