Loading

PHOTO-BLOG

《ペルー》もう一つのインカトレイル:サルカンタイ・トレッキング

大迫力の山岳展望:サルカンタイ・トレッキング

ペルー・マチュピチュ遺跡へ歩くインカトレイルは有名ですが、他にもマチュピチュへ向かうルートはいくつかあります。
その一つとして近年とても欧米人に人気があるのが「サルカンタイ・トレイル」です。

このトレイルは、マチュピチュ周辺の険しい渓谷が連なるビルカバンバ山群の最高峰・サルカンタイ(6271m)をぐるりと半周するルートです。

サルカンタイ峰は、ビルカバンバ山群の最高峰として壮大な氷雪を湛える巨大な山塊です。トレッキングでは、サルカンタイ峰の直下に迫り、大迫力の展望ルートを歩きます。
前半はサルカンタイ峰を望みながら、標高の高いアンデスらしい草原を歩きます。森林限界を越えていますので、視界を遮るものがない草原で雪山を望みます。3500~4500mのアンデス高原の典型的な風景です。

トレッキング中盤以降は、標高を下げて、温帯雨林へと入っていきます。樹上に咲くランを始め、多くの花や野鳥などを観察しながら深い森を歩きます。アンデスの高原から温帯雨林へのダイナミックな展望と自然の変化が、このトレッキングの魅力なのです。

霊峰サルカンタイとインカ古道

これらの森は、サルカンタイ峰の氷河から流れ出す水に養われています。豊かな森の源が氷雪峰にあることを、インカ文明以前のさらに昔に人々は気づき、氷雪峰を「アプー」と呼び崇めました。アプーとは「精霊」という意味です。
そして、サルカンタイ峰は「アプー・サルカンタイ」と呼ばれ、今でも地元の人々にとって霊峰として崇められる存在です。

霊峰サルカンタイを展望する迫力のルートは、古代インカの人々が歩いたインカ古道でもあります。サルカンタイ・トレイルがもう一つのインカトレイルと呼ばれる所以です。インカトレイルのように遺跡があるわけではありませんが、道中の道は古代から受け継がれたインカ道なのです。

トレッキング最終日には、森の高台から、マチュピチュ遺跡を遠望できるでしょう。
トレッキングはマチュピチュ遺跡を遠望した後で、谷に降りて、マチュピチュ村がゴールとなります。マチュピチュ遺跡には、翌日にシャトルバスで行き、遺跡観光を行います。できれば、この時にはマチュピチュ遺跡のシンボル、ワイナピチュ峰にも登りたいところです。

モデルプラン:テント泊縦走 サルカンタイ・トレッキング

1日目:深夜、リマ着
2日目:午前、クスコ着。「クスコ市内観光とサクサイワマン遺跡」。クスコ泊
3日目:【サルカンタイ・トレッキング 1日目】
トレッキング・ガイドとともに、トレイル出発点(3650m)へ。
サルカンタイ峰やウマンタイ峰を望みながら、大草原のキャンプ(4200m)へ。(徒歩約6時間・11km)
テント泊

4日目:【サルカンタイ・トレッキング 2日目】
トレッキングで最も大展望のサルカンタイ峠(4638m)を越えて、サルカンタイ山麓のキャンプ(2890m)へ。(徒歩約9時間・17km)
テント泊

5日目:【サルカンタイ・トレッキング 3日目】
さらに標高を下げて、温帯雨林の中を歩きます。キャンプ(2135m)へ。(徒歩約8時間・15km)
テント泊

6日目:【サルカンタイ・トレッキング 4日目】
トレッキング最終日は、リャクタパタ峠から、マチュピチュ遺跡を遠望します。サルカンタイ・トレイルを歩く人だけが見る展望です。谷底に降りて鉄道に乗り換え、マチュピチュ村へ。(徒歩約5時間・8km)
ホテル泊

7日目:「マチュピチュ遺跡観光と、ワイナピチュ登頂ハイキング」
ガイドと、シャトルバスでマチュピチュ遺跡へ。
「マチュピチュ遺跡観光と、ワイナピチュ登頂ハイキング」
昼食後、マチュピチュ遺跡から、マチュピチュ村へ下山。
鉄道でウルバンバ谷のオリャンタイタンボへ。
専用車に乗り換えて、クスコ空港へ。
国内線でリマへ(または、日程に余裕のある方は、クスコ泊がお勧めです)

関連ページ

ペルー・インカトレイル:2018年のトレッキング入山許可証... ペルー・インカトレイル入山許可証2018:販売開始 マチュピチュ遺跡へ歩く3泊4日のテント泊トレッキング「インカトレイル」の入山許可証(2018年)が販売開始されました。 入山人数が1日200名に限定されているインカトレイルは、世界中のトレッカーの憧れのルートです。そのために販売開始されると...
マチュピチュ遺跡へ歩く:インカトレイル・トレッキング... 世界的な人気を誇るトレッキング・ルート:インカトレイル インカ時代の古道を歩き、マチュピチュ遺跡へ3泊4日のテント泊トレッキングで目指す「インカトレイル・トレッキング」は世界的に人気のコースです。 欧米では、世界で最も歩きたいトレッキング・コースの一つとして必ず挙げられるほどに有名なルートで...
マチュピチュ遺跡で朝日を待つ-撮影ツアー... マチュピチュの日の出は少し遅い。 周囲はもっと標高の高い山々に囲まれて、マチュピチュは深い谷の中腹に位置するからだ。 早朝の夜明けの後、太陽が東の山の端から顔を出すまでは、少し静かな時間がある。 ひとたび陽光がワイナピチュ峰の山頂を照らすと、遺跡に陽が届くのは早い。 斜光線に照らされ...
マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石... 石組みの精巧さの違いで、その建物の重要度が分かる。 神殿などでは、クスコと同じく、針一本をも通さないほどに見事に組み合わされている。 マチュピチュで、そういった宗教的な施設と見られる場所には、巨石がある。巨石を削ったり、あるいは巨石に一体化するかのように石組みを重ね、元々の地形を尊重して...
ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ... インカトレイルとは ペルー・インカ古道「インカトレイル」は、マチュピチュ遺跡へと続く約30kmの道です。 南米中に張り巡らされたインカ時代の道のなかで、この区間だけがインカ時代から封印されるように、約100年前にハイラムビンガムに発見されるまで、マチュピチュ遺跡とともに密林の中で眠ってい...
ペルー・インカの都クスコを一望する城塞:サクサイワマン遺跡... ピューマの形を模したインカ帝国の都「クスコ」 ペルー・インカ帝国の都「クスコ」は、大地を司る聖なる動物・ピューマの形を模して建設されたと言われます。 インカの王様が住んだ帝国の首都として、南米中に広がるネットワークの中心がクスコであり、情報と物の全てがここに集まりました。 クスコはもと...

モアイの森から草原ハイキング – イースター島最高峰テレバカ山

パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

関連記事

  1. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  2. ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング

    2017.11.11
  3. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  4. 【ペルー】豪華小型客船で行く「アマゾン川クルーズ」

    2013.11.06
  5. 世界のペルー料理:ウルバンバ谷の美食レストラン

    2016.06.22
  6. ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ

    2017.12.11
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP