Loading

PHOTO-BLOG

ペルー料理でランチ:恵比寿「ミラフローレス」


ペルー料理のランチを食べに恵比寿の「ミラフローレス」へ。

閑静な住宅街に品の良い立派なレストランです。
“ミラフローレス”とはペルーのリマ新市街の地域名です。そのミラフローレスに、いかにもありそうな格式ある雰囲気です。

ランチセットは10品もあり、どこのペルー料理レストランとも同じく、やはりボリューム満天でした。

トウモロコシのジュース、チチャ・モラーダ

メインは、豆の煮込み・フリホーレスとチョリソ

トウモロコシの素揚げ・カンチャ

「ミラフローレス」
・住所/東京都渋谷区恵比寿西1-30-14 エコー代官山2F ※JR恵比寿駅から徒歩5分
・TEL/03-6416-9898

関連ページ

代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」... ペルー名物のマリネ(セビーチェ) 先週の土曜日は「ペルー料理のお食事会」を開催しました。 ありがたいことに10名様にご参加いただき、代表的なメニューはだいたい食べれたでしょうか。 ペルーのビールは“クスケーニャ”と“クリスタル”、さらにペルーやチリの国民的なカクテル“ピスコサワ...
ペルー料理の原点:アンデスの神聖な料理「パチャマンカ」③... パチャマンカの完成 大地の窯で調理した「パチャマンカ」で、いよいよランチです。 バジルのような雰囲気の緑のソース「ワカタイ」で調理した鶏肉・牛肉・ニジマスは、見かけと違い繊細で美味そのもの。 各種お芋とソラマメを食べると、完食できないほどのボリュームです。 サラダも手が込んで...
アンデスの聖なる料理「パチャマンカ」の作り方②... 土の中でじっくりと火を通すこと、30分。 「パチャマンカ」は、まさに大地を窯とした、ダッチオーブンならぬ“アースオーブン”です。 いよいよ、土を掘り返します。 何層にも積み重ねた大地の窯を掘り返すのは、汗だくで行う重労働です。 表面の土を掘り返してから、まず最初に出てくるのは...
《ペルー料理の食材》大地が赤く染まる唐辛子の天日干し... トウガラシの天日干し ペルー料理で欠かせないトウガラシの天日干しは、5月頃に最盛期を迎えます。 人口約800万人の巨大都市にトウガラシを供給する大産地として、ペルー北部の谷が赤く染まります。 ここでは、主に赤いトウガラシを中心に、黄色や橙色の唐辛子も乾燥させています。まだ干し始めた...
ペルー料理:アンデスの食材・スーパーフード「キヌア」とは... 栄養価の高い雑穀・キヌア キヌアとは、ペルー・ボリビア・エクアドルなど標高4000m前後の高原で生育する、アンデス高原の植物です。粟やひえと同じ分類で、その癖になる食感と自己主張しすぎない控えめな味が特徴です。 インカ文明以前、数千年前から食用としてアンデスで栽培されていた、アンデスの人...
ペルー・アンデス山脈の花と食材:ルピナス... 花に覆われるワスカラン国立公園 アンデス山脈が乾季を迎える5月、標高4000mの高原にルピナスの花が咲き乱れます。氷河を抱く峰に覆われるブランカ山群(ワスカラン国立公園)は水も豊かなので、特にルピナスが好む気候なのでしょう。ルピナスは必ずと言って良いほどに、山岳展望の良い場所に自生していますの...

「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検

パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング

パタゴニア

関連記事

  1. ヤンガヌコ谷で「天の川」の星空撮影/ブランカ山群

    2015.07.14
  2. ペルー・ブランカ山群のワイラス回廊とアンデス山脈

    2014.02.06
  3. 中南米グルメ・ブログ 「ラテンの台所」

    2015.11.17
  4. アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明

    2017.10.11
  5. ペルー・マチュピチュ遺跡:2019年からの入場制限

    2018.08.13
  6. アラビアの砂漠に辿り着く、中南米のコロニアル建築の原点

    2015.03.19
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP