Loading

PHOTO-BLOG

スペイン・アルゼンチン合作映画『笑う故郷』上映開始

スペイン・アルゼンチン合作映画の名作『笑う故郷』

アルゼンチンやスペインで成功を始め、映画祭の賞を多数獲得した映画「笑う故郷」が、日本でもいよいよ上映開始されます。
「笑う故郷」の原作名は「Ciudadano Ilustre」で、“名誉市民”という意味です。

スペインで成功を収めたアルゼンチン出身のノーベル賞作家が、40年ぶりに帰郷した町で「名誉市民」として受ける歓迎ムードは、徐々に嫉妬や愛憎の渦へと変わって行く。その悲喜劇を通して現れる人間模様が、シニカルなコメディとして描かれるのが本作です。

ラテン文化圏らしい人間模様の描写、そして、アルゼンチン人のキャラクターなども感じてみたいです。

====================================
映画『笑う故郷』
9月16日(土)~岩波ホールにて公開
名古屋シネマスコーレ他全国順次公開予定
====================================

2016年ヴェネチア国際映画祭の最優秀主演男優賞に輝くオスカル・マルティネスの圧倒的な演技と緻密に入り組んだドラマ構成。監督は『ル・コルビュジエの家』の奇才ガストン・ドゥプラットとマリアノ・コーン。可笑しくて、哀しくて…笑うに笑えず、泣くに泣けない人間模様!数多くの映画賞を受賞した話題作『笑う故郷』
2017年9月16日(土)岩波ホールにて公開!!

WEBサイトの紹介

●映画『笑う故郷』専用WEBサイト:http://www.waraukokyo.com/

◎エリア紹介ページ①:アルゼンチン
◎エリア紹介ページ②:パタゴニア

関連ページ

アルゼンチン・スペイン合作映画『笑う故郷』上映... 9/16に、アルゼンチン映画『笑う故郷』が、まず東京から上映開始されました。 人間が持つ本性の両面の描写が、シニカルでコミカルに表現されていて、少し歯がゆく胸が痛くなったりします。 そんな人それぞれの多面性を思わず笑いながら、またそこで進行する不気味な人間劇は見てのお楽しみでしょう。...
アルゼンチン北部・サルタ地方の魅力:7色の谷と大塩湖... アルゼンチン北部、チリ・ボリビア・パラグアイ国境付近が「サルタ」地方です。 アンデス山脈の高原と亜熱帯地域との間で、基点となる町はサルタ(1200m)です。ブエノスアイレスから国内線が就航することで、サルタ地方の旅行の基点となっています。この地域の魅力は、多様なアンデス山脈のサルタならでは...
映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは... スペイン・アルゼンチン合作映画『笑う故郷』の舞台:アルゼンチン 映画『笑う故郷』の舞台、アルゼンチンは日本から最も遠く離れた国です。 マラドーナとタンゴというイメージしかありませんが、アルゼンチンの自然は多様で、国土の大半を覆う大草原パンパはとにかく広い。 タンゴで有名な首都ブエノスアイレ...

アラスカの原野を歩く「キャンプ・デナリ&カリブー・ロッジ」ツアー報告

映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島

    2017.06.13
  2. 南米最高峰アコンカグアへ①:オルコネス谷

    2018.03.01
  3. パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード

    2018.10.11
  4. ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空

    2017.06.10
  5. アルゼンチン:ツーリストへの免税で目指す観光立国

    2017.04.20
  6. アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂

    2017.06.01
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP