Loading

PHOTO-BLOG

ペルー料理の原点:アンデスの神聖な料理「パチャマンカ」③

パチャマンカの完成

大地の窯で調理した「パチャマンカ」で、いよいよランチです。

バジルのような雰囲気の緑のソース「ワカタイ」で調理した鶏肉・牛肉・ニジマスは、見かけと違い繊細で美味そのもの。

各種お芋とソラマメを食べると、完食できないほどのボリュームです。

サラダも手が込んでいて、ソースもシェフ秘伝の味とのこと。
手動のミキサーで砕いたビスケットを混ぜるのは、一つのコツのような気がしました。

野外と言えども、シェフは盛り付けにも最新の注意を払うのです。

チーズもワラス近郊の高地で生産されたアンデスのチーズです。

そして、デザートは、やはりワラス近郊の名産であるチリモヤです。
日本にはないフルーツですが、ペルー・ボリビア・チリ辺りでは絶対に食べるべき抜群に美味しいフルーツです。

関連記事:ペルー料理

関連ページ

ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)... ウルバンバ谷の小さな村:ケチュア族のミスミナイ クスコから丸一日を使って、ウルバンバ谷を巡ります。 撮影ツアー(フォトツアー)の今日のテーマは、地元の人々の生活風景を撮ることです。 朝少し早くクスコを出発して、ウルバンバ谷へ。 最初に立ち寄ったのは、マラス村です。 朝早く出...
南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜... 冬至の祝祭「インティライミ」:太陽の祭り 毎年6月24日に開催される「太陽の祭(インティライミ)」は、豊穣な収穫への祈りと感謝を込めて、太陽と大地の神様に捧げられる冬至のお祭りです。 南米3大祭の一つに数えられる祭で、南米のみならず世界中から人が集まります。 「太陽の祭」を前に、既...
インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)... クスコとマチュピチュの中間地点:ウルバンバ谷 インカ文明の中心を担った“聖なる谷”として知られるウルバンバ谷は、クスコとマチュピチュの中継地点としての役割だけではなく、丸一日を費やしても時間が足りないほどの魅力があります。 インカ帝国の都クスコ(3400m)とマチュピチュ遺跡(2400m...
ペルー料理:国民的ジュース「チチャ・モラーダ」とチチャ酒... 紫トウモロコシのジュース「チチャ・モラーダ」とは ペルーで愛される2つのジュースといえば、「チチャ・モラーダ」と「インカコーラ」です。どちらも濃いめの甘さが特徴です。 この2つの飲み物はペルー全域で、老いも若きも頻繁に飲んでいます。 チチャ・モラーダの原料は紫トウモロコシで、ジュースや...
ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)... カラフルな先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアの先住民ケチュア族とアイマラ族の民族衣装は、とてもカラフルだ。 村ごとにデザインは異なるので、アンデスを旅していると色とりどりの衣装に身を包む人々を目にすることになる。 ペルー・ブランカ山群は、山の氷河がもたらす“水”という恵みのおかげで...
ペルー料理お食事会のお知らせ:東京・青山... 世界のグルメが注目する「ペルー料理」 世界で注目される「ペルー料理」のお食事会を、東京青山のペルー料理レストランで開催します。近年発展を遂げた最新のペルー料理を継承するシェフとともに、ペルー料理の今をご案内します。 中南米やスペインについて語り合い、ペルー産のピスコサワーを飲みましょう。...

アンデスの聖なる料理「パチャマンカ」の作り方②

ペルー・ブランカ山群:グランピングの快適な宿泊設備

パタゴニア

関連記事

  1. インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

    2018.04.12
  2. ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」

    2016.05.02
  3. マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開

    2016.02.18
  4. 【ペルー・アンデス】「ブランカ山群トレッキング」シーズン、あとわずか!

    2013.08.16
  5. ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)

    2016.07.03
  6. トレッキング前の7つの高所順応プラン:ペルー・ブランカ山群

    2019.04.16
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP