Loading

PHOTO-BLOG

「オーパ!!」 秘境・ギアナ高地

自分が持っている森羅万象への常識は、かなり小さな定規で測られていることがほとんどだ。それを痛感して、常識を大きく更新した場所が、世界で二か所ある。ギアナ高地とパタゴニアである。つまり、人生を変えてしまうほどの衝撃であったのだ。
地球の大陸移動(プレートテクトニクス)の回転軸に位置すると考えられているギアナ高地は、南米大陸の北部・ベネズエラに位置する。
0a.JPG
山麓から望む、クケナン
0b.JPG


巨大なテーブルマウンテン・ロライマは、密林から軍艦のように屹立している。その山上には6億年前のゴンドワナ大陸の生物が今なお進化から残されて存在する。下界とは異型の植物が生え、原始のカエルは未だに跳ぶことを知らずに歩く。水晶の谷には、その名の通り一面にぎっしりと水晶が落ちている。約1000mの絶壁から、そして山麓のサバンナから見渡す、テーブルマウンテンのはるかな絶景。そして、世界最高落差のエンンゼル・フォール。毎日が驚きの連続である。
水は赤色だ。植物から染み出るタンニンで赤く染まっているためだ。川も湖も赤。上空から見下ろすと、広大なジャングルに網の目のように巡る川が、赤い。ここでは、水といえば赤である。そういう常識なのだ。
私達が日々暮らす世界はあまりにも小さく、未知の領域は無限ともいえる広さなんだ。それを実感できる経験は、人生でそう何度もあるものではないだろう。パタゴニアとギアナ高地は、そういう場所だ。
まさに「オーパ!!」である。
1.JPG
2.JPG
3.JPG
4.JPG
奇怪な岩が無数にある
5.JPG
6.JPG
ロライマ山上を歩く
7.JPG
パイナップル科の植物が多い
8.JPG
食中植物・モウセンゴケ
9.JPG
10.JPG
食中植物・ヘリアンフォラ
11.JPG
水晶の谷
12.JPG
水晶が無数に散らばる
13.JPG
14.JPG
ロライマ山を望む
15.JPG
山麓には、広大な草原が広がる
16.JPG
ロライマ
17.JPG
エンゼル・フォール
17a.JPG
エンゼル・フォールへ、このボートで急流をさかのぼる
18.JPG
20.JPG
22.JPG

マテ茶の飲み方

スペイン巡礼路 サンティアゴ・デ・コンポステーラ

パタゴニア

関連記事

  1. ギアナ高地・エンジェルフォールを満喫する旅行のコツ

    2014.06.12
  2. ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く

    2014.05.26
  3. 添乗員同行で歩く、アウヤンテプイ・トレッキング:ギアナ高地

    2017.09.08
  4. 「ギアナ高地・エンジェルフォール展望ツアー」最短で7日間で行けます。

    2012.08.07
  5. 新プラン「エンジェルフォールとブラジル・レンソイス周遊」

    2019.02.05
  6. エンジェルフォール山麓:山小屋泊をお勧めする理由

    2015.12.11
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP