Loading

PHOTO-BLOG

ギアナ高地・エンジェルフォールを満喫する旅行のコツ

angel2.JPG
エンジェルフォールを訪れるとき、その時々で滝の表情は変わります。増水して荒い一面や、水が少なく晴れて穏やかな表情など。滝の直下へいたるボートの移動でも、そんなギアナ高地の変化しやすい自然の有様を体験することになるでしょう。夕刻のエンジェルフォールを眺めて、翌朝の陽に染まる姿を見たり、いろいろな表情を見るためには時間も必要です。時間があるのであれば、少しワイルドですが、エンジェルフォール直下に宿泊することをおすすめします。
101118_1507.JPG
ギアナ高地で最大級のテーブルマウンテンである“アウヤンテプイ”の山上も、他のテーブルマウンテン同様に水はけが良いので、降雨に応じてすぐに滝の水量や山麓の川の水量に影響します。天気予報もなく、また予報もできないであろうギアナ高地では、その日にならないとわからない部分もあります。
それもまた、ギアナ高地の魅力です。
101118松井ギアナ_1471.JPG
弊社で手配するギアナ高地では、カラカス発着ですべてを手配します。カラカス空港でお出迎えのあとはご帰国まで、切れ目なく現地サービスに旅程が管理されています。
天候の変化が激しく、航空便などインフラの運行も変動しやすいベネズエラでは、タイムテーブル通りにすべてが動くとは限りません。
カラカス発着で現地の旅行を全て弊社にお任せいただくのが、一番、安全・確実です。
aa.JPG
angel.JPG

関連ページ

アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台... カナイマから、船外機付きのボートに乗り換えて、エンジェルフォールへ向かいます。 カラオ川からチュルン川へ遡るにつれて、川幅は少しずつ狭くなります。 川の水は、タンニンで真っ赤に染まっています。 約4時間かけて、エンジェルフォールを擁するアウヤンテプイの懐に深く入り込んでいくと、...
ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く... ギアナ高地のロライマ山のトレッキングでは、テント泊で往復1週間ほどの期間が必要となります。 片道ヘリでのアプローチをすると期間は半分ほどにできますが、ヘリ・チャーターの費用は非常に高額ですので、往復徒歩で歩く方が多いです。 トレッキングでは、1日8時間・標高差約800mを歩く日もあるので...
テーブルマウンテン・ロライマの異世界:映画「カールじいさん」②... 「失われた世界」の舞台:ロライマ ジュールヴェルヌの「失われた世界」の舞台となったテーブルマウンテンが、ロライマです。 山上台地へのアクセスは、ヘリであっても徒歩であっても簡単ではありませんが、そこに広がる景色は苦労をしてでも行く価値のあるものです。 下界とはまったく違う空気と静けさを...
ギアナ高地のテーブルマウンテン:ロライマ・テント泊トレッキング... 地球最古の大地・ギアナ高地 地球最古の大地と言われるギアナ高地は、一説には20億年の歴史を持つと言われます。大陸移動(プレートテクトニクス)の回転軸に当たることで、ギアナ高地は動くことはなく太古の風景をそのまま維持しているのです。 火山や地震も隆起などの活動もないギアナ高地では、土地は風...
エンジェルフォール山麓:山小屋泊をお勧めする理由... 世界最高落差の滝・エンジェルフォールでは、滝の近くにある山小屋(ラトンシート・エリア)に「1泊2日ハンモック泊」するのを、まずお勧めします。 基点となるカナイマ・ラグーンから丸2日間の時間を取ることが必要ですが、その価値は十分にあるでしょう。 山小屋と言っても壁のない小屋で、いわゆる...
ギアナ高地の秘境:アウヤンテプイ・トレッキング【往路徒歩・復路ヘリ】... ギアナ高地の秘境:アウヤンテプイ 大陸移動の回転軸であるギアナ高地は、地面が動くことは無く、約20億年とも言われる世界最古の土地です。100以上もあるテーブルマウンテンの山上台地では、太古の生態系が今も残ります。たとえば、跳ぶことのできないカエルは、進化から取り残されたとても古いカエルです。そ...

ギアナ高地・ロライマのワイルドフラワー

グアテマラ・就学支援の学校を訪問するスタディツアー

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ギアナ高地旅行の秘訣:エンジェルフォールとロライマ

    2014.02.11
  2. エンジェルフォールのベスト・シーズンは、年末までです!

    2012.09.21
  3. ギアナ高地・ロライマのワイルドフラワー

    2014.06.06
  4. 【ギアナ高地】ロライマ山上からの絶景と、トレッキング

    2013.12.13
  5. ベネズエラ・ギアナ高地ロライマの奥地:三国国境と水晶の谷

    2017.01.15
  6. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP