Loading

PHOTO-BLOG

レンソイス砂漠の造形美:極小の風紋と極大の砂丘(ブラジル)

1.jpg
晴れた昼間のブラジル・レンソイス砂漠には、真っ白な純白の砂丘が広がります。白い砂は石英です。高さ20メートル前後の砂丘が延々と波打つように連なり、レンソイスの語源の通り、風に揺れる巨大な“シーツ”をイメージさせます。

乾季の砂漠とはいえ、時には雨が少し降ったりします。雨が染み込むと、真っ白の砂漠も少し黄土色に変わり、表面は固くなります。

そこにレンソイスならではの強い風が吹き始めると、何か一定のリズムでもあるかのように砂漠の表面を削り、見事な風紋が生まれます。

北東の大西洋から強風が吹き続けるレンソイスでは、こうして小さな風紋から、巨大な砂丘までを作りあげています。
2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

3.jpg
5.jpg
6.jpg
4.jpg

関連ページ

本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲... ご注文いただいた「アルミパネル」が、本日完成しました。 薄いアルミ板に貼り付けるアルミパネルの魅力は、その薄さでしょう。 裏面に1cmほどの下駄が付いているので、壁面に浮き上がるように立体的でもあります。 軽量で薄く余白が無くことから、写真だけがさりげなく溶け込むような存在ですが、...
ブラジル・レンソイス砂漠:旅の3つのポイント... 6月下旬~9月中旬、ブラジルのレンソイス砂漠に、約2万個の湖が現れます。 時期は乾季の始めです。 雨季に地中に染み込んだ水が、この時期に一斉に砂漠の表面に染み出て、湖を形成します。 レンソイスを楽しむには、基点のバヘリーニャス発着で、3つの方法があります。 ①半日レンソイス日...
7/1発-レンソイス・トレッキング 10日間-催行間近... 水晶が細かく砕かれ研磨されたことで、独特に白く輝くレンソイス砂漠は、これから短いベストシーズンを迎えます。 雨季が終わり地中から水が染み出し始める6月には、約2万個とも言われる無数の湖が砂漠に出現します。 その湖は、深い碧や藍の色をたたえ、湖ごとにその色は異なります。 まさに“異界...
水晶の砂粒:ブラジル・レンソイス砂漠の白砂の秘密... アマゾンから運ばれた水晶とレンソイス砂漠 レンソイスの白砂は、純度の高い石英、「水晶」です。 この砂の出所は、レンソイス砂漠から100キロほど南のパルナイーバ川です。 上流から流されてきた土砂の中に、石英が含まれています。 土砂は数万年の年月をかけて波にもまれながら、まるく削られて石英だ...
オアシスの畔に生きる砂漠の民:ブラジル・レンソイス... レンソイス砂漠に生きる人々 レンソイス砂漠は無人の荒野に見えますが、砂漠にも人々が生活しています。 その歴史は、一説にはブラジルがポルトガルから独立した頃に始まるそうです。 砂漠を縦断する河川に沿い点々と見える緑の染みは、砂漠のオアシスです。 レンソイスのトレッキングでは、砂漠の...
レンソイス砂漠の湖沼群がたたえる無限の色彩美... 最大2万個ともいわれる湖は、全て色が異なる。なんてワクワクすることでしょう。 ブラジルのレンソイス砂漠に、乾季の初めに現れる湖の数です。 光線の角度や水位だけではなく、発生する藻の量によっても、色が異なってきます。そんな意味では、たとえ同じ湖であっても毎年・毎月で色が異なり変化を続けていると...

レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”

レンソイス砂漠:2万個の湖の華麗な色彩変化(ブラジル)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

    2015.03.16
  2. レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)

    2016.07.20
  3. 水晶の砂粒:ブラジル・レンソイス砂漠の白砂の秘密

    2015.04.04
  4. 黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)

    2015.04.13
  5. ブラジル・イグアスで開催!ラフティング世界大会リザルト

    2014.11.05
  6. レンソイス砂漠を歩く「3つのプラン」:ブラジル旅行

    2017.04.15
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP