Loading

PHOTO-BLOG

ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」


温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。

そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。
高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に一度だけ起こる貴重な瞬間です。

氷河崩壊「ルプトゥーラ」とは

「ルプトゥーラ」は、氷河がまず前進することが発端となります。複雑な氷河のメカニズムによるので、今でもなぜ氷河が数年に一度前進するのかは謎のままです。
この急激な氷河前進により氷河末端部が陸と接したときに、湖を2つに分断します。東西に約80kmほどもある巨大な湖において、ペリトモレノ氷河がその西端の一部を堰き止めるわけです。
西側の堰き止められた湖は水位10~20mほども上がります。

そうするうちに、不思議とペリトモレノ氷河の前進する運動は徐々に止まります。
今度は、堰き止められた膨大な水の圧力が優勢となり、陸に接した氷河末端部を、どんどん削り取っていきます。

氷河末端部は水の圧力にどんどん削られて、いよいよ氷壁の崩壊「ルプトゥーラ」が始まります。氷河の底にトンネルが穿たれて、濁流のように水が流れるのです。このトンネルはどんどん大きくなり、最後は氷のアーチが残されるのみとなります。

この氷河のアーチ崩壊が何時何分に起こるかは賭けの対象になるほどで、アルゼンチンではテレビで生放送されていて、数年に一度の大イベントとなっています。

ちょうど2年ぶりに発生した「ルプトゥーラ」

今年の「ルプトゥーラ」は現地時間で2日前に始まりました。

パタゴニアでも多くの氷河は著しく後退しているのですが、こうして今も活発に動き続けるペリトモレノ氷河のような例外もあり、氷河の複雑な動きはまだまだ謎に包まれています。

写真は2016年に、ルプトゥーラから10日後に撮影したものです。既にアーチは完全に倒壊して基部だけが残っていました。
2年前の「ルプトゥーラ」は3/9に始まったので、ほぼ丸2年後の同じ日付に始まったということで、これもなんとも不思議です。

関連ページ

目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間... フラットボタン-yellow 日本の春の季語「サクラ」は今では国際的にも認知される呼び名です。古来から日本人の心象風景に桜は溶け込み、春の到来を告げる大切な指標となりました。桜の花は春そのものというほどの存在でしょう。 本日はまだ五分咲きながら、中目黒に行き、桜を鑑賞して写真撮影して...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊... パタゴニア・ペリトモレノ氷河の貴重な自然現象:4年ぶりに現れた“氷河ダム”がついに決壊! ペリトモレノ氷河の前進は、今年になってからアルゼンチン湖を南北に分断して「氷河ダム」を形成していました。 面積の狭い“リコ湾”側は日に日に水位を増して行き、湖を堰き止めている氷河には膨大な圧力がかか...
パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ... 花崗岩の怪峰「パイネ・クエルノ」 「角」を意味するパイネ山群の怪峰・クエルノは、見る角度により、形が全く異なります。 車道やトレッキングのトレイルからの展望で、花崗岩の独特な絶壁が刻々と姿・形を変えていくことに、きっと息を飲むほどに圧倒されるでしょう。 標高差2500m近い絶壁を周りながら...
映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量... ダートバッグ:天才の稀有な記録 『ダートバッグ』とは、隠語で「人間のクズ」などを意味する誇らしいとは言えない呼称です。それは、何かに熱中して浮世離れした人を指す「称賛」と受け取ることもできるでしょう。社会一般の人々からの憧れや妬みがそこに含まれているからです。 社会的な常識に興味を示さず...
フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...

キャンプ・デナリからの手紙:アラスカ・デナリ国立公園

パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞

    2017.10.30
  2. 【パタゴニア】旅する気分を感じるために

    2013.02.21
  3. 初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

    2017.08.16
  4. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  5. パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊

    2016.04.17
  6. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

    2015.11.05
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP