Loading

PHOTO-BLOG

テント泊トレッキングの装備③:ナイフ

2.JPG
トレッキングで欠かせない持ち物に、ナイフが上がるだろう。ガイドが同行していて全てお任せできるとしても、何かと必要になるものです。
物持ちの良い私でも、今のナイフはいったい何代目であるだろう。存在感のある持ち物なので失くさないのですが、飛行機の搭乗時に預け荷物に入れ忘れて、セキュリティで没収されてしまいます。平均すると2年に一回は、このパターンで没収されていると思います。
これだけ何代も代わりながらも、ナイフの種類はほぼ同じ型を、約20年ほど使い続けています。そこそこ長いキャンプ生活をすることもあるので、いろいろな機能が欲しいけど、重過ぎず大き過ぎず、気が付くと同じ型(多少は異なるのでしょうが)を使用しています。
このナイフで重視しているのは、海外が多いことを踏まえて、何といってもワインの栓抜きがある事です。
以前、うかつにもワインの栓抜きの付いて無いナイフを持ち、山中でワインの瓶を前に絶望したことがあります。
ナイフ一つにも、自分なりに小さなこだわりを持つことは、アウトドアを楽しみ続ける一つのコツかもしれません。
1.JPG

関連ページ

トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア... パタゴニアが日本人のために作った雨具「クラウドリッジ・ジャケット」 パタゴニア社から新作の雨具「クラウドリッジ・ジャケット」が発売されたので早速購入して、山で使用しています。 このジャケットは日本人が主導で開発した、日本の多湿な環境で快適に過ごすことをコンセプトに、日本人に向けに開発され...
テント泊トレッキングの装備②:ダウン・ジャケット... 南米アンデスやパタゴニアのトレッキングで快適に歩くには、寒暖の差にうまく対応することが、一つのカギとなります。テント泊トレッキングでは、ポーターが荷物を運びますので、防寒具は少し大目に持っていくのが無難です。寒さで体調を崩すのが一番致命的であるからです。防寒具が多すぎる分には着なければ良いのです...
テント泊トレッキングの装備④:ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ?... ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ? テント泊トレッキングで、ロバ、リャマ、あるいはポーターに預ける荷物は、どのようなバッグが良いでしょう。 それは、トレッキングのコースやスタッフの手配内容で千差万別ですが、総じて下記の二つのどちらかで良いでしょう。 ダッフルバッグ ダッフルバッグは...
登山の服装:インサレーション編「ダウンセーター」... パタゴニアとアンデス山域の気候的な特徴は、一日の中に寒暖の差が大きくあることです。 晴れているか曇っているかで、気温も大きく異なります。 分厚いアウター一枚よりも、重ね着で細目に脱着することが重要なのは、前回の「ベースレイヤー」編で紹介しました。 ミッドレイヤーとしてフリースを着て...
海外トレッキングの道具:車輪付ダッフルバッグ... アウトドア体験を目的に旅行をすると、どうしても荷物が多くなることがあります。また、現地への交通手段も、空路であればセスナ機~中型機まで様々、バスや船、時にはロバやヤクが運搬することもあります。寒冷地への旅行であれば、装備も増えるでしょう。そのような状況に対応できる手段としては、スーツケースよりも...
映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量... ダートバッグ:天才の稀有な記録 『ダートバッグ』とは、隠語で「人間のクズ」などを意味する誇らしいとは言えない呼称です。それは、何かに熱中して浮世離れした人を指す「称賛」と受け取ることもできるでしょう。社会一般の人々からの憧れや妬みがそこに含まれているからです。 社会的な常識に興味を示さず...

【イベントのご案内】「アンデスが呼んでいる! ボリビアのフォルクローレ・ダンスをあなたに」

チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

パタゴニア

関連記事

  1. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  2. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  3. テント泊トレッキングの装備②:ダウン・ジャケット

    2014.02.19
  4. 海外トレッキングの道具:車輪付ダッフルバッグ

    2014.02.02
  5. テント泊トレッキングの装備④:ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ?

    2015.03.18
  6. 登山の服装:インサレーション編「ダウンセーター」

    2016.01.01
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP