Loading

PHOTO-BLOG

春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花

1.jpg
11月中旬、中部パタゴニアの町・コジャイケは、サクランボの花に包まれる。
早春の風はまだとても冷たい。春の訪れを知らせるような花だ。
サクラに似た可憐な花を見ていると、はるか地球の裏側から日本を思い出すに違いない。
そんな郷愁を感じさせる花でもあるのだ。
サクランボの木は、南部パタゴニアでは見かけない。おそらく南部パタゴニアの過酷な気候に適さないのだろう。
北部・中部パタゴニアは、条件が良い場所は潅漑されて、リンゴなどのプランテーションもあるのだ。
*Prunus avium
2.jpg
3.jpg

関連ページ

先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②... もう一種類のカラファテは、葉の形が線形であるのが特徴だ。 乾燥した土壌や岩石質を好むので、パタゴニアの平原に広く見られる。より過酷な、パタゴニアらしい環境に適応している。 綺麗な花や熟した実を眼にして、思わず手を伸ばしてしまうが、鋭いトゲを持っていることには注意したい。 広い大平原に、黄色...
大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー... アルゼンチン湖を望む草原で一休みしようと座った時に、小さな花が砂地から顔を出すように咲いていた。 早春の風は冷たいが、灌木の風下に身をひそめると陽の光が暖かい。 そんな場所に、この花も咲いていたのだ。 ユリズイセンの一種である「マリポサ・デル・カンポ」は、直訳すると「草原の蝶」という意味だ...
パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②... アンドレ・マドセンがわずかな羊と馬を連れて、フィッツロイ山麓に単身で開拓を始めた時代、パタゴニアではヨーロッパからの移民が競うように入植を始めました。ウプサラ氷河の畔では、マスターズ一家がやはり裸一貫でクリスティーナ牧場を拓いた時です。 1900年代の初頭。この時代はパタゴニアの歴史で、最も賑...
ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ... アヤメ科のカンパニージャは、「鈴」を意味する。 鈴を意味する花はいくつかあるが、フウリンソウやホタルブクロとは異なる花だ。 パタゴニアの草原帯に生える春の花で、長い茎を一気に高く伸ばし花を咲かせる。 草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。 見ようとしなければ見つからないような静かな花、...
キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー... 春の花・トパトパは、細長い茎に垂れ下がるように、アンバランスに重たそうな袋状の花を付ける。 風が吹くとゆらゆらと大きく揺れる。 陽当たりの良い草原に咲き乱れるので、小さな花に陽が当たると、特に逆光の時には、その黄色が引き立ち美しい。 北半球では「レディ・スリッパ」と呼ばれ親しまれている。 ...

パタゴニアの花:マメ科の薬草「パラメーラ」-ワイルドフラワー編

パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

    2015.10.24
  2. 紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング

    2017.01.31
  3. 暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」

    2015.09.16
  4. パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

    2015.08.11
  5. 2011パタゴニア旅行 ②クリスティーナ牧場

    2012.01.15
  6. 劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

    2014.04.15
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP