Loading

風景写真家・松井章のブログ

黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)

1.jpg
レンソイスの東の端、プレギサス川を超えると砂の色が変わります。
真っ白であった砂は、東端の“小レンソイス”と呼ばれる地域では、砂の色が黄色です。
なぜ砂の色が違うのか諸説あるようですが、石英の純度の違いで、レンソイス本体よりも“小レンソイス”は黄色であるようです。
小レンソイスは、その名の通り規模が小さく、基点のバヘリーニャスからプレギサス川沿いにボートで訪問します。
森や川や生き物の匂いを身近に感じられるのが大きな違いです。
2.jpg
3.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)

レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)

関連記事

  1. レンソイス砂漠の2億年の歴史:海風が作る奇跡の絶景(ブラジル)

    2016.07.12
  2. 貿易風と砂の造形「風紋」/ブラジル・レンソイス砂漠

    2016.07.14
  3. 黄昏時のレンソイス砂漠を包む、淡くシンプルな世界の色彩

    2016.10.25
  4. レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)

    2015.04.14
  5. 3日間でたった一度!レンソイス砂漠で人とすれ違う奇跡

    2015.04.09
  6. ブラジル・イグアスで開催!ラフティング世界大会リザルト

    2014.11.05
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP