Loading

PHOTO-BLOG

ボリビア・アマゾンの魅力①:「ヤクマ自然保護区にて」

1.JPG
アマゾン川の源流域に位置する、ボリビア・アアゾンのヤクマ自然保護区は、野生動物を観察するのに非常に適した場所です。「野生動物の楽園」と言ってもいいでしょう。
3.JPG
アマゾンといえば、どこでも野生動物を見れるように思われがちですが、実際には野生動物を多く見れる場所はわずかです。各地で開発が続き、野生動物の生息域は日に日に狭められているのが現実だからです。たとえば、ブラジルのアマゾンではマナウスが有名ですが、本当の野生を体験するためには何日も上流へ上がる必要があります。そこには中流域のアマゾンとしての別の魅力があります。
簡単に野生動物を見れる場所に行けて、なおかつ冒険的な体験をしたいのであれば、ボリビア・アマゾンをお勧めします。
ボリビア・アマゾンでも特に野生動物が多いのが、「ヤクマ自然保護区」です。ジャングル・ロッジに宿泊しながら、ボートを使いアマゾン川の源流域を巡ります。
5.1.JPG
川幅が狭く、岸にはワニがたくさんいます。そのワニの数は、信じられないほどウジャウジャいます。日が差し始めると、ワニは日光浴を始めます。口を半開きにして、じっとしています。どうやらワニを目を開けたまま昼寝ができるようです。羨ましい!亀も日光浴のために現れます。
10.JPG
現地ガイドさんは野生動物の生態に精通しています。そのガイドさんが見つけてくれる動物は、リスザルです。どこにでもいるわけではないので、ガイドさんはサルの鳴き声を真似ながら、川を移動します。その真似に誘われて、サルが集まってきます。群れで活動するリスザルは、人がエサをくれることを期待して集まります。餌付けは禁止されているので、袋をガサガサ鳴らすだけですが、見事に集まります。袋の音で集まるということは、心無い人が餌付けをしている可能性が高いわけですが、それでもリスザルに会えると嬉しいものです。手のひらサイズの大きさで、全く人に危害を加えない愛らしい猿です。
2.JPG
アマゾン川の主役といえば、川イルカではないでしょうか。ピンク・イルカとも呼ばれます。年齢を重ねるにつれてピンク色が濃くなっていきます。イルカに遭遇するチャンスはたくさんありますが、写真を撮るのは非常に難しいです。泥色に濁った川では、どこにイルカがいるかわからないからです。呼吸のために背中を見せますが、すぐに潜り、次はどこに現れるかわかりません。ボートのエンジン音に誘われて来るので、エンジンの音を時々立てながら、静かにイルカが姿を見せるのを待ちます。
ピンク・イルカは淡水に適応した貴重なイルカです。川に適応したために、海のイルカのように飛び上がることはありません。乾季には水が減るので、飛び上がると川底に激突するからです。なるほど。
この貴重なピンク・イルカと簡単に遭遇できるのは、広いアマゾンでも、ボリビアだけであるでしょう。
16.jpg
ピンク・イルカの尾
ボリビア・アマゾンの適期は、5月~8月頃となります。雨季が終わり、乾季が始まる時期です。雨季と乾季では、川の水位に5~6mの差があります。雨季の冠水期には水浸しの森に野生動物も散ってしまうので、乾季が始まり川幅が狭くなるこの時期が、野生動物を見るのは最適となります。
7.JPG
毛細血管のように南米大陸を覆うアマゾン川は、まさに南米の命の源です。
15.JPG
4.JPG
川岸を見ると水位が下がっていることがわかります。
野鳥の数も多く、朝には多くの鳥を見ることができます。日が暮れてから暗くなり、真っ暗な中、ボートで移動します。ヘッドランプの明かりを川岸に向けると、キラキラと反射する点があります。それらの無数の点は、ワニの眼です。ヘッドランプを消して空を見上げると、ホタルが飛んでいます。
一味違うアマゾンを体験したい方に、ヤクマ自然保護区をお勧めします。
次回は、少し下流(アマゾン全体でみると源流域)での、クラシックな船の旅を紹介します。
14.JPG
9.JPG
6.JPG
8.JPG
11.JPG
17.JPG
5.JPG
12.JPG
13.JPG
カピバラ
10.2.JPG
アマゾンの朝焼け
18.JPG
ピラニア

関連ページ

ボリビア・アンデス高原の首都ラパスを見守る霊峰イリマニ... 世界最高所の首都ラパス ボリビアのアンデス高原、標高約3800mの都市ラパスは、世界最高所の首都として有名です。 すり鉢状の盆地の中心部に向けて、標高が少しでも低く空気の濃い所が人気があるのは、低地に住む我々と異なる特徴の一つでしょう。 2006年の政権交代により、エボ・モラレス大統領...
【ボリビア】ウルトラ・ボリビア・レース... 2014年6月23日~28日、ウルトラ・マラソン「ウルトラ・ボリビア・レース」が開催されます。 ウユニ塩湖をメインに、なんと170Km走る過酷なレースです。標高3700mでは、100m走るだけでも高所順応していないと高山病になってしまう高所です。高所トレーニングも相当必要でしょう。 もし参加ご希望...
「アタカマ高地&ウユニ塩湖、星空と旅」2013年の旅行手配を開始しました。... アタカマ高地の星空 チリ北部~ボリビア・ウユニ塩湖周辺のアタカマ高地のシーズンは、4月中旬以降となります。 チリとボリビア周辺の国境では、悪路のため雨季の影響を受けるので、大体4月中旬からがシーズンとなります。 チリ北部サンペドロ・デ・アタカマからボリビア国境を越えてウユニ塩湖へ向かうプランや、ウ...
チチカカ湖を望む絶景のロッジ:インカ発祥「太陽の島」... 天空の湖チチカカと“太陽の島” 標高3800mに広がるチチカカ湖は、まるで海のように広大です。インカ時代の雰囲気を今も残す島々が点在するチチカカ湖で、特に有名なのが「太陽の島」でしょう。 兵庫県と同じくらいの面積のチチカカ湖は西半分の6割がペルー領で、東半分の4割がボリビア領です。「太陽の島...
ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景... 乾季・ウユニ塩湖の魅力 乾季のウユニ塩湖は、塩の大平原がどこまでも続く。 欧米人には乾季のウユニ塩湖の方が人気があるのは、どこまでも車で疾走できるからだろう。 乾季らしい晴天の下、塩の平原は眩しいほどに輝いている。 2時間ほどかけて塩湖を横断すると、遠くに島影が見えてくる。 蜃...
刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③... ウユニ塩湖の上でキャンプする、という地の理を活かして 移り変わる時間で変化する「色彩」の変化を楽しみたい 小さな定点観測を決め込み、じっくりとウユニ塩湖に取り組むのも デラックス・キャンパーだからできる特権だ。 黎明から日の出、薄暮から日没、そして満天の星空まで 乾季にはマイナス1...

【エクアドル】ガラパゴス諸島・レジェンド号クルーズのご紹介

ボリビア・アマゾンの魅力②:アマゾン川クルーズ

パタゴニア

関連記事

  1. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  2. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
  3. アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」

    2019.03.11
  4. ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①

    2015.06.20
  5. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  6. 《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ

    2016.11.07
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP