Loading

PHOTO-BLOG

ギアナ高地の秘境:アウヤンテプイ・トレッキング【往路徒歩・復路ヘリ】

ギアナ高地の秘境:アウヤンテプイ

大陸移動の回転軸であるギアナ高地は、地面が動くことは無く、約20億年とも言われる世界最古の土地です。100以上もあるテーブルマウンテンの山上台地では、太古の生態系が今も残ります。たとえば、跳ぶことのできないカエルは、進化から取り残されたとても古いカエルです。そして、テーブルマウンテンごとに隔絶されているので、そのテーブルマウンテンごとに進化の過程が異なることもギアナ高地の特徴です。
この奇跡のような山上の世界への入口として、ロライマは最もアプローチしやすい山です。

これらのテーブルマウンテンの中で、少し難易度を上げて、アウヤンテプイはいかがでしょうか。
「アウヤンテプイ」は先住民ペモン族の言葉で「悪魔の山」を意味します。その名の通り、山上は荒々しい、時に禍々しく見えるほどに岩塔群が聳える秘境の山です。
ギアナ高地で最も大きなテーブルマウンテンで、その面積は東京23区ほどです。このアウヤンテプイの核心部ともいえる最奥地から、世界最大の滝エンジェルフォールが流れ落ちています。

そして、この山上台地の魅力は、花(ワイルドフラワー)が多いことです。様々な固有種の花が咲くことで、ギアナ高地の中でアウヤンテプイは有名でもあります。

アウヤンテプイへの行き方

アウヤンテプイの山上の世界に行くには、ヘリコプターを使うか、あるいは徒歩で行くかのみです。
ヘリコプターは、かなり遠隔の基点の町から呼ぶので、非常にコストが高いです。しかし、往復徒歩で歩くと非常に時間がかかることから、往路:登り/徒歩、復路:下山/ヘリ利用がお勧めの方法です。

トレッキングの難易度

このトレッキングは、ロライマに比べると難易度が高いです。登りでは、途中でザイルで確保する場所が少しあります。また、山上の台地も岩の亀裂が多いことから、体力の消耗が多いです。

アウヤンテプイのトレッキングは、2名様から手配可能です。できれば、山好きなお仲間同士でグループ登山(3~6名)が料金的にもベストになります。

トレッキング手配はお任せください

山麓のウルイェン村からトレッキングはスタートします。トレッキングでは、トレッキング・ガイド、ポーターがチームで動きます。

テント、マット、寝袋、全食料、トイレ・テントは、全て現地で用意しています。運搬もポーターが行いますので、参加者は、自分のその日に必要な荷物だけを担いで歩くことになります。ポーターは、キャンプで使用する椅子やテーブルなどの共同装備も運びます。

トレッキング・ガイドが衛星携帯電話にて現地オフィスとの連絡も行うので、安全管理もお任せください。

モデルプラン:アウヤンテプイ・トレッキング【往路徒歩・復路ヘリ利用】

1日目:カラカス→プエルトオルダス
カラカス着後、国内線でプエルト・オルダスへ。
ホテル泊

2日目:プエルトオルダス→ウルイェン村
セスナ(または双発機)に乗り換えて、アウヤンテプイの南麓、ウルイェン村(500m)へ。
テント泊

3日目:ウルイェン→山麓キャンプ
《トレッキング:1日目》
数回の渡渉を経て、一段目の台地にあるキャンプ(1100m)へ。(8.9km・標高差+497m・徒歩約5時間)
テント泊

4日目:山麓キャンプ→ベース・キャンプ
《トレッキング:2日目》
2段目の台地へ登り、徐々に樹林帯を抜けながら、アウヤンテプイの岸壁の岩屋、ベース・キャンプ(1841m)へ。(10.9km・+830m・徒歩約8時間)
テント泊

5日目:ベース・キャンプ→頂上台地→山上キャンプ①
《トレッキング:3日目》
岩の割れ目を縫うように、最も急な斜面(ロープ数ヶ所)を登り、頂上台地の山上キャンプ①(2100m)へ。(2.4km・+553m・徒歩約4時間)
テント泊

6日目:山上キャンプ①→山上キャンプ②
《トレッキング:4日目》
頂上台地を北上。北上して、山上キャンプ②(1600m)へ。(10km・-421m・徒歩約5時間)
テント泊

7日目:山上キャンプ②滞在
《トレッキング:5日目》
アウヤンテプイの絶壁を望む展望台を往復します。(徒歩約6時間)
テント泊

8日目:山上キャンプ②→カナイマ
ヘリコプターで、アウヤンテプイの北、カナイマ・ラグーンへ下山。
天候が良ければ、エンジェルフォール展望台の絶壁で着陸もします。
午後、フリータイム
ホテル泊

9日目:カナイマ滞在
【ヘリコプター・フライト予備日】
オプショナル:「終日エンジェルフォール観光(ボート)」

10日目:カナイマ→プエルトオルダス→カラカス
オプショナル:「エンジェルフォール遊覧飛行」。
昼、セスナ機(又は双発機)で、プエルト・オルダスへ。
国内線に乗り換え、夕刻カラカス着。

11日目:カラカス発
12日目:経由地
13日目:日本着

ギアナ高地:専用ページ

エリア紹介:ギアナ高地(ベネズエラ)

関連ページ

ギアナ高地旅行の秘訣:エンジェルフォールとロライマ... <エンジェルフォール直下の山小屋で朝を迎える。> ギアナ高地の旅行では、目的地は大きく2つの場所に分かれます。 一つ目は、エンジェルフォールです。エンジェルフォールは、カラカスからのアクセスも割と良いので、日本発着で8日間ほどが目安となります。途中の経由地からは、セスナ機(又は中型機)を利用...
ギアナ高地の赤く透明な水:カナイマ・ラグーン... エンジェルフォールの基点・カナイマ村は、セスナ機(又は双発機)でなければ行けないジャングルの奥地にあります。 カナイマ村の面する巨大なラグーンには、いくつもの滝が流れ込み、ギアナ高地独特の景観を村から展望できます。 船外機付きのボートに乗り、周辺の滝へ散策。川の水量が多いので、どの滝...
ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く... ギアナ高地のロライマ山のトレッキングでは、テント泊で往復1週間ほどの期間が必要となります。 片道ヘリでのアプローチをすると期間は半分ほどにできますが、ヘリ・チャーターの費用は非常に高額ですので、往復徒歩で歩く方が多いです。 トレッキングでは、1日8時間・標高差約800mを歩く日もあるので...
20億年の歴史と地球最古の山:ギアナ高地・ロライマ... 地球最古の山:ロライマ 地球最古の大地「ギアナ高地」は、大陸移動説(プレートテクトニクス)の回転軸と言われ、20億年前の地表が露出しています。 100以上あるテーブルマウンテンの中で、「ロライマ」はアクセスがしやすいことで有名です。 とはいえ、ロライマへは、首都カラカスから国内線で...
ギアナ高地・エンジェルフォールを満喫する旅行のコツ... エンジェルフォールを訪れるとき、その時々で滝の表情は変わります。増水して荒い一面や、水が少なく晴れて穏やかな表情など。滝の直下へいたるボートの移動でも、そんなギアナ高地の変化しやすい自然の有様を体験することになるでしょう。夕刻のエンジェルフォールを眺めて、翌朝の陽に染まる姿を見たり、いろいろな表...
ギアナ高地・ロライマのワイルドフラワー... ロライマの山上では、食虫植物だけではない山野草も観察できます。実際に見ることができる花のほんの一部ですが、少しだけご紹介します。 Orectante Sceptrum (パイナップル科):ギアナ高地のテーブルマウンテン(テプイ)を代表する植物です。 Stegolepis guia...

映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

紫のジャカランダが咲き乱れる、春のブエノスアイレス

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  2. 20億年の歴史と地球最古の山:ギアナ高地・ロライマ

    2017.05.05
  3. ギアナ高地・エンジェルフォールを満喫する旅行のコツ

    2014.06.12
  4. ベネズエラ・ギアナ高地ロライマの奥地:三国国境と水晶の谷

    2017.01.15
  5. 「ウルトラ・トレイル Mt.フジ」に、ベネズエラ人選手が挑戦!

    2013.04.23
  6. アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台

    2015.04.02
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP