Loading

PHOTO-BLOG

【ペルー】豪華小型客船で行く「アマゾン川クルーズ」

sign amazon3.png
新しいご案内ページをアップしました。
ペルーのアマゾン川を豪華小型客船で旅するアマゾン・クルーズです。
イキトス発着で4,5,8日間とご予定に合わせた日程を組むことが可能です。
アマゾン上流部に位置するペルーでは、貴重な野生動物を割と簡単に観察可能です。
猿をはじめ、トウカンなどの色鮮やかな野鳥など、下船して子船でアドベンチャーをしたり、ピラニア釣りをしたり、ハイキングをして先住民の集落を訪問したりと、内容も豊富なツアーです。
少人数限定の船ですが、専属ガイドも数名います。ラグジュアリーな内装とデッキで休み、アマゾンの夕焼けを望むのも贅沢ですね。
ご興味のある方は、弊社WEBの下記URLをご確認ください。
URLhttps://www.andina-travel.com/cn22/amazoncruises.html
AQUA AMAZON DECK.jpg
Toucan.jpg
トウカン
8.JPG

関連ページ

《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン... 標高差約2000mの大氷壁の名峰ワンツァン(6394m) ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)の山々は、赤道直下で発達する“熱帯氷河”を抱く氷雪峰の一大山群だ。 広大な山域は真っ白な氷河に一面覆われていることから、「白い山脈=ブランカ山群」と呼ばれるようになった。 年々、氷河...
ペルー・ナスカの地上絵と砂漠の絶景... ナスカの地上絵の歴史と発見 ナスカの地上絵は世界で最も乾燥した大地に描かれた巨大な絵です。なぜ・誰のために描かれたのか今なお謎に包まれた地上絵は、ペルーで必ず訪れたい場所の一つでしょう。 上空から双発機で望む遊覧飛行では、想像以上に間近に地上絵をよく見ることができます。それぞれの絵をよく見る...
ペルー・マチュピチュ遺跡:2019年からの入場制限... マチュピチュ遺跡の入場制限 マチュピチュ遺跡では、今年7月より遺跡の最大滞在時間(最大4時間)が決められ、入場にはガイド同行が義務付けられました。来年2019年1月からはさらに新しい入場制限が付加適用されることになります。 2019年1月からの新規定により、最大滞在時間の4時間は厳格化さ...
【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日... ペルー・アマゾンの夕日 ほぼ赤道直下のアマゾンでは、年間を通してほぼ同じ時刻、日の出は6時、日没は18時頃です。 パタゴニアやアラスカのような緯度の高い極地の朝日や夕日は、ときに何時間もかけてじわじわと変化していきます。 それに比べると、赤道直下の朝日や夕日はとても短く、しかし一瞬に燃...
【ペルー・アンデス】「ブランカ山群トレッキング」シーズン、あとわずか!... ウニオン峠から望むタウリラフ 南米の中で最も山岳展望の素晴らしい地域の一つ、ペルー・アンデスのブランカ山群のトレッキング・シーズンは、10月頃までとなります。 5,000~6,000m峰が集中する「ブランカ山群」の縦走トレッキングは、“ヒマラヤひだ”ならぬ“アンデスひだ”の山々を望める抜群の展望ト...
《ペルー》もう一つのインカトレイル:サルカンタイ・トレッキング... 大迫力の山岳展望:サルカンタイ・トレッキング ペルー・マチュピチュ遺跡へ歩くインカトレイルは有名ですが、他にもマチュピチュへ向かうルートはいくつかあります。 その一つとして近年とても欧米人に人気があるのが「サルカンタイ・トレイル」です。 このトレイルは、マチュピチュ周辺の険しい渓谷が連...

【ウユニ塩湖・塩のホテル】年末年始の残室状況

BS朝日で放映「5つ星☆小型客船で巡る!秘境アマゾン冒険クルーズ」

パタゴニア

関連記事

  1. アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ」:リニューアル運行

    2017.05.11
  2. マチュピチュ遺跡のシンボル:ワイナピチュ登頂ハイキング

    2015.03.11
  3. 【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏

    2018.12.01
  4. 中南米グルメ・ブログ 「ラテンの台所」

    2015.11.17
  5. 「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ

    2017.11.04
  6. アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

    2015.08.09
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP