Loading

PHOTO-BLOG

チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け

7.jpg
6.jpg
日の出の少し前、チチカカ湖と空は、朝焼けで橙色に染まった。
ラパスの方角には、遠くイリマニ山が見える。
逆光に浮き立つレアル山群のシルエットも、夕焼けとは違う美しさだ。
村人の一日は早くも始まっているようだ。
クワを持った人や、学校に行くのか子供達も通り過ぎて行く。
荷物は馬に預けて、ロッジを出発する。
島の人の生活風景を横目に、船着き場まで歩いて下りる。
長い歴史を感じさせる石の階段を下りて行くと、途中に泉がある。
プレ・インカの時代より、今も村人に使われている、とても古い泉だ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
0.jpg

関連ページ

アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて... 「太陽の島」は、インカ帝国発祥の地と言われる聖なる島だ。 周囲のチチカカ湖沿岸には、プレ・インカ時代からの古い遺跡が多く集中する。アンデス古代文明にとって、チチカカ湖はひとつの核心部であるのだろう。 湖岸のコパカバーナから、ボートで約1時間かけて「太陽の島」へ。 チチカカ湖とアンデス山脈を...
チチカカ湖の巡礼の聖地:コパカバーナ... “太陽の島”への基点となるのは、湖岸の町・コパカバーナだ。 リオ・デ・ジャネイロのビーチと同じ名前だが、オリジナルはこちらボリビアのコパカバーナが本元となる。 コパカバーナの聖母は南米のカトリックでは有力で、この聖母を記念してリオに建てた事から、リオのビーチはコパカバーナと呼ばれるように...
ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族... アンデス山脈の小さな村・ソラタ ボリビア・レアル山群のソラタ村は、急激に変化するボリビアの中で、ほとんどその景色を変えることのない素朴な村です。 小さな中央広場も町並みも、20年前とほとんど変わっていないような気がするほどです。 巨大な高原アルティプラーノの端から、アマゾンへと切れ落ちるて...
ボリビア・チチカカ湖「太陽の島」:絶景のロッジで望む朝日・夕日・星空... ボリビア・チチカカ湖:インカ文明の発祥の「太陽の島」 インカ文明の発祥の地「太陽の島」から望む、アンデス山脈の展望は忘れることのない絶景だった。 標高3,800mのチチカカ湖は、東京・埼玉・神奈川を合わせた面積とほぼ同じなほど巨大で、半分はペルー、半分はボリビアになる。 古来から利...
《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ... 霊峰イリマニとボリビアの首都ラパス 首都ラパス(3800m)を見守るように鎮座するイリマニ山は、太陽神インティの象徴として、古くから先住民に信仰の対象として敬われる霊峰です。 市内の展望台からは、市街地の上に屹立するイリマニ山の迫力ある景色を望めます。 単独峰で、どっしりとした存在...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...

満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」

チチカカ湖「太陽の島」に広がる古代の段々畑

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 「アタカマ高地&ウユニ塩湖、星空と旅」2013年の旅行手配を開始しました。

    2012.12.11
  2. インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

    2018.01.09
  3. ボリビア・アマゾン:木造船レイナ・デ・エニン号クルーズ

    2014.02.21
  4. ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景

    2018.01.13
  5. 【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ

    2015.11.07
  6. 雨季・ウユニ塩湖:“天空の鏡”のベストシーズン到来

    2018.11.05
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP