Loading

PHOTO-BLOG

【ウユニ塩湖・塩のホテル】年末年始の残室状況

hotel.jpg
年末年始のウユニ塩湖の「塩のホテル」は、すでに激しく混み合っています。1年で最も混む時期とも言えます。
1/2、3の2日間に関しては、早い者勝ちとなりますが、「Palacio del Sal」で、現在わずかながら残室があります。
もしご希望の方がいらしたら、お早目にご連絡ください。
IMG_9683.jpg
Hotel Palacio dl Sal
FOTOGRAFÍA (74).jpg

関連ページ

アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ... 早朝の夜明け前、気温はマイナス10度まで下がる。 朝は車内でも完全防備だが、陽が昇ると、車内の気温はぐんぐん上がっていく。 これほど太陽の偉大さを感じることはないだろう。 今日も砂漠を移動するが、同じ砂漠なのに景色は違う 次にどんな景色が待っているのか、常にわくわくできる ラグーナ...
アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ... リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう 大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。 チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。 2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通...
ボリビア・チチカカ湖「太陽の島」:絶景のロッジで望む朝日・夕日・星空... ボリビア・チチカカ湖:インカ文明の発祥の「太陽の島」 インカ文明の発祥の地「太陽の島」から望む、アンデス山脈の展望は忘れることのない絶景だった。 標高3,800mのチチカカ湖は、東京・埼玉・神奈川を合わせた面積とほぼ同じなほど巨大で、半分はペルー、半分はボリビアになる。 古来から利...
“天空の鏡”雨季のウユニ塩湖 雨季のウユニ塩湖のベスト・シーズンは、12月下旬~3月までです。まだ8月ですが、すでにウユニ塩湖の「塩のホテル」は、満室の日も続出しています。ラパスからの国内線も一日1便だけの小型機が就航しているだけですので、国内線の確保も早ければ早いほど良いです。 天空の鏡とも形容されるウユニ塩湖。4WDで疾走...
ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)... 塩の大平原:乾季のウユニ塩湖 乾季のウユニ塩湖では、無限にも広がる塩の大平原を疾走するのが大きな魅力だ。 真っ白な大塩原に凹凸は無く、遠くに見える対岸の山を目印に、車は延々と1時間も2時間も進む。 まるでこの世とは思えないような「白」と青空の「青」だけの世界は、私たちの文明世界とは完全...
ボリビア・アマゾン:木造船レイナ・デ・エニン号クルーズ... アマゾンといえば、ブラジルのイメージがありますが、ペルーやボリビアにも、アマゾンはあります。 アンデス山脈から一気に標高が下がり、アマゾンへと変わります。たとえば、ラパスからアマゾンに向う飛行機に乗ると、いかに急激に地形が変わるかが分かります。標高約4000mのラパス空港から、たった40分ほど...

水辺にて

【ペルー】豪華小型客船で行く「アマゾン川クルーズ」

関連記事

  1. 刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

    2015.06.23
  2. “天空の鏡”雨季のウユニ塩湖

    2012.08.01
  3. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  4. 【ボリビア】ウルトラ・ボリビア・レース

    2013.07.12
  5. ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没

    2016.01.26
  6. アタカマ高地からウユニ塩湖へ④ いよいよワイルドな国境越え

    2012.06.09
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP