Loading

PHOTO-BLOG

添乗員同行で歩く、アウヤンテプイ・トレッキング:ギアナ高地


ギアナ高地最大のテーブルマウンテン・アウヤンテプイをテント泊で歩くトレッキング・ツアーを、アンディーナトラベル・クラブの会員限定ツアーにて添乗員同行で企画しています。

往路は徒歩で山麓から登り、復路はヘリコプターでエンジェルフォールの基点であるカナイマ村に下山します。シーズンは、乾季の初めにかけて、11月前後がベストシーズンとなります。このシーズンは、アウヤンテプイ山上では、様々な花を見ることができる季節でもあります。

この時期はエンジェルフォールの水も豊富なため、トレッキング後は、滝の直下にあるエンジェルフォール展望台へ船で往復することもできます。

進化から取り残された山上の異世界を目指し、山麓から登るテント泊の特別企画です。

ロライマに比べて、トレッキングの体力や経験も必要となりますので、日本での登山経験もそれなりに必要となります。
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせのうえ、アンディーナトラベル・クラブにご入会ください。

関連ページ

●エリア紹介:ベネズエラ
アウヤンテプイ・トレッキング
アンディーナトラベル・クラブ

関連ページ

アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台... カナイマから、船外機付きのボートに乗り換えて、エンジェルフォールへ向かいます。 カラオ川からチュルン川へ遡るにつれて、川幅は少しずつ狭くなります。 川の水は、タンニンで真っ赤に染まっています。 約4時間かけて、エンジェルフォールを擁するアウヤンテプイの懐に深く入り込んでいくと、...
ギアナ高地旅行の秘訣:エンジェルフォールとロライマ... <エンジェルフォール直下の山小屋で朝を迎える。> ギアナ高地の旅行では、目的地は大きく2つの場所に分かれます。 一つ目は、エンジェルフォールです。エンジェルフォールは、カラカスからのアクセスも割と良いので、日本発着で8日間ほどが目安となります。途中の経由地からは、セスナ機(又は中型機)を利用...
ギアナ高地の赤く透明な水:カナイマ・ラグーン... エンジェルフォールの基点・カナイマ村は、セスナ機(又は双発機)でなければ行けないジャングルの奥地にあります。 カナイマ村の面する巨大なラグーンには、いくつもの滝が流れ込み、ギアナ高地独特の景観を村から展望できます。 船外機付きのボートに乗り、周辺の滝へ散策。川の水量が多いので、どの滝...
20億年の歴史と地球最古の山:ギアナ高地・ロライマ... 地球最古の山:ロライマ 地球最古の大地「ギアナ高地」は、大陸移動説(プレートテクトニクス)の回転軸と言われ、20億年前の地表が露出しています。 100以上あるテーブルマウンテンの中で、「ロライマ」はアクセスがしやすいことで有名です。 とはいえ、ロライマへは、首都カラカスから国内線で...
ギアナ高地・ロライマのワイルドフラワー... ロライマの山上では、食虫植物だけではない山野草も観察できます。実際に見ることができる花のほんの一部ですが、少しだけご紹介します。 Orectante Sceptrum (パイナップル科):ギアナ高地のテーブルマウンテン(テプイ)を代表する植物です。 Stegolepis guia...
ベネズエラ・ギアナ高地ロライマの奥地:三国国境と水晶の谷... ‟地球で最も古い大地”へ 地球のプレートテクトニクス運動の回転軸、と言われるギアナ高地は、太古の昔から地殻変動の影響なく、その歴史は20億年とも言われています。 大地が動かないギアナ高地では“隆起”という活動よりも、“風化”により長い年月をかけて変化して行きます。柔らかい岩盤が風雨に削ら...

本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲

アルゼンチン北部・サルタ地方の魅力:7色の谷と大塩湖

パタゴニア

関連記事

  1. ギアナ高地旅行の秘訣:エンジェルフォールとロライマ

    2014.02.11
  2. 「オーパ!!」 秘境・ギアナ高地

    2010.05.06
  3. 20億年の歴史と地球最古の山:ギアナ高地・ロライマ

    2017.05.05
  4. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  5. ギアナ高地・ロライマの食虫植物

    2014.06.02
  6. 【ギアナ高地・エンジェルフォールの歴史】ジミーエンジェルの航跡

    2015.12.13
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP