Loading

PHOTO-BLOG

レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)

1.jpg

ブラジル・レンソイス砂漠と風の関係性

レンソイスという巨大な砂漠を作り上げたのは、大西洋から吹き付ける貿易風です。
微細な砂を吹き上げ続けて、いったい何十万年が経ったのか
周辺の自然のリズムは、全て風に支配されています。カシューナッツやマングローブの林も、人の暮らしも、全てが風に大きく影響されています。
“塵も積もれば山となる”自然の造形美。その根底に横たわるだろう、地球の無限の連鎖。
写真家・星野道夫のエッセイ「イニュニック」で引用されていた一節が思い出されます。
“すべての物質は化石であり、その昔は一度きりの昔ではない。いきものとは息を作るもの、風をつくるものだ。
太古からいきもののつくった風をすべて集めている図書館が地球を取り巻く大気だ。
風がすっぽり体をつつむ時、それは古い物語が吹いてきたのだと思えばいい。
風こそは信じがたいほどやわらかい、真の化石なのだ”(谷川雁 ものがたり交響)

2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

3.jpg
4.jpg

関連ページ

レンソイス砂漠とオアシスの緑:一進一退の攻防(ブラジル)... レンソイス砂漠に翻弄されるオアシスの森 ブラジル・レンソイス砂漠をぐるりと囲む緑の帯は、南米原産のカシューナッツの森です。 大西洋から吹き付ける風は、石英の砂を内陸へ飛ばし、カシューナッツの森と、常に一進一退のせめぎ合いを繰り返します。 時には数ヶ月で一軒の家を埋めてしまうほどの砂が押し寄...
ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々... 拡大と縮小を繰り返すレンソイス砂漠の畔。砂漠と文明の隙間に細長く伸びるオアシスは、上空から望めば緑の帯のように見えます。 緑の帯は、広大で豊かなカシューナッツの林です。乾季は収穫の季節です。カシューナッツの林を開墾して、マンディオカ(キャッサバ)が植えられています。ほとんど世話をする必要もなく...
レンソイス砂漠の造形美:極小の風紋と極大の砂丘(ブラジル)... 晴れた昼間のブラジル・レンソイス砂漠には、真っ白な純白の砂丘が広がります。白い砂は石英です。高さ20メートル前後の砂丘が延々と波打つように連なり、レンソイスの語源の通り、風に揺れる巨大な“シーツ”をイメージさせます。 乾季の砂漠とはいえ、時には雨が少し降ったりします。雨が染み込むと、真っ白...
水晶の砂粒:ブラジル・レンソイス砂漠の白砂の秘密... アマゾンから運ばれた水晶とレンソイス砂漠 レンソイスの白砂は、純度の高い石英、「水晶」です。 この砂の出所は、レンソイス砂漠から100キロほど南のパルナイーバ川です。 上流から流されてきた土砂の中に、石英が含まれています。 土砂は数万年の年月をかけて波にもまれながら、まるく削られて石英だ...
レンソイス縦走トレッキング:2015年のベストシーズンとは... レンソイスをテント泊で縦断するトレッキングのベストシーズンは、6月中旬~9月中旬のわずか3ヶ月です。 満水の時には、最大で2万個とも言われる湖で砂漠はエメラルド色に輝きます。 その湖を縫うように縦断する。夜は満天の星の元、誰もいない砂漠でキャンプします。 レンソイス縦断トレッキングの手配は...
貿易風と砂の造形「風紋」/ブラジル・レンソイス砂漠... レンソイス砂漠の砂丘と風紋 レンソイス砂漠の波打つ砂丘に相似するように現れる“風紋”は、時に息を呑むような美しさで迫ります。 特に美しいのが、朝や夕方の斜光線が射す時間帯です。 波打つ“風紋”が、斜光線により影とともに浮き立つように、視界に現れてきます。 何らかの偉大な規則性を感...

レンソイス砂漠に生きる先住民と歩く(ブラジル)

黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)

パタゴニア

関連記事

  1. ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空

    2017.06.10
  2. 《動画》水晶の白い砂漠「レンソイス・トレッキング」

    2014.08.18
  3. 本当は平和なリオデジャネイロの過ごし方(ブラジル)

    2017.08.04
  4. レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”

    2015.03.26
  5. 【今日の絶景】ブラジル・レンソイス砂漠の風紋と砂丘

    2015.12.24
  6. ブラジルレンソイスの風に翻弄されるマングローブの痕跡

    2015.04.07
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP