Loading

PHOTO-BLOG

静けさに包まれる、秋のフィッツロイ山麓と紅葉②

1.jpg
秋のフィッツロイ山麓は、とても静かだ。
風の音だけを聞きながら、フィッツロイを望めたなら、この上ない幸せだ。
紅葉の主役である南極ブナは、環境に応じて姿を変える。
ハイマツのように背の低いのもあれば、森を形成する大木もある。
2.jpg
3.jpg

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ... 秋のパタゴニアは、夜明けの時間もだいぶ遅くなっています。陽が出て明るくなるのは、8時をゆうに過ぎる時間です。 朝の3時頃、チャルテン村を出てトレス湖を目指します。 暗闇で、景色はもちろん見えないので、ひたすら考え事をしながら、ときどき星空を見上げたり 未明の寒さは厳しく、前日に降った雪が全...
パタゴニアの氷河の源で起こる異変 偏西風がもたらすパタゴニアの降水量のほとんどは、まずパタゴニア南部氷原(大陸氷床)の氷河として蓄えられる 南極、グリーンランドに次ぐ地球で3番目に大きな“パタゴニア大陸氷床”は、数百の氷河の水源地として、パタゴニアの生態系の鍵を握っている 先日、フィッツロイ山麓のビエドマ氷河が、巨大な崩...
パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント... パタゴニアのフィッツロイ峰を望むにはいくつか良い場所がありますが、ハイキングのトレイルから望むのは一番の定番ながら、やはり一番美しいアングルで撮影することができます。 展望する角度によりフィッツロイ峰の形は少しずつ変わっていくので、フィッツロイ展望のポイントはそう多くはないものです。 仰ぎ見...
ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...
フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②... 「エコロッジ」の宿泊施設は、シャレー利用(1軒2名利用)です。 数棟のシャレーがあるだけですので、周囲の広大な自然を独り占めするように贅沢な環境です。 チリ側のアンデス山脈西部からの湿った空気の影響を受けるので、森は深く、天候の変化もより激しい地域です。 コンドル湖からさらに北へ40分ほど...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...

秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

    2015.05.09
  2. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  3. パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ

    2015.10.03
  4. フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

    2014.04.29
  5. 姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2014.04.02
  6. 2011パタゴニア旅行 ⑦フィッツロイ(その一)

    2012.02.19
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP