Loading

PHOTO-BLOG

【ボリビア】アマゾン川の源流から

DSCN2536.JPG
いま、ボリビア・アマゾンにいます。やっとマディディ国立公園とヤクマ自然保護区の入口となる、ルレナバケ村に到着しました。非常にワイルドな空港からロッジへ移動し、アマゾン川の支流である広大なベニ川の畔で一休みしていました。明日から、アマゾン川のさらに源流域の奥地へ行きます。

関連ページ

パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態... パタゴニアとアンデス山脈の象徴:コンドル 暴風が吹き荒れる空にコンドルが舞うと、思わず人は立ち止まり、空を見上げてしまう。 どれだけコンドルを見慣れていても、やはり目で追ってしまうほどに、コンドルは悠々と舞う。そのコンドルの姿は我々にとってロマンや憧憬の対象であり、パタゴニアやアンデス山脈のシン...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...
トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア... パタゴニアが日本人のために作った雨具「クラウドリッジ・ジャケット」 パタゴニア社から新作の雨具「クラウドリッジ・ジャケット」が発売されたので早速購入して、山で使用しています。 このジャケットは日本人が主導で開発した、日本の多湿な環境で快適に過ごすことをコンセプトに、日本人に向けに開発され...
アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」... ラクダ科リャマとは リャマは南米大陸のラクダ科の動物で、近縁にアルパカ・ビクーニャ・グアナコがいます。アルパカとともに、インカ帝国以前から数千年に渡り、人とともに暮らしてきました。アルパカが毛を利用されるのに対して、リャマは主に荷物の運搬に利用されています。リャマの毛や皮ももちろん古来より生活...
ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景... 乾季・ウユニ塩湖の魅力 乾季のウユニ塩湖は、塩の大平原がどこまでも続く。 欧米人には乾季のウユニ塩湖の方が人気があるのは、どこまでも車で疾走できるからだろう。 乾季らしい晴天の下、塩の平原は眩しいほどに輝いている。 2時間ほどかけて塩湖を横断すると、遠くに島影が見えてくる。 蜃...
アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ... 南米大陸の秘境・アタカマ高地へ 南米大陸で最も人口の希薄なエリアといえば、パタゴニアとアタカマ高地、そしてアマゾンではないだろうか。 アタカマ高地とはあまり知られていない地名だが、アンデス高原というと少し分かりやすい。北端はボリビア・ウユニ塩湖で、南端は国境を越えてチリ北部のサンペドロ周...

【ペルー】ブランカ山群トレッキングの魅力

【ボリビア】アアゾン川源流域のピンクイルカ <ビデオ>

関連記事

  1. ボリビア・アマゾンの魅力②:アマゾン川クルーズ

    2013.06.26
  2. チチカカ湖を望む絶景のロッジ:インカ発祥「太陽の島」

    2019.01.22
  3. チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

    2015.07.19
  4. 【イベントのご案内】「アンデスが呼んでいる! ボリビアのフォルクローレ・ダンスを…

    2014.12.20
  5. 「アタカマ高地&ウユニ塩湖、星空と旅」2013年の旅行手配を開始しました。

    2012.12.11
  6. ウユニ塩湖を貸切る:キャンピングカー「エアストリーム」滞在

    2018.12.13
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP