Loading

PHOTO-BLOG

アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

1.jpg
3.jpg
アンデス高原鉄道のアンディアンエクスプローラ号にて。
展望車両で景色を眺めていると、民族音楽(フォルクローレ)の楽団が音楽を奏で始めた。ケーナとチャランゴの音色は、どこか哀愁を漂わせていて、アンデスの高原(アルティプラーノ)の風景にピッタリと合う。
音楽と風景の不可分の関係性を、フォルクローレとアルティプラーノほどに感じることはないのだ。
夕方、太陽が西の地平線に沈む頃に、チチカカ湖のすぐ近くの工業都市・フリアカに入る。にわかに風景は賑やかになり、旅の終焉が近い事も感じさせる。
そうしているうちに、ほぼ定時の18:30に、プーノ到着。
鉄道の中でひととき仲良くなった人々ともお別れして、各々の宿へと解散する。
鉄道の旅には、独特の旅情がある。
長いようで短い一日は、いつまでも残るような思い出になると思っている。
2.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

ペルー・インカ帝国の中枢:“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡... “聖なる泉”タンボマチャイ遺跡 ペルー・インカ帝国の都クスコの周辺には、インカ文明の中枢を象徴するような遺跡がいくつもあります。 クスコ近郊で、「聖なる泉」として知られる遺跡・タンボマチャイは、サクサイワマン遺跡からさらに丘を少し登る標高3800mの遺跡です。 この泉は、インカ時代から...
巨石の要塞:クスコ展望の丘のサクサイワマン遺跡... クスコの町を一望する高台に、サクサイワマン遺跡がある。 高さ5m・重さ300トンもある巨石を組み合わせた要塞の遺跡だ。 これらの巨石は、針さえも通さないほど精巧に削られて組み立てられている。 侵略したスペイン人も、とうとう遺跡の基礎を破壊することはできなかったようだ。 遺跡からクスコ...
ペルー・インカ帝国の古都クスコ:スペインとインカ融合のシンボル... インカ文明のヘソ「クスコ」とは インカ帝国の都「クスコ」は、標高3400mに位置するアンデス高原の都市です。インカ文明の神話にも直結した神聖な都「クスコ」は、アンデスのケチュア語で“ヘソ”を意味します。その名の通り、クスコはインカ帝国のヘソのような役目を果たし、政治・経済・物流・情報・軍事・宗...
ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」... アンデスの高原を列車にゴトゴト揺られながら旅をする 鉄道の旅ならではの独特の旅情に浸れるのが、クスコ/プーノ間を結ぶ「アンディアン・エクスプローラー号」です。 私自身も子供の時に、「世界の車窓から」でこの路線を知り、大いに好奇心を沸かせたものです。 いつか自分も世界を旅するのだと、子供...
アンデス高原鉄道① 古都クスコから天空のチチカカ湖へ... チベットの西蔵鉄道に次いで、世界で二番目に標高の高い鉄道「アンディアン・エクスプローラー号」は、ペルーの古都クスコとチチカカ湖畔のプーノを繋ぐ豪華鉄道だ。 正確に説明すると、世界で二番目にカウントされる根拠は、最高地点・ラヤ峠が4,320mを通過するからだ。ボリビアやアルゼンチンにも高原鉄...
南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜... 冬至の祝祭「インティライミ」:太陽の祭り 毎年6月24日に開催される「太陽の祭(インティライミ)」は、豊穣な収穫への祈りと感謝を込めて、太陽と大地の神様に捧げられる冬至のお祭りです。 南米3大祭の一つに数えられる祭で、南米のみならず世界中から人が集まります。 「太陽の祭」を前に、既...

アンデス高原鉄道②:過ぎ行くアルティプラーノの景色

パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

関連記事

  1. ペルー・マチュピチュ遺跡:朝日と夕日がもたらす神秘的な絶景

    2016.11.22
  2. ペルーを代表する国民飲料「インカ・コーラ」とは

    2017.08.05
  3. インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く

    2017.12.19
  4. アンデスの氷河と生きる:ケチュア族の子供たち

    2018.07.27
  5. 【ペルー・アンデス】トレッキング・シーズンが始まります!

    2013.02.14
  6. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP