Loading

PHOTO-BLOG

ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」


温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。

そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。
高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に一度だけ起こる貴重な瞬間です。

氷河崩壊「ルプトゥーラ」とは

「ルプトゥーラ」は、氷河がまず前進することが発端となります。複雑な氷河のメカニズムによるので、今でもなぜ氷河が数年に一度前進するのかは謎のままです。
この急激な氷河前進により氷河末端部が陸と接したときに、湖を2つに分断します。東西に約80kmほどもある巨大な湖において、ペリトモレノ氷河がその西端の一部を堰き止めるわけです。
西側の堰き止められた湖は水位10~20mほども上がります。

そうするうちに、不思議とペリトモレノ氷河の前進する運動は徐々に止まります。
今度は、堰き止められた膨大な水の圧力が優勢となり、陸に接した氷河末端部を、どんどん削り取っていきます。

氷河末端部は水の圧力にどんどん削られて、いよいよ氷壁の崩壊「ルプトゥーラ」が始まります。氷河の底にトンネルが穿たれて、濁流のように水が流れるのです。このトンネルはどんどん大きくなり、最後は氷のアーチが残されるのみとなります。

この氷河のアーチ崩壊が何時何分に起こるかは賭けの対象になるほどで、アルゼンチンではテレビで生放送されていて、数年に一度の大イベントとなっています。

ちょうど2年ぶりに発生した「ルプトゥーラ」

今年の「ルプトゥーラ」は現地時間で2日前に始まりました。

パタゴニアでも多くの氷河は著しく後退しているのですが、こうして今も活発に動き続けるペリトモレノ氷河のような例外もあり、氷河の複雑な動きはまだまだ謎に包まれています。

写真は2016年に、ルプトゥーラから10日後に撮影したものです。既にアーチは完全に倒壊して基部だけが残っていました。
2年前の「ルプトゥーラ」は3/9に始まったので、ほぼ丸2年後の同じ日付に始まったということで、これもなんとも不思議です。

関連ページ

秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量... ダートバッグ:天才の稀有な記録 『ダートバッグ』とは、隠語で「人間のクズ」などを意味する誇らしいとは言えない呼称です。それは、何かに熱中して浮世離れした人を指す「称賛」と受け取ることもできるでしょう。社会一般の人々からの憧れや妬みがそこに含まれているからです。 社会的な常識に興味を示さず...
秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)... 雪が降るたびに、秋は一段と深まる 晩秋のパタゴニアに降る雪は、まだまだ根雪にはならず、積もっていた雪も日差しが当たるとみるみる内に融けて行く。朝晩の冷えも確実に厳しくなっていく。 降雪の繰り返しの中で、南極ブナの紅葉はより進み、ゆるやかに冬に向かっていく ...
パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)... パタゴニアの大氷河:ビエドマ氷河へ 空よりも青い氷河の「青色」は、グレイシャー・ブルーと呼ばれる。 それは宝石のサファイアブルーのように深くて、自ら発光するような青色です。 思わず嘆声を上げてしまうような奇跡の絶景と感動を、どうしたら伝えることができるだろうか。 パタゴニアは数百...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊... パタゴニア・ペリトモレノ氷河の貴重な自然現象:4年ぶりに現れた“氷河ダム”がついに決壊! ペリトモレノ氷河の前進は、今年になってからアルゼンチン湖を南北に分断して「氷河ダム」を形成していました。 面積の狭い“リコ湾”側は日に日に水位を増して行き、湖を堰き止めている氷河には膨大な圧力がかか...

キャンプ・デナリからの手紙:アラスカ・デナリ国立公園

パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬

パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

    2017.07.20
  2. 旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』

    2012.10.17
  3. 劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>

    2015.12.16
  4. フィッツロイ山麓の氷河トレッキング:新ルート『カグリエロ氷河』

    2017.08.11
  5. セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

    2015.04.22
  6. 劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

    2014.04.15
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP