Loading

PHOTO-BLOG

レンソイス砂漠の造形美:極小の風紋と極大の砂丘(ブラジル)

1.jpg
晴れた昼間のブラジル・レンソイス砂漠には、真っ白な純白の砂丘が広がります。白い砂は石英です。高さ20メートル前後の砂丘が延々と波打つように連なり、レンソイスの語源の通り、風に揺れる巨大な“シーツ”をイメージさせます。

乾季の砂漠とはいえ、時には雨が少し降ったりします。雨が染み込むと、真っ白の砂漠も少し黄土色に変わり、表面は固くなります。

そこにレンソイスならではの強い風が吹き始めると、何か一定のリズムでもあるかのように砂漠の表面を削り、見事な風紋が生まれます。

北東の大西洋から強風が吹き続けるレンソイスでは、こうして小さな風紋から、巨大な砂丘までを作りあげています。
2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

3.jpg
5.jpg
6.jpg
4.jpg

関連ページ

7/1発-レンソイス・トレッキング 10日間-催行間近... 水晶が細かく砕かれ研磨されたことで、独特に白く輝くレンソイス砂漠は、これから短いベストシーズンを迎えます。 雨季が終わり地中から水が染み出し始める6月には、約2万個とも言われる無数の湖が砂漠に出現します。 その湖は、深い碧や藍の色をたたえ、湖ごとにその色は異なります。 まさに“異界...
風紋と砂丘の幻想:白い水晶のレンソイス砂漠と風の贈り物... レンソイス砂漠に現れる風紋 レンソイス砂漠の魅力を一言で表すとしたら、「白砂の砂漠と、碧い無数の湖」でしょう。 “砂漠”とは対極にあるような“水”が、レンソイス砂漠では同居していることで、世界でも唯一レンソイスだけで見れる景観を作り出しています。 青や緑、橙色の湖の数は、満水時には...
レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”... “真紅の鳥”ショウジョウトキは、ブラジル・レンソイス東部を流れるプレギサス川に生息しています。まさに真紅という言葉がぴったりに紅く、陽が当たれば空の青や森の緑とのコントラストで鮮やかです。 川の両岸には世界一樹高の高いマングローブが覆うように茂り、河口から上流へ汽水域は10キロ以上も続きます。...
レンソイス砂漠の湖沼群がたたえる無限の色彩美... 最大2万個ともいわれる湖は、全て色が異なる。なんてワクワクすることでしょう。 ブラジルのレンソイス砂漠に、乾季の初めに現れる湖の数です。 光線の角度や水位だけではなく、発生する藻の量によっても、色が異なってきます。そんな意味では、たとえ同じ湖であっても毎年・毎月で色が異なり変化を続けていると...
レンソイス砂漠の冷却:地下に貯まる膨大な水とは(ブラジル)... レンソイス砂漠の膨大な地下水 レンソイス砂漠は、他の砂漠に比べると、歩きやすい砂地です。 石英の細かく砕かれた真っ白い砂漠の地中には、水が深くしみこんでいます。そのために、砂地は割と固いからです。 地下には、雨季に貯めこまれた膨大な地下水が眠っています。この水が染み出すのが、乾季の初め...
レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)... ブラジル・レンソイス砂漠と風の関係性 レンソイスという巨大な砂漠を作り上げたのは、大西洋から吹き付ける貿易風です。 微細な砂を吹き上げ続けて、いったい何十万年が経ったのか 周辺の自然のリズムは、全て風に支配されています。カシューナッツやマングローブの林も、人の暮らしも、全てが風に大きく影響...

レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”

レンソイス砂漠:2万個の湖の華麗な色彩変化(ブラジル)

パタゴニア

関連記事

  1. レンソイス砂漠とオアシスの緑:一進一退の攻防(ブラジル)

    2015.04.03
  2. レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)

    2015.04.14
  3. 白砂の砂漠を歩く、レンソイス縦断トレッキング

    2016.07.11
  4. レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)

    2016.07.20
  5. ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空

    2017.06.10
  6. ブラジル・レンソイス縦断トレッキングの魅力

    2019.01.12
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP