Loading

PHOTO-BLOG

2011パタゴニア旅行 ⑥ヘルシンガー牧場(その二)

パタゴニア2011_2237.JPG
空を吸い込んだように碧い、青い?、蒼い? アスール湖。アスールは「あお」を意味します。
パタゴニア2011_2399.JPG
見る角度によって形が変わる、フィッツロイ
パタゴニア2011_2287.JPG
氷河から流れてきた氷の破片


パタゴニア2011_2125.JPG
乗馬で山上のアスール湖へ
パタゴニア2011_2152.JPG
とにかく青い
パタゴニア2011_2192.JPG
パタゴニア2011_2245.JPG
パタゴニア2011_2266.JPG
パタゴニア2011_2272.JPG
パタゴニア2011_2290.JPG
パタゴニア2011_2330.JPG
湖岸でマテ茶を回し飲みする
パタゴニア2011_2346.JPG
パタゴニア2011_2352.JPG
気泡のない純粋な氷河の氷
パタゴニア2011_2357.JPG
パタゴニア2011_2376.JPG
パタゴニア2011_2401.JPG
パタゴニア2011_2403.JPG

関連ページ

パタゴニアの名峰・フィッツロイを展望する3つの方法(チャルテン村)... パタゴニア・フィッツロイ峰を望む:3つのスタイルとは パタゴニアの名峰フィッツロイ峰を展望するために、体力や旅行スタイルに合わせて、簡単にすると3つの方法にて手配可能です。ブエノスアイレス、またはカラファテ空港発着で、地元チャルテン村を基点に手配します。 専用車利用:車道からフィッツロイ...
早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ... 岩場を好む「マゼラン・ユキノシタ」は、フィッツロイ山麓のチャルテン村から、セロトーレへ向かう坂道に咲いていた。 多肉質の葉が密生して、茎は細かい毛に覆われて、見るからに強風や低温に強そうな植物だ。 パタゴニアの厳しい気候に順応して、氷河に近い過酷な環境を好む。 まだ残雪の残る早春に、小さな...
パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族... フィッツロイは、「煙を吐く山」チャルテンと呼ばれていた パタゴニアを代表する名峰フィッツロイは、別名「チャルテン」と呼ばれます。 かつてパタゴニアの大草原を闊歩したテウェルチェ族は、この山を「煙を吐く山=チャルテン」と呼んでいたからです。 山名に人の名前を付けていた時代は終わり、古...
パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地... “嵐の大地”と呼ばれるパタゴニアで、雲一つ無い夜空に、満天の星を望めたなら、それはとても幸運なことでしょう。 フィッツロイ峰は、先住民テウエルチェ族に“チャルテン=煙を吐く山”と呼ばれるほどに、雲はまるで噴煙であるかのように、山頂部に張り付くと離れない山であるからです。 秋のある日、...
パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて... パタゴニアの草原を闊歩する「ガウチョ」 パタゴニアの草原を闊歩する牧童「ガウチョ」にとって、大空と草原はきっと世界そのものだ。 360度の地平線に覆いかぶさるような「空」は、天蓋というべき存在感だ。パタゴニアでは常に空の大きさを感じるほどに、あまりにも大きく、その大きさに耐えられない圧迫...
2011パタゴニア旅行 ⑧フィッツロイ(その二!)... “インディオのパン”と呼ばれるキノコ、キッタリア。先住民の主食です。今でもサラダに入れて食べる人がいます。 南極ブナの森。風の強さに応じて、形を変えて適応できるのが強みです。 ここにキレイな湖がありますが、今回は時期が早すぎて、まだ雪の下でした。 南極ブナの森 南極ブナに寄生す...

2011パタゴニア旅行 ⑤ヘルシンガー牧場(その一)

2011パタゴニア旅行 ⑦フィッツロイ(その一)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

    2017.12.23
  2. フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

    2015.04.23
  3. パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

    2016.03.31
  4. キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.25
  5. パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」

    2015.08.21
  6. パタゴニアをもっと深く旅するために

    2013.01.25
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP