Loading

PHOTO-BLOG

アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

1.jpg
3.jpg
アンデス高原鉄道のアンディアンエクスプローラ号にて。
展望車両で景色を眺めていると、民族音楽(フォルクローレ)の楽団が音楽を奏で始めた。ケーナとチャランゴの音色は、どこか哀愁を漂わせていて、アンデスの高原(アルティプラーノ)の風景にピッタリと合う。
音楽と風景の不可分の関係性を、フォルクローレとアルティプラーノほどに感じることはないのだ。
夕方、太陽が西の地平線に沈む頃に、チチカカ湖のすぐ近くの工業都市・フリアカに入る。にわかに風景は賑やかになり、旅の終焉が近い事も感じさせる。
そうしているうちに、ほぼ定時の18:30に、プーノ到着。
鉄道の中でひととき仲良くなった人々ともお別れして、各々の宿へと解散する。
鉄道の旅には、独特の旅情がある。
長いようで短い一日は、いつまでも残るような思い出になると思っている。
2.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

アンデス高原鉄道②:過ぎ行くアルティプラーノの景色

パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

関連記事

  1. 狂おしい“地球の鼓動”⑦:ペルー・マチュピチュ遺跡の栄華の跡

    2019.10.28
  2. ペルー料理:国民的ジュース「チチャ・モラーダ」とチチャ酒

    2019.03.29
  3. マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開

    2016.02.18
  4. インカトレイル・トレッキング完全ガイド②:ペルー・マチュピチュ遺跡を目指して

    2019.09.17
  5. 【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏

    2018.12.01
  6. ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望

    2017.04.29
パタゴニア
2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP