Loading

PHOTO-BLOG

チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け

7.jpg
6.jpg
日の出の少し前、チチカカ湖と空は、朝焼けで橙色に染まった。
ラパスの方角には、遠くイリマニ山が見える。
逆光に浮き立つレアル山群のシルエットも、夕焼けとは違う美しさだ。
村人の一日は早くも始まっているようだ。
クワを持った人や、学校に行くのか子供達も通り過ぎて行く。
荷物は馬に預けて、ロッジを出発する。
島の人の生活風景を横目に、船着き場まで歩いて下りる。
長い歴史を感じさせる石の階段を下りて行くと、途中に泉がある。
プレ・インカの時代より、今も村人に使われている、とても古い泉だ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
0.jpg

関連ページ

《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ... 霊峰イリマニとボリビアの首都ラパス 首都ラパス(3800m)を見守るように鎮座するイリマニ山は、太陽神インティの象徴として、古くから先住民に信仰の対象として敬われる霊峰です。 市内の展望台からは、市街地の上に屹立するイリマニ山の迫力ある景色を望めます。 単独峰で、どっしりとした存在...
チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景... 車道の無い“太陽の島”では、高台のロッジまで歩いて登ることになる。 重い荷物は全て馬に預けて、少し遠回りをして、チチカカ湖とアンデス山脈の展望を楽しみながら歩く。 島の斜面は、一面が段々畑(アンデネス)だ。畑は古い石垣に細かく仕切られている。歩いている道も古代からの生活道なので、島全体が...
ボリビア・ティワナク遺跡と先インカ時代の謎... 大草原に埋もれた謎のティワナク遺跡 ボリビアの首都ラパスから約70kmほど離れた「ティワナク遺跡」は、チチカカ湖を遠くに望む大草原アルティプラーノに位置します。青い空はまるで天蓋の如く地上に覆い被さるようで、息苦しさを感じるほどに大空が存在を主張しています。このアンデス高原“アルティプラーノ”...
満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」... 夜の暗闇が訪れると、チチカカ湖の夜空は満点の星空だった。 東の空に“天の川”が現れると、宿の庭に三脚を据えて、じっくりと星空に向き合う。 その前の夕食時に、ボリビア産の“Aranjuez”というワインをいただいたので、3杯ほど飲んでいた。高所なので酔いの回りが早く、おかげで星空撮影の時に...
ボリビア・アンデス高原の首都ラパスを見守る霊峰イリマニ... 世界最高所の首都ラパス ボリビアのアンデス高原、標高約3800mの都市ラパスは、世界最高所の首都として有名です。 すり鉢状の盆地の中心部に向けて、標高が少しでも低く空気の濃い所が人気があるのは、低地に住む我々と異なる特徴の一つでしょう。 2006年の政権交代により、エボ・モラレス大統領...
ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景... 市街のどこからも望める霊峰イリマニ山は、ラパスのシンボルのような山だ アンデス山脈の支脈・レアル山群の東端に位置する単独峰で、“イリマニ”は先住民アイマラ族の言葉で「黄金のコンドル」を意味する。 イリマニ山を背後に配して、ラパス市街の写真を撮りたかった。 旧市街の細い路地を辿り、展望台へ向...

満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」

チチカカ湖「太陽の島」に広がる古代の段々畑

関連記事

  1. ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ

    2015.06.30
  2. 【動画】アマゾン・ヤクマ自然保護区のジャングルロッジ

    2015.01.03
  3. 宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

    2015.06.21
  4. チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

    2015.07.19
  5. デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

    2015.06.26
  6. 世界最高所の首都ラパスの絶景の秘密(ボリビア)

    2017.04.08
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP