Loading

風景写真家・松井章のブログ

ペルーの名峰アウサンガテとアルパカの楽園

ペルー・アンデス山脈の名峰アウサンガテの山麓へ

ケチュア族が暮らす田園地帯を抜けて、さらに標高を上げると森林限界を越えました。
赤道に近いペルーでは、森林限界の標高は4000mくらいです。

木も生えない大草原に着くと、アウサンガテ峰(6372m)のどっしりとした山容がいよいよ間近に迫ります。
標高差2000mの岸壁はまるで巨大な屏風のようです。

一見すると何も無い荒涼とした草原ですが、アルパカにとっては楽園のような場所です。
日本では考えられないほどに広大な草原で、目を凝らせばあちこちで、アルパカが草を食んでいます。

群れに近づくとすぐに距離を取られてしまうので、追いかけているうちに、4200mほどの小山を一つ越えてしまいました。
アルパカはすべて放牧ですので、どこかで飼い主がいるはずですが、その群れの飼い主は近くには見当たりません。不思議なことに、人の庇護を受けるアルパカですが、群れの中には必ずリーダーが生まれます。
リーダーは仲間が草を食む間、高台から周りを監視しています。
私の動きも筒抜けなので、リーダーの指示でアルパカ達は遠ざかってしまいます。

アルパカの毛は高値で取引されています。特に最近はアルパカの毛を扱う高級ブランドがいくつもあるので、とても良い現金収入になるようです。

人の気配が希薄なアンデスの高原では、音といえば風の音と、地面を踏む自分の足とくらいです。

見上げるように巨大なアウサンガテの氷雪の峰を望みながら、アルパカの群れを追う、この幸せを噛みしめながら撮影をしていました。

撮影機材

★撮影機材:(ボディ)SONYα7R IV、(レンズ)ZEISS Batis 2/25, SAMYANG AF 35-150mm F2-2.8 FE, SIGMA 16-28mm F2.8 DG DN

ブログ関連記事集

「アンデスの神の山」アウサンガテへ

「アンデスの神の山」アウサンガテへ

インティライミ(太陽の祭り)とケチュア族の舞踏

関連記事

  1. BA Styleコラム6月号:アルゼンチン伝統料理「アサード」と牛肉

    2021.06.19
  2. ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する

    2016.02.29
  3. ペルー料理の食材「唐辛子」の天日干し

    2023.06.09
  4. アンデスに生息する4種類のラクダ

    2013.02.24
  5. 【動画】パルマ・マラソン2019/スペイン・マヨルカ島「旅ラン」

    2019.11.06
  6. 【ペルーの風景写真】アンデス山脈の生活風景を撮影する

    2020.05.27
パタゴニア
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP