Loading

PHOTO-BLOG

ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥

1.JPG

セロトーレを背に、再び氷原へ

パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無限の氷原に見えますが、実際に歩いてみれば四方の氷河の源流として地形は常に変わり、凹凸もあることがわかります。
セロトーレ周辺の大陸氷床は、ビエドマ氷河の源です。源流部の氷原は、文字通りの雪原が延々と続き、ビエドマ氷河として、ビエドマ湖まで下ります。この斜面は、中流部まではゆるやかにビエドマ湖に傾き、下流になるほどに角度はきつく、氷は激しく流れていきます。
歩いていると、氷原の様子が徐々に変わっていくのがわかります。源流部の穏やかで広い雪原は、徐々に固い氷へと変わり、クレバスの数が増えていきます。雪原は氷原へと変わります。
歩くほどに氷原の地形はクレバスで厳しくなり、とうとう大陸氷床から陸へ上陸します。氷河沿いのモレーンを、ビエドマ氷河の末端を目指して歩きます。
氷河源流部から末端へ、氷河の生涯を追うような道のりです。
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG
パタゴニア南部氷床トレッキング(Patagonia Icefield Trekking)
※パタゴニアならではの風と天候の影響も大きく受ける、非常にハードなトレッキングです。参加できる方は、経験に応じて限られます。
●弊社URL:https://www.andina-travel.com/patagonia.html

関連ページ

フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①... ある晴れた秋の日に、チャルテンの裏山にハイキングへ向かう。 チャルテンの天気予報は精度が高く、1時間ごとにピンポイントで予報される。 もちろんパタゴニアの天気を事前に当てるにも限界はあるが、その正確さには驚くばかりだ。 チャルテンの住民にとって、この天気予報は毎日の生活に密着した存在に...
マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷河に磨き上げられた花崗岩は、登山靴でも滑ってしまうほどにツルツルになっている この硬い岩盤が削られたのは、いったい何万年前の出来事なのだろうか そして、これだけの高さまで氷河におおわれていたとしたら、かつての大陸氷床の規模はどれほどであったのか 花崗...
【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア... フィッツロイの展望は近いほどに迫力があるのだが、遠望には遠望の魅力がある セロトーレとフィッツロイの両方を望むために、山麓から少し離れた草原で、じっくりと朝焼けを望むのも至福の瞬間だ。 ...
「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲... かつて先住民に「煙を吐く山」という意味で、フィッツロイは“チャルテン”と呼ばれていました。そして、大航海時代に訪れたヨーロッパ人も、フィッツロイを活火山と考える時代が長く続きました。 晴れていたフィッツロイの山頂部に小さく湧いた雲は、いつまでも消えず徐々に大きくなり、フィッツロイを覆っていくこ...
パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日 緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。 真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか 緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に...

セロトーレ直下の氷上キャンプ:パタゴニア南部氷原⑤

ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

    2015.05.26
  2. パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

    2015.05.09
  3. パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

    2015.04.18
  4. 【アルゼンチン・パタゴニア】クリスティーナ牧場で、急速に後退するウプサラ氷河を望…

    2012.09.14
  5. 目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

    2018.03.23
  6. ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議

    2015.04.19
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP