Loading

PHOTO-BLOG

春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花

1.jpg
11月中旬、中部パタゴニアの町・コジャイケは、サクランボの花に包まれる。
早春の風はまだとても冷たい。春の訪れを知らせるような花だ。
サクラに似た可憐な花を見ていると、はるか地球の裏側から日本を思い出すに違いない。
そんな郷愁を感じさせる花でもあるのだ。
サクランボの木は、南部パタゴニアでは見かけない。おそらく南部パタゴニアの過酷な気候に適さないのだろう。
北部・中部パタゴニアは、条件が良い場所は潅漑されて、リンゴなどのプランテーションもあるのだ。
*Prunus avium
2.jpg
3.jpg

関連ページ

パタゴニアの花:マメ科の薬草「パラメーラ」-ワイルドフラワー編... マメ科の「パラメーラ」は、パタゴニアであれば、どこでも目にする植物だ。 春には黄色い花を付ける。 葉は他の多くのマメ科と同じく羽状複葉であるのだが、パラメーラは少し独特だ。 多肉質で、葉の先端から粘液を出している。 その粘液により、葉に触ると皮膚に絡みつくようで手はベトベトになる。強い臭...
チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①... 北半球の冬至は、南半球では夏至にあたります。冬至の昨日は、太陽が南緯23.5度の南回帰線の真上に位置していました。 このように北半球と南半球では、赤道を基点に季節のリズムに「半年のずれ」があります。 この半年のずれは、生き物の生息には時に大変な壁となります。種子が発芽する植物は順応が比較的に...
大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー... アルゼンチン湖を望む草原で一休みしようと座った時に、小さな花が砂地から顔を出すように咲いていた。 早春の風は冷たいが、灌木の風下に身をひそめると陽の光が暖かい。 そんな場所に、この花も咲いていたのだ。 ユリズイセンの一種である「マリポサ・デル・カンポ」は、直訳すると「草原の蝶」という意味だ...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ... 南極ブナが風に倒されると、森にぽっかりと隙間が生まれる。 そんな隙間の陽当たりの良い場所に、アネモネを見つけることがある。 トレッキングで休憩するような場所に咲いているのだ。 木陰にザックを置き、花の観察をしながら一息つく。 フィッツロイ山麓では、セロトーレ方面の森の外れでよく見かける。...
パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」... 氷河が後退して最初に生えてくる植物の一つが、ノトロだ。 南極ブナさえも生育できない荒れた土地で育つ、とても強い植物なのだ。 ノトロは、春から夏にかけて、真紅の花を咲かせる。 ヤマガモシ科のノトロは、南アフリカのプロテアと同じ種類だ。 起源は、古代のゴンドワナ超大陸の時代に遡り、プロテ...

パタゴニアの花:マメ科の薬草「パラメーラ」-ワイルドフラワー編

パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

パタゴニア

関連記事

  1. 「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

    2016.12.23
  2. パタゴニアのワイルドフラワー:荒れ地に咲く深紅の花「ノトロ」

    2017.02.04
  3. パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート

    2014.04.09
  4. パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

    2014.03.27
  5. パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

    2018.08.31
  6. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP