Loading

PHOTO-BLOG

ギアナ高地の赤く透明な水:カナイマ・ラグーン

4.jpg


エンジェルフォールの基点・カナイマ村は、セスナ機(又は双発機)でなければ行けないジャングルの奥地にあります。
カナイマ村の面する巨大なラグーンには、いくつもの滝が流れ込み、ギアナ高地独特の景観を村から展望できます。
船外機付きのボートに乗り、周辺の滝へ散策。川の水量が多いので、どの滝も近づくと大変な迫力です。
滝の裏へ行く遊歩道では水着が必携です。
ラグーン沿いで迎える夕陽もお勧めです。熱帯ならではの一瞬の燃えるような夕焼けです。
カナイマで半日ほど楽しんだ後は、さらに上流のエンジェルフォールへ向かいます。
8.jpg
DSCN4816_2.jpg
DSCN4803_2.jpg

関連ページ

エンジェルフォール山麓:山小屋泊をお勧めする理由... 世界最高落差の滝・エンジェルフォールでは、滝の近くにある山小屋(ラトンシート・エリア)に「1泊2日ハンモック泊」するのを、まずお勧めします。 基点となるカナイマ・ラグーンから丸2日間の時間を取ることが必要ですが、その価値は十分にあるでしょう。 山小屋と言っても壁のない小屋で、いわゆる...
ギアナ高地・エンジェルフォールを満喫する旅行のコツ... エンジェルフォールを訪れるとき、その時々で滝の表情は変わります。増水して荒い一面や、水が少なく晴れて穏やかな表情など。滝の直下へいたるボートの移動でも、そんなギアナ高地の変化しやすい自然の有様を体験することになるでしょう。夕刻のエンジェルフォールを眺めて、翌朝の陽に染まる姿を見たり、いろいろな表...
アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台... カナイマから、船外機付きのボートに乗り換えて、エンジェルフォールへ向かいます。 カラオ川からチュルン川へ遡るにつれて、川幅は少しずつ狭くなります。 川の水は、タンニンで真っ赤に染まっています。 約4時間かけて、エンジェルフォールを擁するアウヤンテプイの懐に深く入り込んでいくと、...
ギアナ高地の秘境:アウヤンテプイ・トレッキング【往路徒歩・復路ヘリ】... ギアナ高地の秘境:アウヤンテプイ 大陸移動の回転軸であるギアナ高地は、地面が動くことは無く、約20億年とも言われる世界最古の土地です。100以上もあるテーブルマウンテンの山上台地では、太古の生態系が今も残ります。たとえば、跳ぶことのできないカエルは、進化から取り残されたとても古いカエルです。そ...
【ギアナ高地・エンジェルフォールの歴史】ジミーエンジェルの航跡... ジミーエンジェルがエンジェルフォールを見つけたのは、1933年の事であった。 セスナ機のパイロットであった彼は、金鉱探しをする途中、偶然アウヤンテプイの裂け目に巨大な滝を目撃したのだ。 岩塔と雲の隙間を縫うように飛んでいる時に現われた滝の前を、きっと数回の旋回をしながら、食い入るように見...
ギアナ高地の核心部:世界最大落差の滝・エンジェルフォール... 世界最大の滝・エンジェルフォールとは 落差979mを誇る世界最大の滝・エンジェルフォールは、ベネズエラ・ギアナ高地の奥深くにあります。 今では、基点となるカナイマ村からボートで約4時間ほどで行くことができますが、約80年前のギアナ高地は完全な未踏の地域で、金鉱を探す探検家により偶然発見さ...

レンソイス砂漠の冷却:地下に貯まる膨大な水とは(ブラジル)

アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ギアナ高地旅行の秘訣:エンジェルフォールとロライマ

    2014.02.11
  2. 添乗員同行で歩く、アウヤンテプイ・トレッキング:ギアナ高地

    2017.09.08
  3. 【ギアナ高地・エンジェルフォールの歴史】ジミーエンジェルの航跡

    2015.12.13
  4. ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く

    2014.05.26
  5. 「ギアナ高地・エンジェルフォール展望ツアー」最短で7日間で行けます。

    2012.08.07
  6. ギアナ高地の秘境:アウヤンテプイ・トレッキング【往路徒歩・復路ヘリ】

    2017.09.01
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP