Loading

PHOTO-BLOG

晩秋の奥多摩:東京都の最高峰・雲取山へ 2日間

1.jpg
先週末は“雲取山”へ。
1泊2日の行程で、トレッキングをしてきました。
雲取山は100名山の一つとして、東京都で唯一の山です。また、東京都の最高峰(2,017m)です。
奥多摩の山塊の中では割と奥にあるので、アプローチには時間もかかります。日帰り往復は健脚向けの登山となるでしょう。一般的には、1泊2日の行程がベターです。
私たちは、七ツ石山と雲取山の間にある奥多摩山荘でキャンプしました。少し遅い出発であったので、キャンプ到着は午後2時頃。5分ほど離れた水場で水を汲み、残りの時間はのんびりしました。
このキャンプは、非常に展望が良いです。富士山を展望する西側の尾根が広く伐採されているからです。テントから頭を出せば富士山が見えるような好立地でのキャンプ。見上げる広い空と富士山があるので、幸せなキャンプ地の滞在です。
紅葉に関しては、奥多摩・御嶽近郊では、標高約800mまでが見頃です。残念ながら、雲取山(登山口を含む)は標高が高いために紅葉はほとんど終わっていました。キャンプ場付近の1,800m付近は既に葉は完全に散り、初冬と言える様相です。
日が陰ってから気温はぐんぐんと下がり、テントの外張りにうっすらと霜が下り、夜空には凛とした星々が輝いていました。
2日目の朝、空身で雲取山の山頂を往復、約1時間半。2日目も天気は素晴らしく良く、西側には富士山が見えます。雲取山の山頂からの富士山は、手前の箱根山塊よりも高くに見えるので、富士山の美しいラインがスラッと下まで望めます。
西の遠くには、南アルプスが望めます。光岳、荒川三山、甲斐駒、北岳がずらりと望めますが、山頂部は綺麗に真っ白でした。
キャンプに戻り、少し名残惜しいですが、テントを撤収して下山。一泊することで一日の行程に余裕が出るので、富士山を望みながらゆっくりしつつ、後ろ髪を引かれる思いでの下山となりました。
天候に大変恵まれた2日間でした。
《 行程 》
1日目:小袖乗越〜奥多摩山荘 (テント泊)
2日目:奥多摩山荘~雲取山山頂~奥多摩山荘~七ツ石山~小袖乗越
2.jpg
3.jpg
<4.jpg
右が雲取山の山頂
5.jpg
6.jpg
5.jpg
キャンプでは、細やかながら、気持ちは盛大な煮込みラーメンを食す

関連ページ

富士山の初日の出「紅富士」を東京・大岳山から望む... 初日の出と「紅富士」 あけましておめでとうございます。 写真は東京・御岳山塊の大岳山の山頂から望む富士山の初日の出です。 紅く燃える富士山は「紅富士」とも呼ばれ、古来より日本人にとって縁起の良い風景とされてきました。 日本人の原風景、あるいはシンボルとも言える富士山は、その完璧な...
《国内企画:信州①》水芭蕉フラワーハイキングと「わらび狩り」2日間... 信州の春を「小谷村」1泊2日で堪能する特別企画のご案内です。 長野県JR大糸線の「南小谷駅」集合・解散の添乗員(松井)同行ツアーです。 ハイキングと山菜狩りを楽しみ、地元・小谷村の深く面白い話をお聞きしながら、時間が許せば南米の山岳写真も映写します。 山や旅を感じて、次の旅への情報交換...
写真素材の販売/アマナイメージ 写真素材フォトギャラリー/アマナイメージ 「アマナイメージ」で写真素材(作家:松井章)を販売中です。昨年は、カレンダーや雑誌の記事や広告などにご利用いただき、今年はさらに写真素材の販売登録を増やしています。 アマナイメージ:写真素材販売フォトギャラリー「松井章」 南米を中心とした絶...
【日本の神事】相馬・野馬追い祭と復興... 南相馬で行われた野馬追祭を見学してきました。勇壮な騎馬戦は素晴らしく、その気骨に地元の人々の伝統行事への思い入れの強さを感じました。震災で一度は中止されたお祭りが復活したので、なおさら地元の人々の覚悟や思い入れは強いのでしょう。 津波で何も無くなってしまった。かつ...
アウトドア道具のリユース:マウンガ・御岳&吉祥寺... トレッキングで、山道具を一式いざ集めるとなると、なかなか予算が必要です。 何年もかけて、失敗もしながら、自分にあった道具は充実して行くと思います。 そんな過程の中で、押入れで埃をかぶっている道具もあるはずです。 そういった道具は、「売る」というのも一つの方法です。売ることで、中古と...
目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間... フラットボタン-yellow 日本の春の季語「サクラ」は今では国際的にも認知される呼び名です。古来から日本人の心象風景に桜は溶け込み、春の到来を告げる大切な指標となりました。桜の花は春そのものというほどの存在でしょう。 本日はまだ五分咲きながら、中目黒に行き、桜を鑑賞して写真撮影して...

パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす

フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング

関連記事

  1. 富士山の初日の出「紅富士」を東京・大岳山から望む

    2019.01.04
  2. 「ニセコ・ルール」を順守した、バックカントリー・ツアーを手配

    2015.01.11
  3. 【奥多摩・御嶽】ツリー・クルージングを体験

    2013.09.20
  4. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  5. “お茶の水カヌー”レポート

    2012.04.02
  6. 八ヶ岳・編笠山から望む富士を撮影する

    2016.02.12
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP