Loading

風景写真家・松井章のブログ(アンディーナトラベル)

ブラジル・レンソイス砂漠を3日間歩く「縦走トレッキング」とは

レンソイス砂漠トレッキングの魅力

ブラジル・レンソイス砂漠の砂は、“水晶”の細かい粒でできている。
乾いている時には、その砂漠の表面は真っ白になり、順光の下では眩しいほどだ。

大西洋を目指すテント泊トレッキングでは、この砂漠を縦断する。または、オアシスのロッジを宿泊して、2~3泊で縦断する方法もある。

もちろん日帰りハイキングだけで歩くのも可能(※専属ガイドが必要)だが、すれ違う人のない無人の砂漠で、朝から晩まで砂漠にいることができるのは、テント泊トレッキングだけの特権だ。

乾季の初め、満水の時には1万個とも言われる大量の湖が姿を現す。
一つ一つの湖が、それぞれ別の色を持っている。
青と緑をベースに、多様で微細な配色には驚くばかりだ。

何も無い砂漠に見えるが、ここにも百数十年ほどだが人の歴史がある。
かつてポルトガルの統治時代に連れてこられた奴隷が、レンソイスのオアシスに逃げ込んで住みついたのが始まりだ。

湖と砂丘を縫うように歩きながらも、馬方を務める地元民は迷うことはなく先頭を歩いていく。
一見無人の土地に見える砂漠にも、人の暮らしと歴史があるのだ。

レンソイスのベストシーズンは、6月~9月

「縦断トレッキング」では、トレッキング・ガイドの事前確保が重要になるので、予約は早い方が良いです。テント泊、あるいオアシスのロッジを利用して縦断も可能です

「日帰りハイキング」では、午前・午後の2部に分けて、もっと気楽に歩くことも可能です。
食事は、オアシスで素朴ながら美味な民族料理を食べます。弊社のトレッキング・ツアーでは、現場でも美味しい食事を食べれるように手配しています。

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

【今日の絶景】ブラジル・レンソイス砂漠の風紋と砂丘

登山の服装:ベースレイヤー編「メリノウール」

関連記事

  1. 野生動物の楽園「パンタナール」大湿原:ロッジ連泊

    2019.06.16
  2. 黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)

    2015.04.13
  3. ブラジル・レンソイス縦走トレッキング2019②:水晶の砂漠が秘める美

    2019.11.19
  4. 白い水晶の砂と青空のコントラスト:レンソイス砂漠の奇跡

    2016.09.15
  5. 世界最大イグアスの滝:アルゼンチン側で間近に望むハイキング

    2019.07.02
  6. 水晶の砂粒:ブラジル・レンソイス砂漠の白砂の秘密

    2015.04.04
パタゴニア
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP