Loading

PHOTO-BLOG

ボリビア・アマゾンの魅力②:アマゾン川クルーズ

1.JPG
クラシックなレイナ・デ・エニン号
ボリビア・アマゾンの源流域(マモリ川)では、クルーズ船に乗ることもできます。はるか大西洋まで、まだ約3,000キロありますが、この付近では川幅は約500mほどありました。実際に測ってみたので、正確です。。。
2.JPG
クルーズといっても、非常にクラシックな船です。アドベンチャーをする気分で臨むべき、ワイルトな船旅です。
ペルー、ブラジル、エクアドルなど各国のアマゾンで、クルーズ船は一つのトレンドとして販売されています。居心地の良いホテルのような船でのアマゾン川クルーズも良いでしょう。
しかし、せっかくのアマゾン川ですので、クラシックな船で旅をすると、より味わい深い旅になるともいえます。ちょっと不便もありますが、アマゾンですし、それも楽しんでいただきたいところです。
まるで、映画「モーター・サイクル・ダイアリー」で、チェ・ゲバラが乗船しているような船です。アマゾンの自然に触れ合うには、そのような船の方が、楽しめると私は思います。
3.JPG
船を建造したレンコ氏
この船、「レイナ・デ・エニン号」が建造されたのは、約30年前です。建造したのは、上の写真のレンコさんです。オランダ人の彼は、アマゾン川を放浪していた時に、この船の建造を思いついたそうです。船の知識も建築の知識もない彼は、ブラジル国境までアマゾン川を下り資材を集め、一人で作り始めたのがこの船の歴史の始まりです。船の歴史は彼自身の歴史とも重なります。艱難辛苦で建造して、改築を重ね現在に至ります。今でも、ボリビア・アマゾンで航行するクルーズ船は、彼の船だけです。現在は共同出資者もあり、安定した経営を達成しています。欧米人の開拓精神には恐れ入るばかりです。
船を建造する時に抱いていたイメージは、ミシシッピ川の外輪船であるそうです。レンコさん自身のオリジナルなデザインの船ですので、世界で一隻だけの貴重な船です。私としては、「ハウルの動く城」をイメージしました。
19.JPG
何艘かのボートを引きづって搬送していますので、アクティビティの時には、クルーズ船の後部からボートに乗り移ります。クルーズ船は動いたままで、ボートに乗り移るときもあります。
20.JPG
18.JPG
17.JPG
操舵室。出入り自由なのが、南米的です。
16.JPG
船にはゆっくりと過ごすスペースもありますが、いろいろとアクティビティがありますので、意外にのんびりする余裕はありません。アクティビティの種類はいろいろあり、その時の天候や水量、乗船客の構成から判断して、船に乗っているガイドがご案内します。アクティビティの固定したスケジュ-ルは決まってなく、どこで何をするかは風(ガイド)任せな時もあります。
15.JPG
寝室。発電機が動いている時間帯には、シャワーは温水もでます。
21.jpg
ヤクマ自然保護区に較べて、野生動物を見る機会は少ないですが、ピンクイルカは割と多くいます。こちらの川の方が、少し人懐こいようで、ボートに近寄ってきたりします。
7.JPG
ジャングルを乗馬する。初心者の方には気立てのよい馬を用意してくれます。先住民の方がサポートしてくれるので、安心です。
4.JPG
馬を所有する先住民のご家族
5.JPG
ヤクマ自然保護区に較べて川幅が広いので、空が広いです。アマゾン川に沈む夕焼け、そして朝の日の出は、とても美しい瞬間です。
6.JPG
8.JPG
9.JPG
10.JPG
空ばかりを見るような旅です。
11.JPG
12.JPG
突然、強い風が吹き始めてスコールが降ることもあります。
13.JPG
14.JPG

関連ページ

パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態... パタゴニアとアンデス山脈の象徴:コンドル 暴風が吹き荒れる空にコンドルが舞うと、思わず人は立ち止まり、空を見上げてしまう。 どれだけコンドルを見慣れていても、やはり目で追ってしまうほどに、コンドルは悠々と舞う。そのコンドルの姿は我々にとってロマンや憧憬の対象であり、パタゴニアやアンデス山脈のシン...
ボリビア・レアル山群のソラタ村とイヤンプー峰... ボリビア「帝王の山脈」:レアル山群 ボリビアの高原地帯アルティプラーノとアマゾンの間、東西にボリビア仕切る屏風のようにレアル山群の山々がずらりと並びます。 そのレアル山群の山中で、山脈を望む絶景のソラタ村を目指します。 レアル山群は、「インカの王様の山脈」=帝王の山脈という意味です。 ...
雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」 “天空の鏡”と言われる「雨季のウユニ塩湖」は、来シーズンも既に非常に混んでいます。 ウユニ町から、車で40分ほどの距離にある「塩のホテル」は全部で3軒のみです。 12月~4月は非常に混んでいるので部屋を確保するには、なるべくお早目の予約をお勧めします。 憧れのウユニ塩湖の「塩のホテル」で、たっぷり...
写真素材の販売/アマナイメージ 写真素材フォトギャラリー/アマナイメージ 「アマナイメージ」で写真素材(作家:松井章)を販売中です。昨年は、カレンダーや雑誌の記事や広告などにご利用いただき、今年はさらに写真素材の販売登録を増やしています。 アマナイメージ:写真素材販売フォトギャラリー「松井章」 南米を中心とした絶...
アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽... アンデスの先住民の女性は、独特の帽子(山高帽)を被っている。 地域によってデザインは大きく異なってくるので、いろいろな帽子を眼にすることだろう。 南米アンデス高地を旅する時には、女性が被る帽子も写真に収めたいものだ。 アンデス系民族のケチュア族とアイマラ族は、南米に広くペルー・...
刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③... ウユニ塩湖の上でキャンプする、という地の理を活かして 移り変わる時間で変化する「色彩」の変化を楽しみたい 小さな定点観測を決め込み、じっくりとウユニ塩湖に取り組むのも デラックス・キャンパーだからできる特権だ。 黎明から日の出、薄暮から日没、そして満天の星空まで 乾季にはマイナス1...

ボリビア・アマゾンの魅力①:「ヤクマ自然保護区にて」

パタゴニアの民俗史③ 大開拓時代の到来

関連記事

  1. 雨季・ウユニ塩湖:“天空の鏡”のベストシーズン到来

    2018.11.05
  2. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」

    2013.04.10
  3. ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

    2015.06.29
  4. アタカマ高地からウユニ塩湖へ④ いよいよワイルドな国境越え

    2012.06.09
  5. ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族

    2016.09.28
  6. 乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ

    2015.03.10
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP