Loading

PHOTO-BLOG

レンソイス砂漠の造形美:極小の風紋と極大の砂丘(ブラジル)

1.jpg
晴れた昼間のブラジル・レンソイス砂漠には、真っ白な純白の砂丘が広がります。白い砂は石英です。高さ20メートル前後の砂丘が延々と波打つように連なり、レンソイスの語源の通り、風に揺れる巨大な“シーツ”をイメージさせます。

乾季の砂漠とはいえ、時には雨が少し降ったりします。雨が染み込むと、真っ白の砂漠も少し黄土色に変わり、表面は固くなります。

そこにレンソイスならではの強い風が吹き始めると、何か一定のリズムでもあるかのように砂漠の表面を削り、見事な風紋が生まれます。

北東の大西洋から強風が吹き続けるレンソイスでは、こうして小さな風紋から、巨大な砂丘までを作りあげています。
2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

3.jpg
5.jpg
6.jpg
4.jpg

レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”

レンソイス砂漠:2万個の湖の華麗な色彩変化(ブラジル)

関連記事

  1. ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々

    2015.01.16
  2. レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ

    2014.08.12
  3. レンソイス砂漠トレッキング:異世界的な絶景が広がる

    2014.02.15
  4. 貿易風と砂の造形「風紋」/ブラジル・レンソイス砂漠

    2016.07.14
  5. 白砂の砂漠を歩く、レンソイス縦断トレッキング

    2016.07.11
  6. 水晶の白い砂漠レンソイス・トレッキング:オアシスの神聖な夜

    2017.01.07
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP