Loading

PHOTO-BLOG

テント泊トレッキングの装備:テルモスと耐熱性ボトル

AKI_2742.JPG
テント泊のトレッキングでは、水分をどのように摂るかは重要な問題です。
南米のアンデスでは、標高の高いアンデスを始め、気温の差が大きいギアナ高地など、コースにより持って行く水筒の種類も異なります。
たとえば、標高4,000m以上を歩くアンデスでは、温かい水分を多量に摂る必要があります。スタッフがお湯を朝・昼・晩の一日3回でお湯を沸かすので“テルモス(魔法瓶)”に入れることになります。一日分を持って歩く必要はないでしょう。お昼の時に、補給すれば良いからです。しかし、テルモスだけでは、量が少ない感はあります。その予備に、市販のミネラルウォーターのペットボトルを使用する方もいますが、お勧めできません。現場では、煮沸した熱いお湯を用意するからです。お湯が冷めるまで待つ時間も朝にはないですので、“耐熱性のボトル”も必要となります。
一番確実なのは、テルモスと耐熱性のボトルをそれぞれ用意する事になります。
パタゴニアのトレッキング、ギアナ高地、ペルー・ワラスのブランカ山群、インカトレイル、それぞれのトレッキングで特徴もそれぞれ異なりますので、ご出発前には装備の面でも詳しくご案内します。
写真(左):サーモス 山専ボトル
 ※栓の手入れがしやすい設計で、落下に強いリング・カバーは便利。
写真(右):耐熱性ボトル Nalgene
 ※軽くて、丈夫。広口のものは中まで手洗い可能。

南米の絶品フルーツ:アタカマ産チリモヤ

パタゴニア・ウプサラ氷河の後退と氷河谷

関連記事

  1. テント泊トレッキングの装備④:ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ?

    2015.03.18
  2. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  3. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  4. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  5. 登山の服装:ベースレイヤー編「メリノウール」

    2015.12.27
  6. テント泊トレッキングの装備②:ダウン・ジャケット

    2014.02.19
パタゴニア
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP