Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する


ペルー・ブランカ山群の魅力は、ヒマラヤ並の山岳展望が望めることに加えて、人々の生活風景を撮影できることも魅力です。

アンデスの山麓の村々では、民族衣装を着た人々が今も街を行き交います。

写真を撮られることに慣れない人々ですので、笑顔を撮るチャンスを作るには、
少し長めの日程を取り、じっくりシャッターチャンスを増やす必要があるでしょう。

英語ではなくスペイン語を話す引率者がいるかどうかも、良い写真を撮るためには大きなポイントとなってきます

撮影旅行(フォトツアー):専用ページ

関連ページ

ペルー・アンデス:ブランカ山群のワラスから、秘境ワイワッシュ山群へ... ペルー・アンデス山脈の秘境・ワイワッシュ山群へ ブランカ山群の山中でじわじわと宿泊高度を上げる時間をかけた高度順応を経て、弊社オーダーメイド手配の撮影行はいよいよワイワッシュ山群を目指します。 ブランカ山群の拠点ワラスから、豪華キャンプのスタッフとともに、丸一日の悪路を経て、ワイワッシュ...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜... 冬至の祝祭「インティライミ」:太陽の祭り 毎年6月24日に開催される「太陽の祭(インティライミ)」は、豊穣な収穫への祈りと感謝を込めて、太陽と大地の神様に捧げられる冬至のお祭りです。 南米3大祭の一つに数えられる祭で、南米のみならず世界中から人が集まります。 「太陽の祭」を前に、既...
ペルーの山岳リゾート・ワラスとワスカラン国立公園... ブランカ山群の基点:ワラス ペルー中西部の町ワラスは、トレッキングの基地として有名な標高3000mの高原都市です。ペルー最高峰ワスカラン(6768m)はワラス町のシンボルのような山です。ワスカラン周辺のワスカラン国立公園は世界遺産に登録されていて、南米で最も氷雪峰が集中することでも有名です。5...
ヤンガヌコ谷で「天の川」の星空撮影/ブランカ山群... 早朝4時にテントから顔を出すと、昨夜の雨が止んでいた。 さっそく車に乗り込み、標高4,767mのヤンガヌコ峠を目指す。 まだ真っ暗の夜空には、天の川が西に見えた。 ワスカランとワンドイの間、ちょうどヤンガヌコ谷の真上に、天の川がかかっている。 朝の光で空が白み始めると、時を合わせるよ...
ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)... カラフルな先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアの先住民ケチュア族とアイマラ族の民族衣装は、とてもカラフルだ。 村ごとにデザインは異なるので、アンデスを旅していると色とりどりの衣装に身を包む人々を目にすることになる。 ペルー・ブランカ山群は、山の氷河がもたらす“水”という恵みのおかげで...

映画「モーターサイクルダイアリー」:チェゲバラと母国アルゼンチン

ブータン-国交30周年記念「ブータン・日本 親善オファー」

パタゴニア

関連記事

  1. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  2. インカ族の芸術品:織物と染料の文化

    2010.08.09
  3. 【ペルー】豪華小型客船で行く「アマゾン川クルーズ」

    2013.11.06
  4. ブランカ山群を歩く【ペルー・アンデス】

    2012.05.16
  5. ペルー料理をキャンプで楽しむ:ブランカ山群のグランピング体験

    2016.06.19
  6. 代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」

    2016.03.08
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP