Loading

PHOTO-BLOG

レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)

1.jpg

ブラジル・レンソイス砂漠と風の関係性

レンソイスという巨大な砂漠を作り上げたのは、大西洋から吹き付ける貿易風です。
微細な砂を吹き上げ続けて、いったい何十万年が経ったのか
周辺の自然のリズムは、全て風に支配されています。カシューナッツやマングローブの林も、人の暮らしも、全てが風に大きく影響されています。
“塵も積もれば山となる”自然の造形美。その根底に横たわるだろう、地球の無限の連鎖。
写真家・星野道夫のエッセイ「イニュニック」で引用されていた一節が思い出されます。
“すべての物質は化石であり、その昔は一度きりの昔ではない。いきものとは息を作るもの、風をつくるものだ。
太古からいきもののつくった風をすべて集めている図書館が地球を取り巻く大気だ。
風がすっぽり体をつつむ時、それは古い物語が吹いてきたのだと思えばいい。
風こそは信じがたいほどやわらかい、真の化石なのだ”(谷川雁 ものがたり交響)

2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

3.jpg
4.jpg

関連ページ

3日間でたった一度!レンソイス砂漠で人とすれ違う奇跡... 広大なレンソイス砂漠で人と出会う奇跡 ブラジル・レンソイス砂漠を3日間歩いていて、一度だけ人とすれ違った。 それは宇宙で星を見つけるように小さな奇跡のような可能性だ。 遠く彼方から、トボトボと歩く人影が見える 砂漠を歩く日々で、最初で最後のすれ違いであった。 オアシスに住む彼は、魚...
レンソイス縦走トレッキング:2015年のベストシーズンとは... レンソイスをテント泊で縦断するトレッキングのベストシーズンは、6月中旬~9月中旬のわずか3ヶ月です。 満水の時には、最大で2万個とも言われる湖で砂漠はエメラルド色に輝きます。 その湖を縫うように縦断する。夜は満天の星の元、誰もいない砂漠でキャンプします。 レンソイス縦断トレッキングの手配は...
「地球のリズム」ブラジル・レンソイス砂漠の劇的な変化... ブラジル・レンソイス砂漠の季節とは 日本には四季の移ろいがあるように、ブラジル・レンソイスには雨季と乾季で変化するリズムがあります。 その景色の変貌は「劇的」なものです。 1~6月、砂漠にも雨季が訪れます。 半年の乾季の間に乾ききった砂漠の地中に、水がじわじわと染み込んで行きます。 ...
レンソイス・トレッキングのベストシーズン... レンソイス・トレッキング HD オリンピック開催に伴い、ブラジル・ビザの一時免除が決定しました。2016年6月~9月18日までにブラジルに入国する場合、最大90日間のビザ免除となります。 ブラジル渡航で大きな障壁になっていたビザ取得が免除となることで、格段に行き易くなります。 この時期は、...
レンソイス砂漠とオアシスの緑:一進一退の攻防(ブラジル)... レンソイス砂漠に翻弄されるオアシスの森 ブラジル・レンソイス砂漠をぐるりと囲む緑の帯は、南米原産のカシューナッツの森です。 大西洋から吹き付ける風は、石英の砂を内陸へ飛ばし、カシューナッツの森と、常に一進一退のせめぎ合いを繰り返します。 時には数ヶ月で一軒の家を埋めてしまうほどの砂が押し寄...
レンソイス砂漠を歩く「3つのプラン」:ブラジル旅行... 水晶の白い砂漠に出現する2万個の湖沼群 白砂の砂漠に散らばる宝石のようなエメラルド色の湖沼を抜けて、弊社のレンソイスのツアーは、体力に合わせて、3つのプランを組むことができます。 >①縦走トレッキング3・4日間 数十個の湖だけではなく、砂漠をつらぬく川、満天の星空も見ることができます。1泊...

レンソイス砂漠に生きる先住民と歩く(ブラジル)

黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)

関連記事

  1. 世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

    2015.03.16
  2. 《動画》水晶の白い砂漠「レンソイス・トレッキング」

    2014.08.18
  3. レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)

    2016.07.20
  4. 白い水晶の砂と青空のコントラスト:レンソイス砂漠の奇跡

    2016.09.15
  5. ブラジル観光ビザ(電子ビザ):オンライン申請の手順

    2019.02.11
  6. レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”

    2015.03.26
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP