Loading

PHOTO-BLOG

ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」


温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。

そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。
高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に一度だけ起こる貴重な瞬間です。

氷河崩壊「ルプトゥーラ」とは

「ルプトゥーラ」は、氷河がまず前進することが発端となります。複雑な氷河のメカニズムによるので、今でもなぜ氷河が数年に一度前進するのかは謎のままです。
この急激な氷河前進により氷河末端部が陸と接したときに、湖を2つに分断します。東西に約80kmほどもある巨大な湖において、ペリトモレノ氷河がその西端の一部を堰き止めるわけです。
西側の堰き止められた湖は水位10~20mほども上がります。

そうするうちに、不思議とペリトモレノ氷河の前進する運動は徐々に止まります。
今度は、堰き止められた膨大な水の圧力が優勢となり、陸に接した氷河末端部を、どんどん削り取っていきます。

氷河末端部は水の圧力にどんどん削られて、いよいよ氷壁の崩壊「ルプトゥーラ」が始まります。氷河の底にトンネルが穿たれて、濁流のように水が流れるのです。このトンネルはどんどん大きくなり、最後は氷のアーチが残されるのみとなります。

この氷河のアーチ崩壊が何時何分に起こるかは賭けの対象になるほどで、アルゼンチンではテレビで生放送されていて、数年に一度の大イベントとなっています。

ちょうど2年ぶりに発生した「ルプトゥーラ」

今年の「ルプトゥーラ」は現地時間で2日前に始まりました。

パタゴニアでも多くの氷河は著しく後退しているのですが、こうして今も活発に動き続けるペリトモレノ氷河のような例外もあり、氷河の複雑な動きはまだまだ謎に包まれています。

写真は2016年に、ルプトゥーラから10日後に撮影したものです。既にアーチは完全に倒壊して基部だけが残っていました。
2年前の「ルプトゥーラ」は3/9に始まったので、ほぼ丸2年後の同じ日付に始まったということで、これもなんとも不思議です。

関連ページ

秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)... 雪が降るたびに、秋は一段と深まる 晩秋のパタゴニアに降る雪は、まだまだ根雪にはならず、積もっていた雪も日差しが当たるとみるみる内に融けて行く。朝晩の冷えも確実に厳しくなっていく。 降雪の繰り返しの中で、南極ブナの紅葉はより進み、ゆるやかに冬に向かっていく ...
【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間... フラットボタン-yellow 日本の春の季語「サクラ」は今では国際的にも認知される呼び名です。古来から日本人の心象風景に桜は溶け込み、春の到来を告げる大切な指標となりました。桜の花は春そのものというほどの存在でしょう。 本日はまだ五分咲きながら、中目黒に行き、桜を鑑賞して写真撮影して...
パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...

キャンプ・デナリからの手紙:アラスカ・デナリ国立公園

パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬

パタゴニア

関連記事

  1. 【パタゴニア】パイネ国立公園で迎える、幻想的な日没

    2016.08.15
  2. パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

    2015.05.09
  3. パタゴニアをもっと深く旅するために

    2013.01.25
  4. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

    2015.10.24
  5. パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊

    2016.04.17
  6. アルゼンチンの美食「北部料理」:サルタ地方

    2019.06.25
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP