Loading

PHOTO-BLOG

【ペルー】豪華小型客船で行く「アマゾン川クルーズ」

sign amazon3.png
新しいご案内ページをアップしました。
ペルーのアマゾン川を豪華小型客船で旅するアマゾン・クルーズです。
イキトス発着で4,5,8日間とご予定に合わせた日程を組むことが可能です。
アマゾン上流部に位置するペルーでは、貴重な野生動物を割と簡単に観察可能です。
猿をはじめ、トウカンなどの色鮮やかな野鳥など、下船して子船でアドベンチャーをしたり、ピラニア釣りをしたり、ハイキングをして先住民の集落を訪問したりと、内容も豊富なツアーです。
少人数限定の船ですが、専属ガイドも数名います。ラグジュアリーな内装とデッキで休み、アマゾンの夕焼けを望むのも贅沢ですね。
ご興味のある方は、弊社WEBの下記URLをご確認ください。
URLhttps://www.andina-travel.com/cn22/amazoncruises.html
AQUA AMAZON DECK.jpg
Toucan.jpg
トウカン
8.JPG

関連ページ

マチュピチュ遺跡へ歩く:インカトレイル・トレッキング... 世界的な人気を誇るトレッキング・ルート:インカトレイル インカ時代の古道を歩き、マチュピチュ遺跡へ3泊4日のテント泊トレッキングで目指す「インカトレイル・トレッキング」は世界的に人気のコースです。 欧米では、世界で最も歩きたいトレッキング・コースの一つとして必ず挙げられるほどに有名なルートで...
ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村... アンデスの農作業は、ほとんどが手作業だ。 鍬で土を掘り返したり、トウモロコシの皮を剥く作業を少しだけ手伝ったが、大変な重労働であった。 わずかでも、その土地の土や植物に触れあうと、見える世界も少し変わる気がした。 ミスミナイ村では、ハイキング、織物体験、農業体験、ホームステイ、乗馬体験...
【ペルー】山岳展望も楽しむ「インカ・トレイル」... マチュピチュへ3泊4日で歩く「インカトレイル」の魅力は、スペイン人の影響を受けなかった唯一の道を歩く事です。インカ文明の核心部へと続く、この区間がスペイン人に発見されなかったのは、一種の奇跡です。そこには、中規模の遺跡が点在しています。マチュピチュが近づくにつれて精巧になっていくインカ道を直に歩く...
ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景... ケチュア族の生活を見学するために、ミスミナイ村へ。 クスコとウルバンバ谷の中間にあるので、アクセスがとても良い。 村に着くと、入口で村人が迎えてくれる。 笛と太鼓の音を通して、ケチュア族の別世界へ引き込まれる。 ケチュア語とスペイン語の混じる村人の案内は、日本語ガイドのセルヒオが細か...
2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近... マチュピチュへ、インカの古道を歩く 「インカトレイル」の入山許可証の確保は、年々厳しさを増しています。 世界中のトレッカーの注目を浴びていますが、入山制限の条件は同じなので、今では4ヶ月前には完売してしまうような状況です。 2015年のインカトレイル入山許可証は、一月中旬に開始する予定です...
山岳写真・撮影旅行8~10日間: モデル①ペルー・ブランカ山群... アンデスの写真撮影をテーマに旅をする。 それは決して特別な事ではなく、道路網の発達した「ペルー・ブランカ山群」であれば、重い機材を担いで歩く必要もなく、誰もが写真撮影を楽しめます。 弊社では、ワラスをベースにしたサポート体制の基、高山病の安全管理ができる専属山岳ガイド(英語)がツアーを運行し...

【ウユニ塩湖・塩のホテル】年末年始の残室状況

BS朝日で放映「5つ星☆小型客船で巡る!秘境アマゾン冒険クルーズ」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空

    2017.06.10
  2. インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

    2018.01.09
  3. ペルー料理:アンデスの山の幸「ルピナスのセビーチェ」

    2017.11.28
  4. インカ族の芸術品:織物と染料の文化

    2010.08.09
  5. ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイの朝日・夕日を定点観測

    2016.11.02
  6. ペルー料理の原点:インカの聖なる料理「パチャマンカ」①

    2016.06.11
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP