Loading

PHOTO-BLOG

《ペルー》もう一つのインカトレイル:サルカンタイ・トレッキング

大迫力の山岳展望:サルカンタイ・トレッキング

ペルー・マチュピチュ遺跡へ歩くインカトレイルは有名ですが、他にもマチュピチュへ向かうルートはいくつかあります。
その一つとして近年とても欧米人に人気があるのが「サルカンタイ・トレイル」です。

このトレイルは、マチュピチュ周辺の険しい渓谷が連なるビルカバンバ山群の最高峰・サルカンタイ(6271m)をぐるりと半周するルートです。

サルカンタイ峰は、ビルカバンバ山群の最高峰として壮大な氷雪を湛える巨大な山塊です。トレッキングでは、サルカンタイ峰の直下に迫り、大迫力の展望ルートを歩きます。
前半はサルカンタイ峰を望みながら、標高の高いアンデスらしい草原を歩きます。森林限界を越えていますので、視界を遮るものがない草原で雪山を望みます。3500~4500mのアンデス高原の典型的な風景です。

トレッキング中盤以降は、標高を下げて、温帯雨林へと入っていきます。樹上に咲くランを始め、多くの花や野鳥などを観察しながら深い森を歩きます。アンデスの高原から温帯雨林へのダイナミックな展望と自然の変化が、このトレッキングの魅力なのです。

霊峰サルカンタイとインカ古道

これらの森は、サルカンタイ峰の氷河から流れ出す水に養われています。豊かな森の源が氷雪峰にあることを、インカ文明以前のさらに昔に人々は気づき、氷雪峰を「アプー」と呼び崇めました。アプーとは「精霊」という意味です。
そして、サルカンタイ峰は「アプー・サルカンタイ」と呼ばれ、今でも地元の人々にとって霊峰として崇められる存在です。

霊峰サルカンタイを展望する迫力のルートは、古代インカの人々が歩いたインカ古道でもあります。サルカンタイ・トレイルがもう一つのインカトレイルと呼ばれる所以です。インカトレイルのように遺跡があるわけではありませんが、道中の道は古代から受け継がれたインカ道なのです。

トレッキング最終日には、森の高台から、マチュピチュ遺跡を遠望できるでしょう。
トレッキングはマチュピチュ遺跡を遠望した後で、谷に降りて、マチュピチュ村がゴールとなります。マチュピチュ遺跡には、翌日にシャトルバスで行き、遺跡観光を行います。できれば、この時にはマチュピチュ遺跡のシンボル、ワイナピチュ峰にも登りたいところです。

モデルプラン:テント泊縦走 サルカンタイ・トレッキング

1日目:深夜、リマ着
2日目:午前、クスコ着。「クスコ市内観光とサクサイワマン遺跡」。クスコ泊
3日目:【サルカンタイ・トレッキング 1日目】
トレッキング・ガイドとともに、トレイル出発点(3650m)へ。
サルカンタイ峰やウマンタイ峰を望みながら、大草原のキャンプ(4200m)へ。(徒歩約6時間・11km)
テント泊

4日目:【サルカンタイ・トレッキング 2日目】
トレッキングで最も大展望のサルカンタイ峠(4638m)を越えて、サルカンタイ山麓のキャンプ(2890m)へ。(徒歩約9時間・17km)
テント泊

5日目:【サルカンタイ・トレッキング 3日目】
さらに標高を下げて、温帯雨林の中を歩きます。キャンプ(2135m)へ。(徒歩約8時間・15km)
テント泊

6日目:【サルカンタイ・トレッキング 4日目】
トレッキング最終日は、リャクタパタ峠から、マチュピチュ遺跡を遠望します。サルカンタイ・トレイルを歩く人だけが見る展望です。谷底に降りて鉄道に乗り換え、マチュピチュ村へ。(徒歩約5時間・8km)
ホテル泊

7日目:「マチュピチュ遺跡観光と、ワイナピチュ登頂ハイキング」
ガイドと、シャトルバスでマチュピチュ遺跡へ。
「マチュピチュ遺跡観光と、ワイナピチュ登頂ハイキング」
昼食後、マチュピチュ遺跡から、マチュピチュ村へ下山。
鉄道でウルバンバ谷のオリャンタイタンボへ。
専用車に乗り換えて、クスコ空港へ。
国内線でリマへ(または、日程に余裕のある方は、クスコ泊がお勧めです)

関連ページ

マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ... 早朝、まだマチュピチュ村からシャトルバスが大量に来ない時間帯、マチュピチュ遺跡はとても静かだ。 マチュピチュ遺跡では、石切場が好きだ。 今では遺跡のいたる所がロープで区切られて立ち入り禁止になり、監視員が目を光らせている。だから、マチュピチュをじっくりと時間をかけて見れる場所は意外に少な...
マチュピチュ遺跡とインカトレイルを堪能するペルー旅行『 7つのポイント』... 峻険な渓谷を見下ろす、天空の遺跡マチュピチュとは 峻険な岩山の尾根を覆うように建設されているマチュピチュ遺跡は、コンドルのように空から見なければ発見することができない、まさに“空中都市”です。 “空中都市”マチュピチュがハイラムビンガムに発見されたのは1911年でした。 その発端は、付...
インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く... トレッキング2日目:一番の難所・ワルミワニュスカ峠へ インカトレイル2日目は、ワルミワニュスカ峠(4200m)を越えるインカトレイル一番の難所です。 2日目をうまく乗り切れば、3日目以降は割と簡単に歩けるので、インカトレイルで最も気を付けて乗り越えるべき日となります。 難所とはいえ、危...
ペルー・インカの古都クスコを満喫する「5つのポイント」... マチュピチュ遺跡への基点:クスコ 標高3400mに位置する、インカ文明の古都クスコは、南米の中で最も魅力のある町の一つです。 丁度良い規模の町にぎっしりと魅力が詰まっているところが、他の中南米の“古都”とは一味違うところでしょう。 マチュピチュ遺跡への通過地点として、クスコを急ぎ足で通...
先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存... アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。 立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。 そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。 ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナ...
ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ... インカトレイルとは ペルー・インカ古道「インカトレイル」は、マチュピチュ遺跡へと続く約30kmの道です。 南米中に張り巡らされたインカ時代の道のなかで、この区間だけがインカ時代から封印されるように、約100年前にハイラムビンガムに発見されるまで、マチュピチュ遺跡とともに密林の中で眠ってい...

モアイの森から草原ハイキング – イースター島最高峰テレバカ山

パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

パタゴニア

関連記事

  1. コロニアル調の白壁と石畳の街を歩く-クスコ-

    2015.07.25
  2. ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間

    2016.09.20
  3. アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族

    2018.05.08
  4. 【ペルー】インカトレイルの季節がやって来る

    2012.11.18
  5. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  6. アラビアの砂漠に辿り着く、中南米のコロニアル建築の原点

    2015.03.19
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP