Loading

PHOTO-BLOG

《アリア号で行く》ペルー・アマゾンのネイチャー・クルーズ

ペルー・アマゾンのネイチャクルーズ:アリア号

アマゾン川は南米大陸で広大な流域面積を誇り、ペルー、エクアドル、ボリビア、ブラジルの各国で特色のあるアマゾンを体験できます。

ペルー・アマゾンでのクルーズ「アリア号」は、その利便性の良さから特にお勧めしています。

クルーズ船に乗れば、数時間でアマゾンの奥地に行くことができるからです。
たとえば、ブラジルのマナウスでもクルーズはありますが、マナウスという都会からアマゾン奥地に行くには、船に乗ってからも日数が必要です。

ペルー・アマゾンでは、基点になるイキトス発着で、往復4~5日間でアマゾンの奥地を往復できます。
ピンクイルカやナマケモノ、ワニ、そして多くの野鳥を見ることができるでしょう。

クルーズの良さは、食事や睡眠中に、次の目的地に移動していることです。

ジャングルロッジなどで連泊滞在型のアマゾンでは、一か所を基点にすることになるので、大きな景色の変化はありません。
対して、クルーズではその行動範囲がとても広くなるのです。

クルーズ船は小型ながら、そのサービスと設備に定評があります。
五つ星のサービスを目指し、ホテル以上のサービスやおもてなしを体験できるのです。

優雅にアマゾンを旅したい方には、アリア号、またはデルフィン号をお勧めしています。

首都リマとのスムーズな利便性

クルーズの基点・イキトスは、首都リマから国内線が毎日就航しています。
4~5日間のクルーズの後に、リマ滞在やマチュピチュ方面を含めることも簡単です。

そして、イキトス空港にクルーズのスタッフ(英語)が迎えに参りますので、あとはイキトス空港に戻るまで、オール・インクルーシブとなります。

リマ/イキトス間の国内線や、リマなどその他の陸上手配も弊社にお任せください。
クルーズ船と連携して、日本発着の旅行をトータル・サポートいたします。

ペルー・アマゾン専用ページ

ペルー・アマゾン専用ページ
上記の専用ページには、クルーズ料金表や日程表も記載しています。

アマゾンをご検討の方には、ペルーのアリア号をぜひご検討ください。

関連ページ

【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日... ペルー・アマゾンの夕日 ほぼ赤道直下のアマゾンでは、年間を通してほぼ同じ時刻、日の出は6時、日没は18時頃です。 パタゴニアやアラスカのような緯度の高い極地の朝日や夕日は、ときに何時間もかけてじわじわと変化していきます。 それに比べると、赤道直下の朝日や夕日はとても短く、しかし一瞬に燃...
ペルー・アマゾンのネイチャー・クルーズ「デルフィン号」とは... アマゾンを巡る「探検クルーズ船」が、ペルーで人気です。 アマゾンという苛酷なイメージとは異なる、5星ホテル並みの豪華サービスでの快適な船旅です。 クーラーを完備した船内設備、専属シェフによる食事とともに、アマゾンの奥深くへ、わずか3・4日(イキトス発着)で往復することができます。...

《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群

アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ペルーを代表する国民飲料「インカ・コーラ」とは

    2017.08.05
  2. アンデス山脈の黄昏:氷雪峰の魔法の色彩 -ペルー・ブランカ山群

    2017.11.30
  3. ペルー料理:アンデスの山の幸「ルピナスのセビーチェ」

    2017.11.28
  4. ブランカ山群の山岳展望:ペルー・アンデス山脈の大地創生の成り立ち

    2017.12.08
  5. マチュピチュを歩いて感じる旅①

    2012.03.28
  6. ペルー:コンドルが舞う谷、コルカ・キャニオンへ

    2016.07.30
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP