Loading

PHOTO-BLOG

【ボリビア】アマゾン川の源流から

DSCN2536.JPG
いま、ボリビア・アマゾンにいます。やっとマディディ国立公園とヤクマ自然保護区の入口となる、ルレナバケ村に到着しました。非常にワイルドな空港からロッジへ移動し、アマゾン川の支流である広大なベニ川の畔で一休みしていました。明日から、アマゾン川のさらに源流域の奥地へ行きます。

関連ページ

ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①... 「ウユニ塩湖を貸し切る」という表現も大袈裟ではないのが、 乾季のみ宿泊できる高級キャンピングカー“デラックス・キャンパー”です。 ガイド、コック、ドライバーなど数名の専属スタッフが同行して、誰もいないウユニ塩湖で優雅にキャンプします。 地平線を望む大塩原での優雅なアドベンチャー生活を、...
【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ... ウユニ塩湖でキャンピングカーに滞在していると、移動時間を全く必要としないのは、とても大きなメリットだ。 フィールドの中で一日過ごしているからだ。乾季ウユニ塩湖ならではの絶景のグランピング体験だ。 たとえば昼食の後に部屋で一休みをしてから、ドアを開ければ(当然のことなのだが)ウユニ塩湖が広...
写真素材の販売/アマナイメージ 写真素材フォトギャラリー/アマナイメージ 「アマナイメージ」で写真素材(作家:松井章)を販売中です。昨年は、カレンダーや雑誌の記事や広告などにご利用いただき、今年はさらに写真素材の販売登録を増やしています。 アマナイメージ:写真素材販売フォトギャラリー「松井章」 南米を中心とした絶...
アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ... 南米大陸の秘境・アタカマ高地へ 南米大陸で最も人口の希薄なエリアといえば、パタゴニアとアタカマ高地、そしてアマゾンではないだろうか。 アタカマ高地とはあまり知られていない地名だが、アンデス高原というと少し分かりやすい。北端はボリビア・ウユニ塩湖で、南端は国境を越えてチリ北部のサンペドロ周...
キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力... ウユニ塩湖の魅力は、地平線まで広がる“大平原”だろう。 できれば、誰もいない場所で、地平線までの広がりをたっぷり感じたいものだ。 ウユニ塩湖の「キャンピング・カー」は、そんな夢を叶えてくれる。 通りがかりのツーリストも現れないウユニ塩湖の奥で、高級な施設とサービスで、気が済むまでウユニ塩湖...
アタカマ高地からウユニ塩湖へ④ いよいよワイルドな国境越え... ラグーナ・コロラダ ラグーナ・ベルデ チリ側・アタカマ高地から、国境を越えてボリビア側・アタカマ高地へ。 標高が一気に上がり、平均で4000mの高原となります。 さらに景色は変わります。 ラグーナ・コロラダはプランクトンが大量に生息することで水の色は赤く、ラグーナ・ベルデは湖水に含まれるミネラル...

【ペルー】ブランカ山群トレッキングの魅力

【ボリビア】アアゾン川源流域のピンクイルカ <ビデオ>

パタゴニア

関連記事

  1. デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

    2015.06.26
  2. 乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景

    2018.01.06
  3. “天空の鏡”雨季のウユニ塩湖

    2012.08.01
  4. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  5. 《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ

    2016.11.07
  6. 【動画】アマゾン・ヤクマ自然保護区のジャングルロッジ

    2015.01.03
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP